要領を得ない共同記者の記事

2018年9月17日

たまたまこんな記事を見てしまったので、メモ書き程度に書いておくわけですが。。。

ロシア、日本の領土主張「全く受け入れる気なし」

共同通信の太田清という人間の記事ですが、これ読んで意味わかりますか?私には全くわかりませんでした。

「プーチン氏は(日本側の回答に)何も期待していない」

クナーゼ氏はまた、プーチン氏の提案を受け入れ、前提条件なしで平和条約を結ぶことは安倍晋三首相にとり「政治的自殺ともなる」として、首相が受け入れることはあり得ないとの考えも示した。

というんですが、なぜ安倍にとって政治的自殺なんでしょうか?この記者はそこを考察する頭が無いんでしょうかね?

もちろん私の想像としては、前に書いた通り、「北方領土返還以前に平和条約を締結してお互いに敵対行為はやめようねなどと約束してしまうと、北方領土に米軍基地が作れなくなる」からなんですが、私としてはこの想像が正しいのか間違いなのか確認したいわけです。私の単なる妄想の結果なのか、あるいは事実以外の何物でも無いのかをです。

そして、私の想像の延長線上で行けば、「安倍にとって政治的自殺」というのは、米国CIA言いなりの傀儡政権でしかない安倍が、勝手にロシアとそんな約束(北方領土に米軍基地を作らないなどという約束)をしてしまえば、一夜にしてクビが飛ぶということです。

ところが、この共同通信のこれまたウソつきの太田清は、そこには一切つっこまないんですね。「なぜ安倍にとって政治的自殺なのか」「なぜプーチンは何も期待していないのか」。さっぱり一切何もわからない記事となっておりますね。

しかし、万が一、もし私の想像通りであれば、このウソつき記者が何も説明しないことの理由は合点が行くというものです。なぜなら、これは以下を示しているわけです。

  • 日本は全く独立国などではない
  • はなから北方領土には米軍基地を作る予定である

ということですよ。こんなことが少しでもバレるような記事は、政府御用メディアとして一切書けないでしょうねぇ。。。だからメディア・記者などというものには一切合切真実などというものは無いんです。

太田清記者からの反論お待ちしております。