ラスベガス銃撃事件のウソ4

ここまで来るともう終わりでしょう。オルタナメディアの人達が、あらゆるものを調べ上げてラスベガス銃撃は単独犯ではないと結論づけていますが、その証拠の多さに否定は不可能です。

ケネディ暗殺のオズワルドの当時とは全く異なり、現場の状況ビデオ、証言者のビデオが多数残っており広く一般に入手可能で、さらには警察無線、元CIAエージェントの見立て等など。誰が見ても明らかです、脳細胞が損傷していない限りは。

これに対して、主流派メディア他は、あくまでも単独犯と決めつけており、オルタナメディアを「陰謀論」と一蹴し、GoogleやYouTubeでの検索でオルタナメディアがトップにランクされることを憂慮するという始末です。

要するに、単独犯という単純なことでは無い、それをはるかに超える国家レベルの大きな陰謀があるということですね、洗脳システムとしての主流派メディアを巻き込んだ形の。規模の違いはあれ、9/11に匹敵します。