字幕大王 https://www.jimakudaio.com テレビで放映できない動画に字幕をつけます Sun, 15 Mar 2020 12:43:56 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.9.13 https://www.jimakudaio.com/wp-content/uploads/2018/01/cropped-site-32x32.jpg 字幕大王 https://www.jimakudaio.com 32 32 最もありそうなシナリオ「コロナは米の生物兵器」 https://www.jimakudaio.com/post-6575 https://www.jimakudaio.com/post-6575#respond Sun, 15 Mar 2020 12:35:20 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6575 誰がどう考えても、これが最もありそうなシナリオですね。もちろん、この場合の「誰がどう」というのは、歴史上の様々な米による犯罪行為や自作自演行為を知っている方に限定されるわけですが。

この件には不可思議なことがたくさんあるわけですが、こういった辻褄の合わないこともまた、米による悪さの特徴と言えます。連中が悪さをすると、何かしら辻褄の合わないことが出てくるんですよ。完全犯罪というのは本当に難しいですよね。

当然ですが、何の証拠も上がってません。すべては想像です。しかし、「どうせ今度もまた、あの悪ガキの仕業だろう」という考え方に異論を唱えられる方はいないと思いますね。で、キム・アイバーソンのビデオですが、以下です。

 

彼女が言うには、イラン、ロシアの当局者が「米のしわざ」としており、日本でも新聞・テレビで中国当局者が「米によるもの」としていることは報道されているのですが、それを裏付けるように、中国以外では、なぜか特にイランで猛威をふるってるわけですね。これは米の目論見と一致します。イラン以外にも中国がパートナーとする国々はたくさんあるのにも関わらず、なぜかイランなんですねぇ。

さらに不思議なことはイタリアですが、中国人観光客が多いから当然だろうと思いきや、彼女は意外なことを指摘しています。イタリアが昨年不意打ちでEUや米国にも知られずに一帯一路に参加してしまったことです。米のしわざとすると、その報復という考え方ができますね。

ということは、当然の論理的帰結としては、イランやイタリアでの大量発生は中国人が持ち込んだものではなく、現地で何者かがばら撒いたことです。そうですよね?中国人が出入りする他の国々ではそれほど発生していないのですから。

ということは、米言いなりの日本では、それほど心配する必要は無いと思いますが、例の横浜のライブハウスで感染した、あるいは北海道のどこそこで感染というのは、「あまりに少ないと不自然だから」という米側の配慮によるものかもしれませんね。

で、櫻井ジャーナルさんを見てみると、これもまた不思議なことが書いてありますねぇ。。。

WHO(世界保健機関)はCOVID-19(新型コロナウィルス)の伝染状態をパンデミックだと認定、アメリカ政府は緊急事態を宣言した。ドナルド・トランプ大統領を含む人びとがCOVID-19対策のために会議を開いているようだが、​その会議に出席できるのは秘密情報に接することを許可された人物だけ​。会議の主導権はHHS(保健福祉省)でなく情報機関や軍が握り、COVID-19の専門家が排除されるという事態になっているようだ。

国民の健康問題なのに、そして中国が発生源なのに、なぜ秘密情報なのでしょう?不思議ですよね。

それとRTの報道では、WHOが致死率を3%としているが、本当はもっと低いのでは無いかという話をしていました(未訳)。

これは日本のテレビでも言ってましたが、感染しても半分は自覚が無いんだそうです。あるいは、先の櫻井ジャーナルさんも書いていましたが、感染してもインフルと間違われるケースもあるそうで、実際の致死率は、はるかに低いのではないかと。

どうもWHOは、これを必要以上に怖く見せる芝居をしているのではないかという想像ができるのですが(もちろん、エボラの時にも「人類はエボラに負けつつある」などと言ってましたが、あれどうなったんでしょうね?)、その理由は何でしょう?

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6575/feed 0
このままでは政府に殺されるぞ2 https://www.jimakudaio.com/post-6566 https://www.jimakudaio.com/post-6566#comments Sun, 01 Mar 2020 11:18:17 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6566 ふだん、国内情勢については新聞かテレビしか見ないんですが、さすがにいくばくか情報を仕入れようとしたら、こんな記事を見つけました。

新型コロナ、厚労省が最新検査法を導入しない呆れた理由

「スイスの製薬会社『ロシュ』が開発した遺伝子検査キットで、喉の粘膜をとればいいだけの簡単なものもすでに実用化されています。しかし、日本政府はなぜか頑なに導入していません。理由は、厚労省が検査方法を独自開発するために予算をつけ、公共事業にしたからです。最初からロシュの検査キットを使っていれば、クルーズ船の感染拡大をもう少し抑えられたかもしれません」

「中国ではすでに、CT検査が有効という論文があがり、すぐに切り替えました。しかし、厚労省はそうした最新の検査法を導入していません。感染が流行った国が対応している方法や論文を見て対応すべきなのに、どういう検査が優れているかという最新情報を知らないんです。その結果、本当は陽性なのに陰性と判断される人が増えています。

しかも、ワクチンに関しても、国内のワクチンメーカーは厚労省の天下り先なので、日本で作ろうとしている。なぜ海外のメーカーと協力体制をとらないのか。国民の健康を省みないため、あらゆる対応が後手に回っています」

さもありなんですが、しかし、この記事も甘いですよね。厚労省というグループは、国民から金を巻き上げ、自らの利権追求を目的とする寄生虫団体に過ぎません。それこそが「本来のお仕事」であって、その傍ら、片手間に、国民奴隷達の健康を守るような「フリ」をしているに過ぎないのです。

こんなもの、歴史を振り返れば明らかなことなんですが、未だに理解できていない方がいるという、しかもマスコミにさえいらっしゃる点は非常に残念なことです。ごく普通の常識さえ無い、当たり前の物の見方さえ欠如していると言わざるを得ません。

それ以上に問題なのは、こういった(おそらくは)事実を新聞・テレビで一切報道しないことです。この寄生虫団体と癒着してるんですよね、ジャーナリズムなどではありません。しかし、ちゃんとわかってる人もいました。

 感染拡大の元凶は記者クラブ

記者クラブは権力の監視よりも権力との癒着を主たる業務としている。記者クラブによって厚労省の無軌道や無策・無能が長年に渡って放置されてきた。これが今回のコロナウイルスの問題でも露呈している。

以前から厚労省の官僚たちは新薬やサプリでも特定業者と結託して、自分たちの権益のために他社の製品開発を潰す等、組織としての闇が深い。更に申せば「薬害エイズ問題」「消えた年金」問題も厚労省の管轄だった。率直に申し上げて厚労省は伏魔殿であり、国民の福祉よりも自分たちの権益やメンツを優先する傾向が強い役所である。

これら厚労省の傍若無人ぶりを支えているのが、記者クラブと言うわけですね。

その通りです。どいつもこいつもデタラメ野郎ばかりなんですよ。この連中のやってること、この連中の「報道」してることに従っては、ろくな結果になりませんよ。殺されるのがオチというものです。

基本的に新聞・テレビなどというものは「情報」などではないんですが、しかし今回はどこを頼って情報を入れていけばよいのですかねぇ。。。良いところがあればどなたか教えてください。

上に引用したのは週刊誌のオンライン版ですが、より「ちゃんとした」情報がどこかにあるはずですね。週刊誌も今一つ信用できないところがありますから。

ところで、愚かな奴隷の皆さんがいつもどおり愚かな行動をとっているようです。

二つの意味で愚かだと思いますね。一つは、常日頃災害用の備蓄食糧を持っていないのかという点、もう一つは、ここにあったほとんどが長期保存可能食品では無いだろうという点です。こういった、新聞・テレビに踊らされて右往左往する人達が最も危険ですね。

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6566/feed 2
このままでは政府に殺されるぞ https://www.jimakudaio.com/post-6561 https://www.jimakudaio.com/post-6561#respond Sat, 29 Feb 2020 13:59:06 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6561 ※「コロナにアルコール消毒は無効」という意見をコメントされた方がいたんですが、これは間違いのようです。以下をご覧ください。

コロナはエンベロープウイルスなのでアルコールは有効という情報があります。
https://kodomokids-bbs.com/coronawirusu-arucorukouka/

東京都感染症うんちゃらのページでも皮膚にはアルコールと書いてありますね。
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/assets/diseases/respiratory/ncov/disin.pdf

ただ40度のウォッカではだめそうですが。。。


 

無策の愚鈍な安倍とその取り巻き連中、政府とか言うただの無駄飯食らいの天下り無能連中に日本人は殺されつつありますね。もちろん、この場合の日本人というのは、何はなくとも真っ先に免疫力の無いゴクツブシ、年金食いの余計者、つまり年寄りですから「政府」にとってはまたとない「チャーンス!」ですけどね。

いやーよかったよかった、コロナウイルスのおかげで食い扶持が大幅に減るぞ、コロナウイルス様様だな

などとほくそ笑んでいる様子が目に浮かぶようです。何しろ、若い洗脳済奴隷連中は生き残り、年寄りの生かしていても意味の無い邪魔者がどんどん死んでくれるわけですからして、これほどの素晴らしい出来事はありませんですね。

しかし、国民向けには「何かしらやってる」ように見せかけないといけませんから、「全国一律小中高をお休みにしましたー」みたいな愚策をしたってわけです。

そんでもって、現場から悲鳴があがろうがお構いなし、「そのあいだ子供をどうするんだよ!」なんて全然考えません。決めるだけ決めて、後の尻拭いは下々に押し付けるわけです。

これ消費増税でも非常に感じたことですけど、全く同じですよ。勝手に複数税率にしてその処理を押し付けーの、勝手に電子マネーで5%還元とか決めて、その手間を押し付けーの。仕事上、現場つまりお店の悲鳴を良く聞いてる私としては、いかに大変かわかるわけですよ。ただ買う側としては想像もできないでしょうけどね。

しかし、本当にこの国の人達は奴隷でいることがお好きなようです。フランスとは偉い違いですよ。奴隷でいることが大好きなんですね。こういった政府のデタラメに疑問を呈する意見など聞いたことありません。もちろん、そもそも「国の財政が大変だから消費税が必要だ」なんてのも全くのインチキなんですけどね。

しかし、そんな奴隷の皆さんでも、今回の一斉休校には疑問が出てきているようです。事は生きるか死ぬかの問題になりつつありますからね、単に政府に騙されて税金巻き上げられるという話ではなくなってきてるわけです。

まぁ、ともあれ、デタラメな「政府」なるものの言い分を聞いてると助かるものも助かりませんので、自衛するしかありませんし、可能な限り有用と思われる情報を流布していくしかありませんね。

まず第一には、何はともあれ免疫力をつけることです。以前以下を書きました。

コロナウイルス騒ぎで政府は大喜び

ここに書いたように、おそらくですが、ビタミンD、ビタミンC、腸内細菌はとても重要かと思います。

さらに、マスクだけではなく、消毒用エタノールが入手しづらくなっているようですが、ここまで読んでくれた方にいいことをお教えしましょう。

度数の高いお酒ですよ。消毒用アルコールの代わりになるものは。普通の酒屋なら40度位は売ってます。これでも十分役目を果たしてくれると思いますね。特別なウォッカとしては80度、90度があるようですが、高価ですし、なかなか売ってません。入手できる方はどうぞ。

追加:最も手頃なのはこんなもんですかね。

 

以下は55度300mlと少なめです。

以下は96度、お高いです。

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6561/feed 0
ロシアでは感染者がほぼ出ていない https://www.jimakudaio.com/post-6556 https://www.jimakudaio.com/post-6556#respond Sat, 29 Feb 2020 06:44:38 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6556 んだそうです。字幕つけてませんが、RTで報道してますね。

ロシアの対応をWHOも評価しているという事実があるようです。これも全く報道されていないように思いますね。逆に「ロシア 感染者」で検索してみると、こんなん出てきます。

新型肺炎、ロシア国内で感染者が全く出ない理由 甘い対応でロシア人の信頼を大きく落とした日本

「カオスで、混沌としている。大いに疑問を感じる」

ロシア外務省のザハロワ報道官は、横浜に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」における新型コロナウイルスをめぐる日本の対応について、こう手厳しく批判した。

 ロシアにおける感染者は非常に少ない。この原稿を書いている2月11日時点でわずか2人、いずれも中国籍だ。

1月31日にこの2人の感染が確認されてから、新たな感染者は一人も出ていない。

日本の対応は「犯罪行為」クルーズ船でロシア議長

 ロシアの上院議長が、新型コロナウイルスへの多数の感染者を出したダイヤモンド・プリンセス号を巡る日本の対応を「犯罪行為」と厳しく批判しました。

タス通信によりますと、プーチン大統領の側近として知られるマトビエンコ上院議長は21日、「健康な乗客を避難させず、半数が病気になるまで留め置いた」と日本の検疫態勢を激しく批判しました。また「これは犯罪行為以外の何物でもない」と述べました。ダイヤモンド・プリンセス号への日本の対応を巡っては、10日にもロシア外務省のザハロワ報道官が「カオスで無秩序、大いに疑問の余地がある」とコメントしています。

まぁ、要するにロシアの対応を見習えばいいわけですが、マスコミも報道せず、政府もそんな気はありません。日本人など、どうなっても構わないという連中ですからね、さもありなん。

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6556/feed 0
三木谷、お前が証拠を出せよ https://www.jimakudaio.com/post-6553 https://www.jimakudaio.com/post-6553#respond Sat, 29 Feb 2020 05:58:48 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6553 ふだん楽天では買い物してません。Amazonも嫌なんですが、私にとっては楽天よりはマシなのでAmazon使ってます。

一度二度楽天で買ったこともあるんですが、とにかくメールがうざくてしょうがないので、たしかアカウントも削除し、受信設定もすべて削除したと思います。それに以前から楽天は店に対して無茶なことをしているという話も良く聞いてますしね。皆楽天から出るべきだと思います。こんな会社潰れてしまった方が世のためです。

で、今回の無料化騒動なんですが、今日の新聞を見てみると「楽天のためではなく、皆さんのためだ。無料化で10%売上が伸びる」と主張しているんだそうです。

完全に自己矛盾してますよね。どうして誰もここを突っ込もうとしないんでしょうか?

なぜここを突っ込まず、公取委の言い分と並べて比較して、さも「皆さんでお考えください」みたいな記事になってるんでしょう?

三木谷の言い分としては、無料化で皆さんの売上が10%伸びる、楽天ではなく皆さんのためだ、なんですよ。なら、その証拠を見せりゃ済む話じゃないですか。その証拠をもとに、各店舗で自らそれを選択すれば良い話ですよね?何も強制する必要は無いわけです。

「皆さんのためであり、売上が10%伸びる」のに「強制」とはこれいかに?

いかにこの男がデタラメかわかるというものです。こういった嘘っぱちで強引なやり方をしてきたがために、ここまで大きくなったわけですけどね。

で、割を食うのはいつも下っ端になるんですねぇ。。。

客から利益を取れなければ従業員から取る

これが「会社を潰さない立派な経営者」の必ず行うことです。素晴らしいですね。我が国の経済成長の原動力です、こういった素晴らしい経営者がいるからこそ成立しているのです。頑張ってください。

そして、これが日本社会の真実というものです。「下っ端から搾取する」のです。これには、いろんなやり方があるわけで、今回はその一つに過ぎませんけどね。そのために、こういったデタラメはプロパガンダを吹聴し、それをお手伝いするマスコミはそれを一切検証しようとせず、本質的でない問題に皆を向かせようとするわけですよ。こちらもぜひぜひこの調子で頑張ってくださいね。

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6553/feed 0
シオニズムとは何か?ビデオまとめ、パート3 https://www.jimakudaio.com/post-6550 https://www.jimakudaio.com/post-6550#respond Thu, 27 Feb 2020 03:25:30 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6550

End Times News Reportにようこそ、ジェイク・モーフォ二オスです。イスラエル・パレスチナ衝突について話してきました。エピソード1でご紹介しましたね、テオドール・ヘルツルとシオニスト運動です。
 
ポイントとしては、ロスチャイルド銀行王朝がパレスチナの土地の占拠計画に関わったことです。エピソード2では、パレスチナの鉱物資源についてお話ししました。これが主要な動機です、ロスチャイルド・シオニスト計画の。この土地の支配を英国から取ることです。
 
そして最後に、ウォルター・ロスチャイルドが英国政府に書かせたわけです、バルフォア宣言をです、その代わりにロスチャイルド王朝の影響力を使い、米国を第一次大戦に参加させたのです。ドイツに対する英国の行き詰まりを救うためにですね。
 
このエピソードでお話しするのは、反ユダヤとは何かです。なぜこの話題かと言えば、これを使ってる連中が、ロスチャイルド・シオニストの行動をかばっているからです。
 
その前に簡単に見ていきましょう、米国の第一次大戦への参加をですね。究極的には、米国は第一次大戦に参加するよう操作されたんです。後には第二次大戦です。両者共に米国の意思に反して行われたんです。少なくとも国民の意思に反してました。政府は大賛成ですよ。両者共に、作られた事件があったんです、米国を戦争に向かせるための。
 
第一次大戦の場合、ルシタニア号の沈没です。第二次の場合には、もちろんパール・ハーバーですね。結局のところ、すべての証拠が示すものは、エリートが操作したんです、こういった状況をですね、これらの事件について。米国民の感情を戦争に向かせるためですよ。

米国民はその時点から用心深くなっていたんです。注意深くなっていました、この種の偽旗攻撃や、作られた危機に。しかし、そうではないことがわかってます(?)。

 
ポジティブな側面としては、我々国民は。。。政府ではなく、人々は、歴史的に平和的だったんです。子どもたちをバカな戦争に行かせて死なせたくないですからね。エリートの利益のために外国などで。
 
しかし、エリート達にわかったのは、米国民にそうさせることができることです、彼らの目を覆うことです、戦争に行かせるために誰か他の者が最初に我々を攻撃すればです。その理由が正当であると我々が考えればですね。誰とでも戦争に行くわけです。
 
トンキン湾の偽旗を見てみれば、これが我々をベトナムに巻き込みました。あるいは9/11攻撃ですね。それが米国をむかわせたんです、いわゆる、第三次大戦と呼ぶべきもの、あるいは第四次大戦ですね、冷戦を含めれば。

我々はあまりに多くの国でたくさんの人を虐殺してます。テロとの戦いの名のものにですよ、今現在です。ほとんどの米国民は、この戦争のスケールにさえ気づいていません。我が国が参加しているものです。何もわかってないんですよ。

 
なぜなら、エリート達はわかったからです。「ちょっと待ってくれよ。いちいち米国民を従わせるのに、なんで毎回苦労するんだよ」「一つの大きな毛布みたいな信任状があればいいじゃないか」「テロと戦うんだ!といったね。どこであろうが」
 
そして、我々はすべてをテロと呼ぶことになったんです。そして、どこであろうが、こういった戦争を起こすことにしたんですね。そのすべての裏には、ユダヤ人銀行家がいるわけですね。連中が両方の側に融資しているわけです、こういった衝突の。ちょうどネイサン・ロスチャイルド(1777-1836)がやったようにですよ。ナポレオン戦争のときですね。これが英国銀行を破産させた原因の一つで(?)、この家族に巨額を与えました。

わかってます、こういったことを反ユダヤと言うひともいるでしょうね。私のような者が指摘するわけです、ユダヤ人銀行家がほとんどいつもこういった事件に関わっていると。私はユダヤという言葉を抜き出しているわけではありませんよ(?)戦争には金が必要です、通常は国の手元に無いものです。巨大な出費ですよ、戦争するには。

 
ですから、政府はローンが必要になります。銀行家から借りるわけです。このトップの銀行家が。。。銀行家は政府に貸し付けるに十分大きいわけですが、これがユダヤ人に支配されてるんです。ユダヤ人が銀行産業の背後の圧倒的な支配グループです。いつもそうでしたし、これからもそうです。例えば、イタリア人がいつもピザ屋を経営しているようなもんですよ。これを指摘するのは人種差別じゃありませんよ。常識です。

そして、指摘したいことは、どんなビジネスであれ、金儲けしようと思ったら、ニーズを作り出さねばなりません。あなたの製品やサービスに対するものです。私は、ユダヤ人だから銀行家を嫌いになれというわけじゃありませんよ。私が指摘しているのは、こういったメガ銀行家が金を儲けるレベルで作り出したいと思っているのが、連中が追い求める類の金を得るためにですね、連中は政府のニーズを作り出す必要があるんです。金を借りるような。

 
その方法としては、戦争をかきたてることです。そうすれば政府は銀行家に借りるわけです。加えて、人々が理解すべきなのは、反ユダヤ(Anti-Semite)とは何かです。これはセム族(Semite)に反対することなんでしょうか?しかし、今日のユダヤ民族のほとんどはセム族ではないんです。言葉は重要ですね。私は言えますよ、私は黒人の日本女性だと。それが願いだと。そうはなりませんよね。

イスラエルに今日住む人々は、ヘブライのユダヤ人だと言えますよ、それが望みです。聖書にあるユダヤ人の子孫だと。だからと言って、そうはならないんです。セム人(Semiteあるいはヘブライ語のShemite)とは、ノアの息子シャムの子孫です。三人の息子のうちの。セム、ハム、ヤペテです。ですから、セムの子孫がセム族です。

 
ここに含まれるのは、アブラハムの子孫、イシュマールの子孫、アイザックの子孫、ヤコブの12人の息子のいずれの子孫もですね。その中にユダがいます。ユダヤと呼びたければそうですね。ユダヤ人とは、ユダの血統を通してのセムの子孫でしか無いんです。しかし、今日語られる人たちというのは、米国やイスラエルのユダヤ人ですね。ほとんどの人は、文字通りの血統ではないんです、ユダの。

彼らは聖書にある人達の子孫ではありません。彼らは、ユダヤ教に転向した二つのグループの子孫なんです。これはムスリムの征服の間に起こりました。ムスリムが行って選択肢を与えたんです。聖書の中の者になるか、これはクリスチャンかユダヤかムスリムですが、あるいはクビを切られるかだと。選べと。

 
ですから、皆転向することを選んだんです。だからこれらの人たちは、現代のユダヤ人を構成する人たちは、そのほとんどの人の祖先は、アシュケナージか、カザールなんです。アシュケナージは東ヨーロッパの人たちです。今日でいえば、現代のウクライナの西側ですね。カザールとはウラル山脈地域からのコサックです、トルコの北側ですね。現代のトルコのですよ。
 
どちらのグループも、その血統としては、ユダやジェイコブ、アブラハムの部族ではありませんし、確実にセムにつながってません。彼らは、非宗教的な異教徒なんです、ユダヤ教に転向した。被征服後にムスリムとの衝突を避けるためにです。
 
彼らはノアの息子ジェパス(?)の子孫です。つまり、現代のアシュケナージやカザリアンのユダヤ人は、セム族ではないんです。パレスチナ人はセム族ですよ。彼らが本当のセム人なんです。しかし、今日のイスラエル人のほとんどは認めません。わかってます、曖昧な言い方だと。こう言いたいだけです、もし私の名を呼ぶなら正確にしてくれと。反ユダヤと呼ばないで欲しいわけです。
 
私はパレスチナ派です。ですから、反ユダヤ(Anti-Semite)ではありません。そしてまた、反ユダヤ(Anti-Jew)でも無いんです。そういうレッテルを貼るならですね。私はユダヤ人と共に育ちました、親友がいました。フロリダのマイアミです。叔母はユダヤ人でした。ユダヤ人女性とデートし、今日でも私の家族は、過越の祭り(エジプト脱出の記念)を祝いますよ。何年もです。
 
私はユダヤ反対ではなく、シオニズムという政治運動に反対してるんです。ここに違いがあります、私は反シオニズムです。反ユダヤじゃありません。そして思い出してください、ほとんどのオーソドックスなユダヤ人は、反シオニズムなんですよ。これらのユダヤ人も反ユダヤと呼びますか?
 
さて、演説台から降りましょう。単にイライラするんです。あまりに多くの人が感情的にチャージされたラベルを投げつけるわけです、「反ユダヤ」と。その意味さえ知らないくせにですね。彼らは、議論では私に勝てないんですよ、事実という不都合なものが関わってくれば。
 
ですから、私を辱め、黙らせようとするわけです。私がヒトラーと同等であるかのようなやり方で。私がユダヤの子供をガス室送りにしたいなどと。殺してオーブンで焼きたいなどと。私は、ロスチャイルドのプロパガンダを容易に信じることはないんです。彼らのようにはね。しかし脱線しましたね。
 
ともあれ、何も見返りもなく(?)、既存のセム族のパレスチナの人々から、彼らの土地が奪われたんです、西側の政府によって。第二次大戦の後です。
 
これは、ロスチャイルドシオニストの影響下で起こりました。そして、セム族ではない異教徒のためにイスラエルという国が作られたんです。彼らはユダヤ人と主張します、ユダヤ教に転向するという美徳のためにですね。しかし、理解すべき重要な点としては、ユダヤ人はすべての土地を居住のために与えられたのではないんです。
 
エルサレムの土地さえ与えられていません。エルサレムはイスラエルに与えられてさえいません、1948年の国連分割プランでは。しかし、イスラエルが形成されるや否や、連中は、エルサレムに押し入り、町の半分を占拠したんです。何年か後、1967年には、イスラエルは違法にも東エルサレムを併合しました。それ以来返還を拒否してます。隣国のヨルダンから盗んだんです。

そして、民主党だろうが共和党だろうが、すべての米国政府は、この事実を認めたんです。連中はまたたくさんの土地を占拠しました、パレスチナ人が支配することになっている土地をです。それ以来エルサレムに関する緊張は沸騰しっぱなしですね。トランプはいいます、彼はエルサレムをイスラエルの首都と認めるつもりだと。しかし、ほとんどすべての政治家というのは、迎合するわけです、ワシントンのパワフルなイスラエル・ロビーにですね。何が起こるかわかりますよ。エルサレムの状態問題がどうであれ、火薬樽ですね。そのうち爆発します。ユダヤ人とパレスチナ人が、自身の首都だと主張しているんです。どうやって解決しますか?

 
(終了)
]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6550/feed 0
シオニズムとは何か?ビデオまとめ、パート2 https://www.jimakudaio.com/post-6546 https://www.jimakudaio.com/post-6546#respond Thu, 27 Feb 2020 03:18:55 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6546

シオニズムとは、完全な変形なんです、ユダヤ教の教えの波に乗った。

ユダヤ教のラビの教えの全体的な構造としては、この運動、シオニズムとは逆なんです。彼らは理解してますよ、シオニズムがユダヤ教とは相容れないものであることを。

最初にシオニズムに反対した人たちとしては、ユダヤ人ではなく、フェローのユダヤ人です。ユダヤのラビです(?)。これは歴史でもなく、歴史的記録の問題なんです。シオニズムの最初の計画としては、イスラエル国の設立でさえなかったんです。

連中は政治的実体を作りたかったんです、ウガンダのような場所、他の国に。しかし、ラビや教えを実践しているユダヤ人の反対のために、シオニストはすぐにわかったんです、誰もウガンダについてこないと。それと他の場所ですね、連中が小さい帝国を作りたかった場所です。

ですから、連中は相手と同じ手段を使ったんです。もし、障害物がユダヤ人の宗教であるなら、シオニストは理解する必要がありました、どのようにしてユダヤ人の宗教を自らに資するものにするかを。ユダヤ教と戦うのではなしに、それと使うことにしたんですよ、操作するために、連中の欲するところに資するようにです。

さて、どうやってシオニストはユダヤ教を勝手に使ったのでしょう?オーソドックスなユダヤ人はこう信じます、神がユダヤ人をパレスチナの古代の土地から追い出したと、彼らの罪のために。これがユダヤ人達を追い散らしました、これを「離散」と呼びます。

しかし、それと共に彼らの信じることは、いつか神は、ユダヤ人達を自らの祖先の土地に呼び戻してくれると。

シオニストのしたことは、このユダヤ人達の夢、故郷に戻ることに投資することなんです。シオニストが基本的に言うことは、「我々が元に戻してやる」です。「しかし、我々についてこなければ」、「我々のやることに加入しなければ」と。そうすればイスラエルに戻してやると。

そして、その当時のラビが見たところ、ユダヤ教の大きな捻じ曲げであると、宗教者で無い者による、しかし、極めて力のあるユダヤ人です。彼らが、宗教を捻じ曲げようとし、連中の国家主義的野心に適合させようとしたんです。わかりはじめましたか?

ですから、ラビ達はそれに反対し続けました、シオニストにですね。今日まで数十万のオーソドックスなユダヤ人、世界中の人たちが、拒否してますよ、現代のイスラエルに戻ることを。

なぜか?彼らは救世主を待ち望んでいるからです。土地に導いてくれる者です。それが、経典の教えです。もっとも率直な反シオニストというのはユダヤ人なんです。深い信仰を持つ、神を恐れるユダヤ人です。

彼らは、本当に怖がってます、不快な連中による完全な腐敗にです。連中はユダヤ教を道具としてつかってるんです、政治的ゴールを達成するために。ですから、シオニスト国のイスラエルの最大の反対者はユダヤ人なんです。これから行うことは、これを証明することです。

著名なユダヤのラビの言葉を引用しましょう。名前は、イスラエル・ワイスです。ワイス・ラビです。彼は無数のユダヤ人の一人に過ぎませんよ。シオニズムに反対する者として。ラビ自身の言葉を読みましょう。好きになりますよ。

我々の名前、我々のアイデンティティがハイジャックされた、邪悪で卑劣で自分勝手な運動にである。これは純粋に政治的なものであり、不信心なものだ。そして、正当性を得ようと、彼らは使ったのだ、我々のアイデンティティ、ユダヤ教を。

信心深さの現れを利用し、他者を怯えさせ、他の人々から土地を奪い、抑圧するためにである。我々が世界に対して主張することが重要だ、不運なことにあなた方のやっていることは、大いなる過ちであると。

これを知るべきであると、これらの人々がユダヤの名前で言っていることは、ユダヤの人々を守ることにもならないだけではなく、これは最悪の要素である、反ユダヤをさらに悪化させるものなのだ。

ユダヤ人はクリスチャンやムスリムと数百年の長きにわたって共存してきた、すべてのアラブの国々で。シオニストがこれらの根深いユダヤ人に対する根深いヘイトを持ち込むまでは。我々はいかなる人道団体も無しに、共存できていたのだ。これは変わってしまった。今やユダヤ人はムスリムやアラブの国では生きられなくなったのだ。

この比較的新しい運動シオニズムは、始まってから100年にも満たないが、それが始まってからというもの、我々が得たものは、闘争と、死と、衝突と、悲惨さと、流血と苦しみである。

では何が問題なのか?我々の宗教か?いや違う。ユダヤとムスリムは最近まで平和裏に共存してきたのである。変化したものはシオニズムだ。シオニズムは政治的運動であり、非宗教的なユダヤによって起こされた、彼らは我々のアイデンティティとして、宗教的なものから、国家的なものに変えようとしたのである。

彼らのゴールは、神を完全に考慮からはずすことである。宗教的ユダヤと啓蒙的クリスチャンをワナにかけるためだ。彼らはそのフリをし始めた、そこに神聖な原因があると(?)、すべてのユダヤ人を追放状態から抜け出させるという。

しかし、世界中のユダヤ人とラビは立ち上がり、こう言うのだ。狂っていると。神は我々を追い散らしたが、その理由は、我々に人間としての物理的弱さがあったからではなく、我々の罪によるものである。であるから、解決策は物理的なものではない、戻って武器を取り、土地を取り戻すようなことでは無いのだ。

解決策は形而上的なものである。神が人々を連れて行くのだ、心から平和のうちに暮らすことを学ぶ者をだ。彼らを戻すのである。

神がそれを行うまでは、我々は、宣誓のもとで明白にイスラエルに戻ることは無い。そうではなく、我々の暮らすどこの国であれ、その国の忠実な市民であることだ。

このようなイスラエルにおける政治的実体を築くような試みは、単純に神の言葉に背くことである。これは神に対する謀反である、パレスチナの土地に戻ることは。仮に、この土地が完全に無人となってもである。

しかし、この土地はすでに人々が住んでいる。この神に対する謀反は、既にそこに住む者たちから奪い、抑圧することである。どうして、我々は沈黙を守ることができようか。神とユダヤ教の名が、これらの人々によって冒涜され、傷つけられているときに。

我々は迅速で平和的な消滅のために祈る、この邪悪な国の消滅である。これはあまりに多くの死と苦しみをもたらしたのだ。その名はイスラエルである。

この人は本当にユダヤを嫌いに違いありませんね(皮肉)。これしか言えませんよ。わかりましたか?我々は反ユダヤではないんですよ。ユダヤ人を嫌ってはいませんよ。

我々は、シオニズムという政治運動を嫌っているんです。なぜなら、これは大きな戦争の源泉だからです。大きな苦痛と、大きな流血と、人々を従属させ、奴隷化するものなのです。パレスチナのような占領下で生きる人々をですね。これがシオニズムのやってることです。だからこそ反対するのです。

(続く)

 

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6546/feed 0
シオニズムとは何か?ビデオまとめ、パート1 https://www.jimakudaio.com/post-6543 https://www.jimakudaio.com/post-6543#respond Thu, 27 Feb 2020 00:56:40 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6543 というビデオがあったのですが、例によってYouTubeに消されてしまいました。これを見に来る方が多いようなので、字幕のみ以下紹介します。


1800年代遅くにシオニズムという政治運動がおこりました、ヨーロッパにおいて。シオニズムはユダヤ教とは無関係です。古代の「イスラエルの家」ともです、今日のクリスチャンの多くはそう考えますが。

イスラエル国をサポートすることはイスラエルの家をサポートすることではありません。アブラハム、アイザック、ジェイコブの。

シオニズムは実際には作られたのです、ヘブライでないユダヤ人に。今日では、多くのシオニストがユダヤ人でさえ無いんです。例えば、副大統領のジョー・バイデンですが、彼は自身を名誉シオニストと呼びます。ユダヤ人ではありません。

今日、ほとんどの宗教的に深いユダヤ人は、正統派の人たちですよ、黒い帽子に黒い服に、カールのある毛の。。。ほとんどの彼らは、非常強い反シオニストです。YouTubeに行ってみてください。入力するんです、Anti Zionist Jewsと。言ってることがわかりますよ。

政治的シオニズムは違うんです。宗教、ユダヤ教とは。ユダヤ人は問題ではないんです。ユダヤ教にも問題はありません。シオニズムが問題なんです、この視点を忘れないでください。

政治的シオニズムは典型的には、ドイツ人のユダヤ人、テオドール・ヘルツルの創作物と言われていますが、しかし、真実は、シオニズムとはロスチャイルドと同義なのです。この名前覚えてください。ロスチャイルドとは?人類史上最大の金持ちになった人です。この名前そのものは「赤い盾」の意味です。マイアー・アムシェル・ロスチャイルドは、1800年代にドイツでの有力な銀行家でした。彼は、考えられる最も卑劣で汚い戦術を使いました。世界で最も巨大な銀行王朝を作り、維持するためにです。世界史で最もです。莫大な富です。その富に伴う莫大なパワーです。

ロスチャイルドはこの帝国確立の助けに政治的シオニズムを使ったのです。彼とその仲間はすべて不道徳な連中ですが、権力と支配を切望し、第一次大戦を推進して、実現しました。さて、戦争後の英国ですが、オスマン・トルコ帝国からパレスチナの土地を奪いました。戦利品としてですね。ロスチャイルドは、これら多くの英国の政治家を使い、バルフォア宣言というものを作りました。それがこのパレスチナの土地を、この連中に渡し、支配させることになったのです。

これはちょうど同時期なんです、米国史において、シオニストが連邦準備銀行(FRB)を作ったときです。米国金融システムを支配するためにですね。もし、誰かがFRBについて話しているなら、勉強するんですよ、FRBを理解するのは必須です。

しかし、シオニズムに戻りましょう、その後、この同じ不快な連中は、第三帝国の勃興に投資するんです。第三帝国とは?わかってますよね。こいつらは、ヒトラーが力の地位を得る間ずっとサポートしてたんです。

思い出してください、ロスチャイルドはドイツ人です。ドイツの銀行家です。さて、こいつらがいったんヒトラーを使うと、彼に力を与え、ヒトラーに新たな戦争を始めさせたんです。彼らが失った土地を取り返すなどです。ポーランドに侵攻するとか。。。連中が始めたことは、ヒトラーを同じように使ったんですよ。今日の米大統領のように。

彼らに利益のあるような世界中で戦争を起こすわけです。ヒトラーは決して力を得られなかったはずです、この銀行家の投資がなければです。そうですね、ヒトラーは多くの悪いことをしました、多くを殺し、私は確信してますね、今現在地獄で腐っているであろうことを。多くのユダヤ人を殺しました。しかし、これをシオニストの銀行家の投資で行ったのです。ロスチャイルドやウォーバーグなどですね。

第二次大戦のあと、同じシオニスト達は同じことをしたんです。ロスチャイルドが以前やったことと同じことです。連中はその力と影響力を、英国のキー政治家に及ぼし、パレスチナに対する支配を増々得たのです。もし信じないのであれば、つまり富のある連中、富のある銀行家が、富のある企業が、我々の政治家を支配していることを信じないのであれば、すまないけど、あまりにウブですね。物事の仕組みを全くわかっていません。

そしてこいつらは、捻じ曲げ誇張したんです、虐殺を、ヒトラーによるものをですね。他の世界のリーダー達の機嫌を取るためにです。そうすれば、彼らも支持しますからね、この現代のイスラエル国の設立を。これは、この力のある家族によって支配されるわけです。ですから、連中は今日までイスラエルを支配してます。ちょうど、ヨーロッパのほとんどと米国を支配しているようにですね。これは理屈じゃありませんよ。固い議論の余地の無い証拠があります、これらすべてに。

しかし、歴史を学び、パズルのピースをつなげるには、膨大な時間がかかりますよ。もっと知りたいなら、私のビデオ・アーカイブを見てください。つまり、歴史を本当に理解している人たちというのは、こいつら、シオニスト運動に直接関わっている者か、あるいは私や他のような「陰謀論者」なんです。

我々は、退屈なことに時間を投資して研究したわけです。例えば、古い政治文書とか戦争協定とかですね。こういったものは、ほとんどの人は決して時間をかけようとは思いません。ここで正直になりましょう。平均的アメリカ人は、我々自身の国の歴史についてほとんど何も知りません。ですから、驚きではないんです。イスラエルの歴史について何も知らないことは。

どう設立されたか、いかなる汚いトリックが使われたか。米国人は自身の政治プロセスについてさえ注意を払いません。そして、注意を払っていると思っている者は、問われても自身の信念を説明できません。オバマの支持者に聞いてごらんなさい、なぜオバマを支持するか。こうです、「えーと、えーと。。。」「希望と変化だ」

米国人は、自身の事実として、15秒の要約引用があればいいんですよ。真実を学ぼうという忍耐も興味もありません。だからこそシオニストはやりおおせるのです、我々をイラクとの戦争に導くなどですね。そしてまた、イスラエルが2008年のガザ戦争をやりおおせたわけです。連中は1500名のパレスチナ住民を虐殺しました。

言うことはこれだけですよ、テロと戦っていると。そして、バカな羊達がプロパガンダを繰り返すわけです。ちょうどFOXニュースのようにですね、皆ショーン・ハニティを聞いてますが。

イスラエルを今日支配している者は、同じ連中なんです、グローバルなパワーピラミッド構造のトップに座っている者達と。連中がいわゆる新世界秩序を築きつつあります。シオニストのプランとしては、世界統一銀行の創立と、世界統一政府の創立です。連中自身がリーダーですよ。連中はこれを達成するための巨大なネットワークを築きあげました。このネットワークに含まれるものとしては、ビルダーバーググループ、ググってください、外交問題評議会(CFR)、カーライル・グループ、続きますよ。ボヘミアン・グローブを見てみてください。

聖書にある世界統一政府が人々を支配するというのは現実なんです。反キリストのリーダー、自らによる(?)ケダモノの刻印です。信じがたい終末戦争は、ちょうど、こいつら新世界秩序シオニストにとって変わられているんです。聖書に使われている言葉で言えば。

聖書では、古代のミステリアスな予言の書からのものですが、それが直接的な現代の地政学的事件になってるだけです。興味深いですね。

不運なことに、ほとんどのシオニストは、自分はユダヤ人だと主張するんです、違う人もいますがね。そして、反対者を簡単に黙らせることができるんです。全員をユダヤ嫌いの反ユダヤと呼ぶことによってです。保証できますが、YouTubeでもFacebookでも行って、いかなるメッセージボードでも、この問題が議論されているところなら、保証できますよ、確信してますよ、イスラエル支持者の半分の人は、他の皆を反ユダヤと呼ぶでしょうね。

「ユダヤ人が嫌いだから、イスラエルを支持しないんだ」と(言うわけです)。汚い戦術ですよ。しかしうまくいくんです。

私のこと?親友がいますよ。私はフロリダのマイアミで育ち、フロリダにはユダヤ人がたくさんいます。友人のほとんどはユダヤです。成長したら、ユダヤ人とデートしました。そして、ハヌカー(ユダヤの年中行事)に行ったり、他のユダヤのお祭りもたくさんあり、自分のキッパー(ユダヤ男性のかぶる帽子)も持ってます。私は反ユダヤじゃありません。

しかし、コメントセクションを見てみれば、私のビデオのですよ。見つかりますよね、シオニスト運動の支持者が私のことを反ユダヤと呼んでいるのを、いつもですよ。この領域にはつきものですよ。今日もまた、誰かが反ユダヤと呼んでますね。簡単なことなんですよ、愚かな人たち、他の方法を知らない人たちが、どう説明していいかわからない人たちがそうするんです。単純にユダヤ嫌いだと。普通の人たちは同一視されるのを嫌います、ナチや強制収容所などと。ですから、口を閉ざしてしまうんです。シオニストが名指しし始めるとですね。私はレッテル貼りには動じません。

ですから、真実を話し続けます。もしシオニスト運動について話そうと思うなら、これをも準備しなければならないんです。

我々はシオニストのことを、反ジェンテリック(?)と呼ぶことができますね。あるいは反アラブですが、これは生産的ではありません。ぬかるみにはハマりたくありませんからね。そこで泥レスリングなどは。これを信じるとすれば、偏見無しだから信じるんです。偏見があればチャンスはありません。

(続く)

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6543/feed 0
お笑い「ファーウェイは危険だ!」劇場 https://www.jimakudaio.com/post-6539 https://www.jimakudaio.com/post-6539#respond Wed, 19 Feb 2020 10:18:02 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6539 昨日だったかの読売で、エスパー国防長官が欧州に対して「ファーウェイは危険だ、やめろ」と主張したが、欧州の人間は聞く耳を持たなかったという話が伝えられてました。これ読んで。。。というか、書いていて読売の記者は疑問に思わなかったんでしょうか?そして読売読者の誰も疑問に思わなかったんでしょうかねぇ。。。それはどういうことかと言えば、

実際に米国企業が購入したこれまでのファーウェイ機器に仕掛けられた盗聴やら撹乱装置があるなら、それを証拠として示せば良いだけの話

なんですけど、そんな証拠を示した云々の話が全く無いんですよ。

これまでファーウェイから購入したモノはこちら(米国)にあるんですからね、「ほら!ここにこんなコードがある!悪質だ!」と示せば、欧州の人達も納得、「確かにファーウェイは危ない、やめよう」と言うだろうに、それができないんですね。

そんな証拠がどこにも無いからです。

それにですね、根本的な原理から考えてもファーウェイが盗聴か何かを行うことは(少なくとも5Gインフラにおいてはですよ)絶対にできません。不可能です。もしこれが可能であれば、ファーウェイに限らず、ほとんどのネット企業が可能になっちゃいます。

SSL(ブラウザのURLで言えば「https」)というのは、端点と端点の間で暗号化を行い、その途中の経路がどんなものであろうが盗聴はできないという原理なんですね。つまり、途中経路が「悪魔のファーウェイの5G」であろうが何だろうが、盗聴することはできないのです。

あなたのブラウザと、それがやりとりしている相手のサーバでしか内容の解読はできません。その間の通信がどうであろうが、途中で盗み聞きすることはできません。

(。。。ということになってますが、もしかしたらCIAやNSAは解読技術を開発してるかもしれませんが。あるいは中国も)

米国政府の人達はこんなことも知らないらしいですね。では、ファーウェイの機器に時限爆弾が仕掛けられており、ある日突然一斉に機能停止するという可能性は?それならそれで、やはり機器を詳細に調べて証拠として出せばいいだけの話です。

なぜその程度の証拠も出てこないんでしょうか?

口先だけで証拠の切れ端さえも出せないのがトランプ政権なんです。

これもまたデタラメトランプ政権が自分達の都合の良いように物事を力づくで捻じ曲げ、それをCIA絶賛協賛中メディアが疑問も持たずに報道しているだけのパターンですね。

念の為ですが、私は5Gもファーウェイも是認しませんよ、特に5Gは絶対にやめていただきたいものですが。。。

で、トランプやらポンペオやらエスパーやらがファーウェイを攻撃しているのではなく、ナンシー・ペロシまで出てきて攻撃しているのは驚きました。

結局こいつらは同じ穴のムジナに過ぎないのです。「敵対関係」と見せかけているのは、それに注意をひきつけるための作戦に過ぎません。ここに気を取られ、本質を見失うようにさせる作戦に過ぎないのです。

前回か前々回か書きましたが、もしサンダースが民主党候補者になるようなことがあれば、民主党はトランプを支持しますよ、確実に。トランプの方が同じご主人様に近いですからね。

その一方でCIAが各国の盗聴をしていたことが明らかになってしまいました。スイスのクリプトAG社がCIA支配下にあったというんですね。これは日本政府も導入していたようです。

RTの誰かが言っていましたが、フロイトかユングの心理学的にはこういうんだそうです。

自分がやってることを他人もやってるに違いないと決めつけて攻撃する。

まぁ、そういった病理ですよね、この人達は。

ところでこの件はやはりCIA傘下の読売では報道されてないようです。少なくとも私は見てません。一方で朝日や東京では報道してますね、ネット検索してみると。

そんなこんなで、「中国のスパイがぁ」「北朝鮮のスパイがぁ」等と言ってるウヨさん達は何も知らずに能天気にそんなことを言い続けるのでしょう。スパイされまくり奴隷国家の名に恥じない奴隷の方々に幸あれ!

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6539/feed 0
今イランにやられてることは、戦前日本がやられたこと https://www.jimakudaio.com/post-6536 https://www.jimakudaio.com/post-6536#respond Tue, 18 Feb 2020 12:07:51 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6536 ですよね。まっとうな論理をお持ちの方であれば、これに同意してくださると思うのですが、しかし、

太平洋戦争は米が仕掛けた経済封鎖によって、日本はやむにやまれず真珠湾攻撃をしたのだ。日本は悪くない!

なーんて言ってる右の方々は、いっこうに現在のイランがこの時の日本と全く同じ状況にあることは一切言ってないんでしょうねぇ。。。あぁ、そうですか完全に洗脳されてるからですね、CIAに。

まぁ、実際のところ、ルーズベルトは本来なら西海岸にいるはずの太平洋艦隊をわざわざハワイに移動させ、それに反対した司令官をクビにして、別の司令官にしたわけですし、日本が攻撃してくることなど百も承知であったことは数々の証拠から明らかなわけです。

しかし、平和主義で当選したルーズベルトは、戦争に参加したかったんですが、日本以前にUボートに機雷を落としたりして反撃してくるのを待ったんですが、一向に乗ってこないので矛先を日本に変更したんですねぇ。そうですよね?右翼の皆さん。

今現在のイランの状況にそのまんま全く同じじゃないですか。

経済封鎖されて、にっちもさっちも行かなくなったところに(実際、ベネズエラと同じで特に医薬品が手に入らなくて死亡するケースなどあるようです)、ISISとの戦いの国民的英雄を「何の理由もなく」殺され、もはや怒りは頂点に達しているところでしょうね。

しかしその点は、戦前の頭の悪い日本指導部とは異なり、良く考慮しているとは思いますが。米基地への報復攻撃にしても、基本的に軍事力を見せつける形に終わってますし。これは、(様々な方が言うことには)米がそのドルを基盤とするサウジへの脅しであると。

別に大日本帝国が存続すればよかったとか、現在のイラン体制が存続すればいいとかそんなことは言ってませんよ。別問題です。

ここで問題にしているのは、米の歴史はこういった侵略の歴史であり、ルーズベルトだろうがトランプだろうが、基本的に同じことをしているということです。侵略指導部の操り人形にすぎないのです。「金がかかりすぎる。世界から米軍撤退だ!米国民の手に政治を取り戻す」などと言ってたトランプもルーズベルトと全く同じで、ただの操り人形に過ぎないのです。

以前に書いたような気がするんですが、これならヒラリーの方がまだ良かったですね。なぜなら、トランプと全く同じことをしつつも多くの米国民が反対したでしょうからね。

ともあれ、まざまざと明らかな類似性とその意味や要因を、一方的な情報のみを信じて自分の頭で考えようとしない、情報を得ようとしない方には見えないものなのです。それが良くわかる出来事ではあります。

さて、その後の日本がどうなったかと言えば、これはもう米の植民地として全くの言いなり路線を歩んできましたから、ご褒美としてある程度好きにはさせてもらっていたわけです。まぁ、「日本国民奴隷からもっと収奪せんかい!」とは言われてる御様子ではありますが。

その一方で露中ですよ。世界の勢力的に何がどうなってんのかわかりませんが、少なくとも米国を拠点とする勢力は、彼らが憎くて仕方が無いのですが、もう趨勢は確定してますよね。米帝国はそろそろ終わりです。この場合のそろそろというのは、5年とか10年のスパンですけど。

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6536/feed 0