ワクチン強制を決定的に避ける方法

 

Notice Of Liability

昨年2020年の4,5月頃のことかと思うのですが、既にアンドリュー・カウフマンがワクチン強制接種を予測しており、その対処方法を話していました。

※以下の動画でEmPowerと書いているのはInPowerの間違いです。ウェブサイトはhttps://www.inpowermovement.com/です。

フル動画は、HighImpactFlix:医師が詐欺デミックを吹き飛ばす。アンドリュー・カウフマンインタビューです。

国は企業であり、憲法は最高法ではない

以下は、カル・ワシントン自身の話です。これが日本にも適用されるものかは不明です。ともあれ、たとえ憲法や法律で強制されようが、その上位法のコモン・ローや海事法によって「すべては契約」と規定されているのだから、ワクチンを受ける受けないも契約だということです。

もちろん、こんなことは一般の人は知らないし、下級裁判所の人も知らないでしょう。ちょうど、市中銀行が勝手にお金を作っていること(単に通帳に金額を記入するだけ)を、一般の人も銀行の支店長クラスさえほとんどが知らないことと同様です。

フル動画は、InPowerエピソード1、法的責任大衆行動(2017)です。

具体的にはどうすれば?

先のInPowerのサイトのメンバーになれば、Notice Of Liabilityの英語の雛形があり、空欄を埋めるだけで簡単に文書ができるようですが、ワクチン強制にも有効なのか、日本でも有効なものなのかはわかりません。

とりあえず、以前に私が自分で考えて作成したものが、新型コロナウイルスワクチン接種受諾契約書にあります。これも法的に有効かどうかはわかりません。

しかし、簡単なことなんです。単純に言えばこういうことです。

 

未分類

Posted by ysugimura