ヘルスレンジャーがYouTube検閲に対抗してreal.videoを発表

2018年3月9日

YouTubeに全ビデオ削除される以前からこの話は出てました。今年中と言ってましたが、早めたんでしょうね。字幕大王でもこの動きをサポートしていきたいと思いますが、ただ埋め込みAPIが用意されてないと本システムでの字幕付けはできないので、しばらくはYouTubeにアップしてということになるかもしれません。

naturalnewsのHealth Ranger announces Real.Video as “the answer to YouTube censorship” … bypass tyranny and censorship with p2p file sharingより

テクノロジー専制者が言論の自由を破壊しようとするとき、いつも反動にあうことになる。YouTubeは私のヘルスレンジャーチャンネルをまるごと削除した、先週土曜のことだ。これには何の正当な理由も無い。私には明らかなことだが、今こそP2Pファイル配布テクノロジーの引き金を引くときだ。私はこれを数年にわたって研究してきた。

Google、YouTube、Facebook、Twitterは人間の自由に宣戦布告している。連中は、純粋に政治的バイアスに基づき選択的にコンテンツを削除することに決めたのだ。その過程で人間の知識と自由にとって極めて貴重なチャンネルを根こそぎにしている。今や報道の自由が、こういったテクノロジー専制者によって完全に破壊されていることを理解せよ。こいつらは、過激左派の泣き虫野郎に感染されてしまっているのだ。今や彼らは、そういった連中の「信頼通報者」として、連中のターゲットを選択的に検閲する役割をしている。

これは否定しようがない。我々はテクノロジー独裁体制の下なのである。連中の行動はひどいものだ、そして、いかなる自由な社会にとっても危険だ。しかし、連中はまた、専制と中央集権化抑圧に反対するイノベーションとレジスタンスに拍車をかけることになった。

だから私は今週、real.videoのティーザーを行ったのだ。ウェブサイトを訪問して欲しい。

real.videoはp2pファイル共有テクノロジーを用い、YouTubeの検閲をバイパスする

real.videoは、ビデオや他のコンテンツのためのp2pファイルシェアリングインフラである(他にもオーディオ、PDF、テキスト、HTMLをサポートする)。重要なことは、real.videoはビデオホスティングサイトではないことだ。なぜなら、いかなる中央集権化されたホスティングプラットフォームであれ、行われうるからだ、強力な検閲、法的な嫌がらせ、政府による急襲、そして全体主義体制の行うすべての通常の戦術である(例えば、今日の米国の「左派カルト」によるものだ)。これが反対者を沈黙させ、言論の自由の破壊のために行われる。

real.videoは人々が言論の自由のビデオ、ポッドキャスト、文書を受け取るために用いることのできる方法だ。そしてこれは特定の中央サーバにホスティングされるものではない。このため、連中が簡単に検閲したり、シャットダウンすることはできないものだ。

コンテンツクリエータ、つまり、独立ライター、ブロードキャスター、インディニュースのリーダー達が、このシステム上のチャンネルを作るよう正体されている。いかなるビデオあるいはポッドキャストであれ、彼らが自身のチャンネルにアップすれば、それは自動的にシステム全体にコピーされていく、そして、君のWindows PC、Macノート、AndroidやiPhoneデバイスに配信されるのだ。これが検閲をバイパスし、ファイルをもたらしてくる、このようにし長期間の安全とプライバシーを達成することができるのだ。

我々は既に多くのインディメディアチャンネルから参加の意思表示を受けている。これには以下がある。

  • Natural News
  • InfoWars
  • Next News Network
  • Activeist Post
  • SGT Report
  • The Gateway Pundit

気づいただろうか、これらのチャンネルすべてに共通しているのは、、情け容赦なくターゲットにされ検閲され停止されていることだ、youTube/Google、あるいは他のテクノロジー専制者からである。

もし、君がインディメディア・コンテンツクリエータで、チャンネルを持ちたいと思うのであれば、real.videoでの招待リクエストを要求して欲しい。

エンドユーザの自由とコンテンツクリエータの自由

最も驚くべきことは、我々がこのシステムのこれほどまで効率良くお膳立てできたことだ。だから、このシステムを使うのに課金の必要はない。確認しておこう。コンテンツクリエータはシステムを無料で使用できる。そして、エンドユーザもまた無料で利用できるのだ。

それが可能である理由は、我々がバンド幅に金を払わないからだ。p2pシェアリングエコシステムのトポロジーは、ファイルシェアを達成するために「ピアのバンド幅」に頼っている。言い換えれば、システムを利用するまさにその人々が必要なバンド幅を提供しているのだ。

キュレートされたチャンネル

ところで、このシステムは、「誰にとっても自由」ではなく、いかなるコンテンツクリエータにも開かれているわけではない。コンテンツクリエータが、システム・アクセスするには、招待されなければならない。この意味は、反自由の左派カルトメンバー、自由と民主主義を嫌う連中がこのネットワークを連中の幻想的反理性的レトリックで汚すことはできない。

D.tubeとBitchute.comとの共存

D.TubeとBitchute.comは、YouTube代替として有望なものだ。是非これらを実際にチェックしてもらいたい。特にreal.videoはこれらの二つの組織と張り合うものではない。これらとは、ユニークな新手の方法として共存するのだ、いかなる中央サーバの要求もなくビデオを配布するための方法として。

さらに、real.videoはICOを持たない。これはベイパーウェアやVCパイプドリームでも無いのだ。real.videoにパワーを与えるもとのテクノロジーは、少なくとも10年は存在してきたものであり、もはや成熟しており、他のアプリケーションにも幅広く利用されている。我々のイノベーションとしては、このテクノロジーを少々変更したことだ、独立メディアジャーナリスト、科学者、ホリスティック医師の言論の自由を守るためにだ。

今日、招待の要求をしてくれ。ラウンチの時には知らせよう

real.videoは完全にテストし、配布されるまでに数ヶ月を要することだろう。我々は、今日サインアップした方にアルファ・ベータ招待を送ることになる。だから、もし早期ユーザや早期コンテンツクリエータになってシステムに参加したければ、すぐにサインアップして欲しい。

その一方で、我々はすべてのコンテンツクリエータに、すべてのコンテンツファイルを、可能であれば光学ストレージにセーブするよう呼びかけている。100ドル以下でDVD書き込みデバイスがオンラインで手に入るだろう、これで100GB以上の書き込みができる。2ドルの長期保存の光学ディスク一枚あたりだ。磁気ストレージメディアは、極めてデータロスの可能性が大きい(EMP攻撃、浸水のダメージ、磁気劣化によって)、すべてを光学フォーマットにしておく必要がある。

real.videoがラウンチしたら、君のコンピュータにこれらのファイルを「種まき」する。すると、p2pクラウドを通して、それがコピーされることになる。その時点から君のファイルはある種の永遠の生命を持つことになるのだ。

我々による人間の知識と自由のための重要なテクノロジーの構築を待っていてくれて感謝する。

Googleは人類に戦争を仕掛けている。今こそ人類が邪悪と抑圧に反撃するときだ。