字幕大王 https://www.jimakudaio.com テレビで放映できない動画に字幕をつけます Sat, 02 Nov 2019 11:40:56 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.9.12 https://www.jimakudaio.com/wp-content/uploads/2018/01/cropped-site-32x32.jpg 字幕大王 https://www.jimakudaio.com 32 32 奴隷国家ニッポンのオリンピック騒動 https://www.jimakudaio.com/post-6462 https://www.jimakudaio.com/post-6462#respond Sat, 02 Nov 2019 11:31:23 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6462 この騒動、どこまで奴隷なのかと思いますね。普通に考えれば秋に開催すればいいことでしょう。。。もちろん、私自身はオリンピックなどという無駄金使いの無駄イベントには反対なんですが、仮に百歩譲って開催するとしても秋ですよね。

「夏でなければいけない」というのであれば、東京以上に暑い都市では絶対に開催できないことになってしまいます。これはありえないでしょう。

家人の説によれば、秋には米国のスポーツイベントが目白押しなので、それにオリンピックをぶつけることはできず、米企業からたっぷり金もらっているIOCとしては、秋開催はありえないのだそうです。ほんまかいなと思いましたが、少し調べてみると、こんな記事がありました。

酷暑の東京五輪は必至?「秋開催」できない切実な理由

ここで驚きなのは、この記述です。知りませんでした。

 1964年の東京五輪の開会式は、秋晴れの青空が広がる10月10日だった。実は、当時も7~8月開催が候補に挙がったが、暑さ、湿度、食中毒など衛生面の懸念から却下となった。

で、こうです。

 20年大会も気候的には秋開催が理想なのだが、そうはいかない。国際オリンピック委員会(IOC)が、7月15日~8月31日におさまるよう、立候補都市に求めているからだ。

IOCは五輪憲章で「選手の健康を守る施策を奨励、支援する」「スポーツを商業的に悪用することに反対」とうたっているが、実際には「憲章」に抵触している現実がある。

最大の理由は、テレビの放送枠で人気プロスポーツとの争奪戦を避ける狙いがある。秋は欧州ならサッカー、米国は大リーグが佳境を迎え、アメリカンフットボールのNFLとも競合する。夏ならスポーツ界の「繁忙期」ではないため、放送枠を確保しやすい。逆に言えば、10月に五輪が開催されても、今のような天文学的な放送権料なんて払えない、という理屈である。

まぁ、奴隷国家ニッポンの奴隷の方々は、いつまでもこういう企業による銭金問題に振り回されて右往左往してるといいと思いますよ。

こんなことで、「東京でできないのは残念だ」とか「札幌でやってくれてうれしい」などという「感想」を前面に押し出した報道を悲喜こもごもで聞いていてくださいね。いつまでたっても奴隷は奴隷のままです。

 

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6462/feed 0
マックス・ブルーメンソールの話は正しいことが証明されました https://www.jimakudaio.com/post-6460 https://www.jimakudaio.com/post-6460#respond Sat, 02 Nov 2019 09:56:01 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6460 忙しくて字幕つけていないのですが、最近ジャーナリストのマックス・ブルーメンソールが何の理由もなく逮捕されるという事件があり、あちこちで報じられています。

これもジュリアン・アサンジと同様のケースですね。不都合な事柄を報道しているジャーナリストに圧力をかけ、不当な逮捕をするという当局のやり方です。これはまぁ、日本だろうが米国だろうが中国だろうが北朝鮮だろうが全部おんなじです。民主主義だろうが、独裁だろうが、言論の自由が憲法でうたわれていようがいまいが、全く変わりはございません。

「だったら独裁の方がまだいいじゃん」とは最近思うことですね。言論の自由をうたいながら、実はこっそり不都合な奴をしょっぴくなど姑息極まり無いことですよねぇ。。明確に「民主主義は見せかけでございまして、実は独裁なんですが、誰が独裁しているのかは申し上げられません」とか言えば良いことかと思います。

こう考えてみますと、西側の「民主主義」なるものは、奴隷たちを騙す方法がより「洗練されている」というだけの話ですよね。いかにも独裁だと奴隷たちが騒ぎ出すので、見かけは「民主主義~あなたが決めているんですよ」という見せかけを作りまして、実際はそうではないという実態なわけです。これこそが奴隷支配のより洗練された形でして、中国やら北朝鮮やらその他の独裁専制体制などかわいいもんですよね。

さらには、読売新聞に代表されるように、連中が毎日のように喧伝していることですが、奴隷達には「経済成長至上主義」を隅々にまで行き渡らせ、しっかりと死ぬまで奉公していただき、何やかやと理由をつけて「年金」やら「社会福祉」やらはとりあげると、こういう仕組みになっております。

かなり話が明後日の方向に行ってしまいましたが、ともあれ、マックス・ブルーメンソールに関する字幕動画もかなりありますので、ご覧くださいね。

あ、そうです。タイトルの意味としては、マックス・ブルーメンソールの話は連中に不都合であることが証明されたわけで、ですから彼の話はおそらく正しいのだろうと推測されるということですね。

 

他にもあります。

https://jimakudaio.com/#search;lang=ja;s=%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%AB

 

 

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6460/feed 0
トランプは出ていくどころか兵を強化。いつまでウソつくつもりか? https://www.jimakudaio.com/post-6453 https://www.jimakudaio.com/post-6453#respond Wed, 30 Oct 2019 15:26:20 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6453 シリア撤退でまたもや陰謀論者の大ウソ・大本営発表でバカな陰謀論者が「トランプがシリア撤退!祝砲!」などと言ってるのを批判しましたけど、最近は恥ずかしくて出てこれないようです。なんも書いてないですね。それもそのはず、この人物の言うことが全くのウソであることがバレてしまいましたから。

トランプのシリア撤退声明が大嘘であることが誰の目にも明らかになりました。まぁ、バグダーディーの殺害というのも、その理由づけの一つかもしれませんね。こんなものほんとかどうかわかったものではありません。

トランプが撤退すると言い出すと、どういうわけかシリア政府が自国民を化学兵器攻撃するというパターンが過去にあったわけですが、もういい加減その手は使えないので新手を出してきたのかもしれません。

実際、シリア政府による化学兵器攻撃を調査したOPCWが、不偏不党の化学兵器禁止機関ではないことが、内部告発者によってわかりつつあります。もはやBBCまでこの話題を報道しているんで、もうこの手は使えないとふんだのでしょうか。。。

 で、この動画です。

Twitterにしか上がっていなかったので、自分のYouTubeチャンネルにあげたところ、外人が「偽ニュースだ」「だめだね」とか言うわけですが、何も知らないんですよね、ホント。

以下は、朝日ですが、元はロイターの記事です。

米軍のシリア油田防衛、イランとロシアが非難

トランプ大統領は27日、エクソンモービル<XOM.N>を含む米石油メジャーにシリアで油田操業を担わせる可能性に言及した。これについて法律やエネルギー業界の専門家からは違法で非倫理的などという批判の声が上がった。
 エスパー米国防長官は25日、過激派組織「イスラム国(IS)」が勢力を拡大して油田を掌握することがないよう、米国がシリアの油田地帯に戦車などを投入し、軍の存在を拡大させると述べた。
ラブロフ氏は、イスラム国から油田を守るという理由で米国はイラクに移した軍を再びシリアに戻したが「ある国の天然資源をその国の承諾なしに搾取することは違法であり、それがわれわれが共有している見解だ」と語った。
何のことはない、シリアから撤退するというのは大嘘で、イスラム国から守るというのも言い訳に過ぎず、結局米企業に石油掘らせて大儲けするために、護衛の軍隊を強化するって話じゃないですか。
 
もちろん、勝手に石油掘ったりすんのは国際法違反、そもそもシリアにいること自体が国際法違反、しかも米軍を使って護衛するというのだから、メチャクチャな状態です。
 
これでもトランプを支持するというのであれば、もはや何も言うことありません。あなたはディープステートを支持してるんですよ。そうですよね?
 
もう騙されるのはやめましょう。で、もちろんトランプのこの行動は、あらかじめ完全に予測されていることです。もはや私でも予測がつきましたね。
 
撤退するーー>なんやかやでやめるどころかシリアを攻撃、撤退するーー>なんやかやでやめるどころかシリアを攻撃、撤退するーー>なんやかやでやめるどころか強化する。
 
もちろん撤退しない訳は石油だけの理由ではなくて、トランプがイスラエル奴隷であり、イスラエルはシリアを分割して分捕りたいからです。もちろん、イランを目の敵にしているのもイスラエル。
 
トランプも含め、ほとんどの米政治家はイスラエルの奴隷でしか無いので、皆イスラエルのいいなりで、トランプのやることに大賛成。まぁ、クルド人を見殺しにという批判はありましたが、結局イスラエルが満足できるようにするわけです。イスラエルにとってクルド人どうでもいいでしょうからね。
 
で、なぜトランプがこれほどまでにイスラエル奴隷なのか、ジェイク・モーフォニオスが面白い説(あくまで推測)を言っていたのですが(未翻訳)、それはこの次書くことにしましょう。
 
以下に関係するビデオを貼っときます。
 

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6453/feed 0
足の匂いに重曹! https://www.jimakudaio.com/post-6446 https://www.jimakudaio.com/post-6446#respond Thu, 24 Oct 2019 01:19:47 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6446 重曹については何度か取り上げてますね。

重曹が農薬除去に最も効果的とわかった
歯のメンテナンス方法
某歯科による重曹の効能

今回は、足の匂いに重曹です。こんな記事があります。洗っても洗っても足の裏のニオイが気になる人には「重曹足湯」がおススメ!実際昨日試してみましたが、匂いが消えさっぱりします。別にブテナロ*クとか、足専用の洗剤など入りませんね。ずいぶん前に水虫にかかったとき、こういう市販のものを試したんですが、大した効果ありませんでしたよ。

さて、リンク先の記事にもありますが、酸性状態をアルカリの重曹で中和する点がかなり大きいようです。これは、重曹うがいにも言えることなんですが、口の中が酸性になっているがために、悪い菌が繁殖するということですね。そいつをアルカリで戻してやるわけです。

さらに私の使い方としては、「プラスチックのベタベタに重曹」です。こんな記事あります。プラスチックやゴムのベタベタは湿気が原因!簡単な対処法を5つ紹介。これも二回試してみました。一つは電子機器のプラスチック製の「つまみ」、もう一つはコンビニで買った安物の折りたたみ傘の「柄」ですね。

両者とも見事復活です。これは不思議な位です。前者はあまりに素材が安物のせいか、白っぽくなりましたが、後者は新品同様。おためしあれ。

さらに、入浴剤としても使えます。以下の動画ではクエン酸やエプソムソルトを入れてますが、別に重曹だけでも良いです。

 

さらに重曹だけ水に溶かして飲んでもよいです。このあたりになると「イタリアのシモンチーニ博士が重曹でガンを治してる」云々の話も出てきそうですが、とりあえず半信半疑なのでやめときます。しかし「重曹を飲んでアルカリ性体質にする」ってのは良いようです。

もちろん、100均等では掃除用具として売ってたりしますね。食品用の重曹でも安いものなので、大袋で買っとくと良いです。本当に重曹は万能ですから。

うちで半年前に買ったものは以下ですね。この半年、ほぼ重曹うがいにしかつかってないので、ほとんど減ってません。風呂に入れたり、掃除に使うと、もちろんどんどん減るわけですが。

 

ついでに、クエン酸とエプソムソルトはこんなとこですかね。

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6446/feed 0
トゥルシー・ギャバードとH.Res246決議 https://www.jimakudaio.com/post-6444 https://www.jimakudaio.com/post-6444#respond Wed, 23 Oct 2019 13:15:03 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6444 これは随分前の話になるんですが、ギャバードが、ある決議に賛成したと言って話題になっていたわけです。シリアンガールは「結局、イスラエルの言うがままじゃない」と言っていたし、ポール・クレイグ・ロバーツも同様の感想だったようですね。

まず、H.Res246とは何かと言えば、これのようです。

H.Res.246 – Opposing efforts to delegitimize the State of Israel and the Global Boycott, Divestment, and Sanctions Movement targeting Israel.

要するに、イスラエルに反対するBDSという運動がありまして、その運動を非難する決議なわけですね。で、「これに賛成するということは、イスラエルの子分だろお前」というわけです。ちなみにこれは決議であって、法律じゃありません。

シリアンガールの言い分は探し出せませんが、ポール・クレイグ・ロバーツについてはこちらですね。

トゥルシー・ギャバードよ。安らかに眠れ。

これを訳した「マスコミに載らない海外記事」さんも、「本当のようだ、がっかりした」といった感想のようです。で、リンク先を見てみると、オカシオ・コルテス、イルハン・オマール(共に民主党)は反対してるんです。

これについてのギャバードの説明が以下です。

何人かの方がメッセージをくれました、SNSへの投稿もです。
もっと情報をと。
なぜ私が最近の決議に投票したかです、
BDSに関するものです。
ですから、
少々の背景をお話ししたいのです、
それと私の修正第一条(言論の自由)へのコミットをです。
我が国において、これ以上の基本的なものはありません、
我々の憲法に記された権利と自由以上のものは。
私はこれらの自由を守るために戦いました、兵士として議員として。
ですから、それが理由で非憲法的な法制定には反対するでしょう、S1のような。
この法は、言論の自由を制限するものです。
BDS運動に参加した者に対する罰則を課すことによってです。
だから、H.Res-496のコスポンサーになったのです。
我々の言論の自由を確認するためです。
そして、いかなる理念にも反対したりボイコットする権利です。
それとまた、反対を宣言することです、
[00:01:00]——————————
これらの基本的な修正第一条を制限しようとする法制定にです。
さて、私はH.Res-246に投票(賛成)しましたが、それは、
二カ国間の解決を支持するからです。
それが提供するのです、イスラエルとパレスチナ双方の存在する権利をです。
その人民が平和と安全のうちに生きるためのものです。
私は信じません、BDSがそれを達成するものだとは。
しかし、私は守り続けるでしょう、
その言論の自由を行使する人達を、
何の法的な脅威も無しにです。
さて、H.Res-246は、いかなる意味でも、
我々の修正第一条の権利を制限したり妨害するものではありません。
事実としては、これは、すべての米国民の言論の自由の行使を確認するものなのです、
米国外交ポリシーに賛成であれ、反対であれ。
そしてまた、イスラエルとパレスチナの人々が
安全で独立した状態、
恐れや暴力の無い状態でです。
そして互いに認め合うことです。
[00:02:00]——————————
我々の政府に行動に抗議する権利というのは、本質的なものです,
もし米国が本当に自由な社会であるならば。
ですから、我々の政府のなす、様々な政治的位置や選択に不同意であろうが、
我々全員が同意するのです、
全米国民がもつべきであると、これらの不同意の存在が知られ、
その見方による抗議が平和的に行われることをです。

ギャバードの言い分としては、こんなところですかね。

  • 言論の自由を侵害するいかなる法にも反対する
  • が、H.Res246はそうではなく、二国間での解決を支持するものである。
  • イスラエルとパレスチナ双方は平和に存在する権利がある。
  • が、BDS運動がそれを達成するとは思わない。

うーん、個人的には少々甘いような気がしますが。。。イスラエルという世界一の邪悪国家は、話し合いで何とかなる連中ではありませんからね。

とりあえず、そんなとこでした。

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6444/feed 0
シリア撤退でまたもや陰謀論者の大ウソ・大本営発表 https://www.jimakudaio.com/post-6438 https://www.jimakudaio.com/post-6438#respond Wed, 23 Oct 2019 02:41:39 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6438 もはや、ただの大本営発表になりさがってます。この人達は基本的に最初から結論が決まっているんですね。しかも、何度も何度も無反省に同じことをするわけです。

覚えちゃいませんが、昨年12月の撤退の時もこんな感じだったんでしょうねぇ。そしておそらく、撤退をテッカイした時はだんまりで、今回の撤退発表になると、これまでのトランプの「ウソ」はすべて忘れて「そら見ろ!トランプは撤退するじゃないか!」と大騒ぎするわけです。

が、残念でした。私が以前に書いた通り、撤退などしません。するわけが無いんです。これは論理的に完全に予測できることです。トランプには何の力もなく、物事を決めているのは軍産複合体・ディープステート・イスラエルあたりなのですから。

私自身も以前はトランプ支持者だったわけですし、QAnonフォロワーのフォローなどもしていましたが、いい加減おかしいと感じてきたわけですね。それが今年になってからです。それ以降は、批判的視点で見てきたわけです。そういう視点で見れば「ありえない」ことがわかるはずなんですがね。どうにもわからないらしいですね、大本営発表の方々には。

今回の騒動もまた、私自身の確信を強める結果になるだけでした。つまり、トランプは選挙公約を守ろうとはしてるんですが、周りがそれを絶対に許さないということです。トランプにはそれを乗り越えて信念を貫く力など一切ありません。結局のところ、彼は有権者にいい顔ができればそれでいいわけです。彼がディープステートやら軍産複合体やらの支配を破壊することなど、ありえませんね。

一つ一つの事例を丁寧に見ていけば、自ずと明らかになることなのですが、大本営発表の方々は一切しませんからいつまで経ってもわかりません。しかも、この件についてこれまでトランプが何をやってきたのか、そういった以前のことは一切無視します。ただただ「祝砲!」とか「粛清!」とか、そんな勢いのある言葉を使うだけのプロパガンディストです。

この人達はむしろディープステート側のスパイなんじゃないかと思う位です。少々目覚め、この世界がおかしいと気がついてる人達を、あらぬ方向に引っ張っていくためですね。こういうのをハーメルンの笛吹というらしいですよ。おそらくはQAnonもそうではないかと思いますけどね。この連中というのは「毎日トランプを拝めば何とかなる」といった、ただの信仰なんです。そういった信仰に引き入れるためのツールなのでは無いかとさえ思っていますね。

さて、今回のシリア撤退がウソというのは、数百人はシリアの油田地帯に残され、「ISISが奪還するのを阻止する」のだそうです。残りはイラクの戦場に行きます。ただ、イラク政府側が拒んでいるというニュースが入ってきたので、こちらはどうなるかわかりませんが。

撤退などしていません。それが客観的事実です。

また、「プーチン&トランプの連携プレー」と書いてありますが、これ自体が脳内妄想の類です。もちろん「連携していない」という証拠はありませんが、「連携している」証拠は一切ありませんし、仮にそうだとしても、それが出てくることはありえません。

この人物が、いかにただの脳内妄想の偽ニュースばかり流しているか、わかりますよね。

ただ、おおよそ人気のあるブログやツイッターアカウントというのは、こんなものばかりです。私も以前は毎日のように読んでましたが、自分で情報収集するようになると、いい加減わかってきたわけです。この連中は単なるプロパガンディストです。

こういった愚かな人達よりも、やはり海外の「いつも金がなくてピーピーしている」ジャーナリスト達をフォローした方が良いですね。金が無い理由は、YouTubeやGoogleに収益化を邪魔されるからです。

あ、それと「お前もトゥルシー・ギャバード信者じゃないか」と言われるかもしれませんが。そんなことはありません。今現在トゥルシー・ギャバードの「暗黒面」をお伝えしようと調査している最中です。それと、以下のような動画も字幕つけてますよ、人気が無いので途中ですが。

 

 

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6438/feed 0
トゥルシー・ギャバードが宣言:民主党予備選は、自分とヒラリーの戦いである。他候補者は代理に過ぎない https://www.jimakudaio.com/post-6428 https://www.jimakudaio.com/post-6428#respond Sat, 19 Oct 2019 02:56:19 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6428 ということですよ。

 

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6428/feed 0
トランプカルトの代表的思考形態 https://www.jimakudaio.com/post-6424 https://www.jimakudaio.com/post-6424#respond Fri, 18 Oct 2019 13:26:29 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6424 トランプカルト信者というのは、「トランプのやることは正しい」ので、トランプ自身の言動の矛盾点を追求しませんし、何か悪いことが起こっても「客観的証明も無い、極めてご都合主義的な説明」をひねくり出して安心してしまいます。

ネトウヨ等もそうなのですが、すべてのカルトというのは、そんな調子です。これらは単に、連中自身の頭の悪さを宣伝しているに過ぎないことが、頭の悪い連中にはわかっていません。

ジェイク・モーフォニオスが言ってました、これらは「ダニング=クルーガー効果」と呼ばれると。彼の解説としては、「あまりに頭が悪いため、自分の頭の悪さを理解できない」ということです。何かしら自分が素晴らしく頭が良く、すべてわかっているものだと錯覚するわけですね、そのバカの故にです。

こういった例は、愚かなトランプ信者がシリア完全勝利に際して言いそうなことで書きました。

例えばですね、トランプが選挙期間中にWikileaksを絶賛してたにも関わらず、アサンジ逮捕に知らん顔をしたことは問題にもしてません。アサンジが逮捕された時に、「実はアサンジは安全に確保されたのだ」などというバカな陰謀論をばら撒きながら、今でもアサンジが一日20時間以上独房に監禁されており、精神的に追い詰められていることは全く問題にもしません。不都合なので持ち出さないんです。アサンジ解放運動にも加わりません。世界中でやってるにも関わらずです。

さて、その典型例がパンティ・プーラの愚かなライターにも見られます。

トランプ大統領の大統領令からはじまった、ゲノム編集食品の「規制なき解禁」

こんなこと書いてますよ。

 今月、ゲノム編集食品の流通が解禁になりました。
安全性が疑問視される中での、こうした性急な規制なき解禁は、実は6月にトランプ大統領が大統領令に署名したことから始まっているといいます。
その大統領令の目的とは、規制を撤廃して、遺伝子組み換え食品やゲノム編集食品の開発や生産を促進して、日本などにも規制緩和させ、輸出を拡大させるというものです。つまり食の安全より食の支配、農業票の獲得の方が大事だということのようです。来年には大統領選が控えていますから。
時系列で追ってみると、大統領令でまず米国にとって不公平な貿易障壁を取り除くための戦略を立てるよう命じたとあります。
まさに日本ではゲノム編集食品を流通させるための動きが始まったころです。こうした大統領令が、日本で報じられることはありませんでしたが、厚労省も消費者庁もこの頃から、結論ありきのような性急な発言が始まっているのです。つまりこうした大統領令を忖度?したからこそ、消費者からの強い懸念があるにもかかわらず、ゲノム編集食品の安全性審査や表示義務の見送りが決められてしまったというわけです。(そもそも安倍政権は、昨年設置した統合イノベーション戦略会議で”ゲノム編集作物・食品は規制しない”方向を示していたので、大統領令は渡りに舟だったのかもしれません。出来レースにも見えますが)
同様に農水省は、米国で新種の遺伝子組み換え小麦が発見された際に、米国からの小麦を輸入停止しないという異例といわれる措置をとっています。アメリカ・ファーストということでしょうか。
そしてさらに米国においては、今まさにゲノム編集食品を有機に入れることを検討しようとしています。ゲノム編集によって問題ある変異が生まれるということが次々に明らかになっているにもかかわらずです。
そして、トランプ政権はゲノム編集の解禁に加え、ついには従来の遺伝子組み換えも同様に規制から外そうとしているというのです。安全性が疑われる遺伝子組み換えやゲノム編集の技術を、食を支配するために用いるとしたら、それこそ取り返しのつかない事態を引き起こしかねません。かたやロシアや中国は、安全性に疑問があるとして遺伝子組み換え作物の輸入や栽培を禁止しています。これは予防原則の観点からも当然だとおもいます。

ディープ・ステイト/カバールと戦うトランプ大統領の、敵を欺くためにはまず味方から!といった天才的な作戦にはいつも舌を巻いているので、こうしたバイオ食品への対応に関してもおそらく何かしら、命>金のどんでん返しがあるのでは??とどこかで少しは期待をしていたのですが。カバールはぜひとも一網打尽にしてもらいたいものです。しかし危険だとわかっている遺伝子組み換え食品やゲノム編集食品の規制はどんどん外されているのが現状です。生態系全体、全生命にかかわる危機は既にはじまっています。…とても残念です。

さあて、日本、古代ハスの種のごとき日本よ!
安倍叫喚地獄に咲く平安の花よ!
(しんしん丸)

このライターは、とてつもなくバカなので、トランプが日本人の敵であることが、どうしても理解できないようです。客観的にどう見てもそうなんですけどね(笑)。

「ディープ・ステイト/カバールと戦うトランプ大統領の、敵を欺くためにはまず味方から!といった天才的な作戦にはいつも舌を巻いている」などと言ってますが、そんな証明はどこにもありません。そんな客観的な証明があるならば出してきて欲しいものですがね。。。見たことありませんよ。

ただの脳内妄想に過ぎないのです。常に始めに結論ありきで、その結論に向かって単なる妄想を膨らませただけのものなんですが、あまりに低能であるがゆえ、ただの妄想であることにも気がつきません。

もちろん、これはその上のインチキ・キ*ガイ詐欺師の竹下某によるところも大きいわけですがね。まるで神様気取りで常にデタラメを流してますが、それがこのパンティプーラの基本的な方向性になってしまっているため、この愚かなライターもそこから逃れることができないのです。カルトとはこういうものですよね。

 

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6424/feed 0
愚かなトランプ信者がシリア完全勝利に際して言いそうなこと https://www.jimakudaio.com/post-6419 https://www.jimakudaio.com/post-6419#respond Tue, 15 Oct 2019 11:28:01 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6419 安倍信者と同様に、トランプ信者というのもカルト宗教の一種でして、カルトというのは、自らに都合の良いことは何の根拠もなく言い放ってしまいますね。

連中のこれまでのバカな言い分としては、「トランプは四次元チェスをしている、天才だ」というものです。しかし、仮に、仮にですよ、トランプが「四次元チェス」なるものをしていたとしても、この連中はそれを全く予測できないし、事実も把握していないのです。

ですから、「トランプ支持」ということ自体がまやかしです、一切何もわかっていないのですから。ただの宗教的信念にすぎないのです。

さて、今回の米軍「撤退」なるものについて、バカなトランプ支持者は「やった、撤退した。やはりトランプは平和の使者だ」みたいなこと言ってますが、まだ全然撤退してませんし、昨年12月にトランプが撤退を宣言して撤回したという前科も忘れているようですね。

で、愚かなトランプ支持者が今回言いそうなこととしては、こうですよ。

シリア政府とクルド人が仲直りしたじゃないか。これでシリア政府がシリア全体を掌握できるし、クルド人も平和に暮らせるし、トルコも侵略をやめるつもりだ。やっぱりトランプの四次元チェスのおかげだ。

みたいな。。。(笑)。もう予測できますね。

その一方で、米軍は絶対に撤退しませんよ。まぁここで断言してしまうと、撤退した時に私が困るんですが(笑)、少なくともぐずぐずと引き伸ばすでしょうね。なんだかんだ理由をつけて。

トランプ支持者というのは、この程度です。都合の良い話をひねくり出し、それに飛びつき、以前のことは忘れてしまうんです。

例えばですね、トランプが選挙期間中にWikileaksを絶賛してたにも関わらず、アサンジ逮捕に知らん顔をしたことは問題にもしてません。アサンジが逮捕された時に、「実はアサンジは安全に確保されたのだ」などというバカな陰謀論をばら撒きながら、今でもアサンジが一日20時間以上独房に監禁されており、精神的に追い詰められていることは全く問題にもしません。不都合なので持ち出さないんです。アサンジ解放運動にも加わりません。世界中でやってるにも関わらずです。

この連中というのは、ただの大本営発表に過ぎないんです。

大本営発表のみを追い求め、それを信じ込み、バンザイバンザイとやってるだけなんですね。

今の時代は当時と異なり、ありとあらゆる情報で満ちているにも関わらず、自ら進んで気持ちの良くなれる情報のみを追い求めるわけです。不都合、あるいは不快な情報は排除します。

それが安倍信者、トランプ信者というものです。本質は全く同じなのです。

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6419/feed 0
カルト詐欺集団QArmyJapanをどうするか? https://www.jimakudaio.com/post-6414 https://www.jimakudaio.com/post-6414#respond Tue, 15 Oct 2019 10:49:44 +0000 https://www.jimakudaio.com/?p=6414 またもQArmyJapanの元メンバーの方からお話しを聞くことができました。今回は結構深いところまでわかりましたよ。

ここでどの程度まで書いていいのかわからないので、今回詳細を書くことはやめときますが、しかし思ったことは、Eriが確実にサイコパスか何かの精神障害だということです。まさにデタラメし放題ですよ、この女は。

また、Eriのまわりにいる現メンバーもまた、頭のおかしな方ばかりということもわかりました。

先の元メンバーの方によれば、これ以上被害者を増やしたく無いとのこと。私の見方としても、このままだと(これは私が最初から言っていることなのですが)、カルト教団化するでしょうね。デタラメを吹聴してまわり、それを信じ込んでしまうウブな人々から金を巻き上げるということです。

何らかの対策を立ち上げねばならないと感じています。少なくとも、この女とそのまわりの連中のデタラメ、これまでの皆さんの被害状況はまとめていかなければならないと思います。

この女は、Aさんを救う、人類を救う云々と称して金をとっておきながら、自分が気に入らなくなると、あるいは全く何の理由もなく「工作員」のレッテルを貼り、放り出しているのが紛れもない事実です。おそらくこれまでに多数そういった目に会ってる人がいるでしょうねぇ。。。

ただ、一つだけ彼から聞いたことをお教えしましょう。Eriは相変わらずQArmyJapanと名乗っていますが、QArmyJapanでは無いそうです。

つまり、もともとドイツ人のイーグルと名乗る女性からQArmyJapanとして任命されたとのことですが、仲が悪くなり、イーグルがEriに対して撤回したんだそうですよ(笑)。ですから、今EriがQArmyJapanですと名乗ってること自体も真っ赤なウソなんです。

もちろん、私の立ち位置としては、QArmyなるもの自体が全くのウソ・デタラメ・でっち上げなんですけどね。

]]>
https://www.jimakudaio.com/post-6414/feed 0