Moto G7 PlusにLineageOSをインストールする(後編)

Moto G7 PlusにLineageOSをインストールする(前編)の続きである。前編の難所としては、モトローラのウェブにOEMロック解除キー用の文字列を入力して、メールで解除キーをもらい、それをスマフォに投入してOEMロックを解除するということだが、丁寧にやっていけば必ず可能であり、難しくは無いと思う。

OEMロックが解除できたところで、次はいよいよLineageOSをインストールしていく。

https://wiki.lineageos.org/devices/lake/installの「Temporarily booting a custom recovery using fastboot」以降を行えば良い。これは以下の手順になる。

  • リカバリイメージをスマフォに投入する
  • リカバリイメージでスマフォを起動して、そこからcopy-partitionsというものを投入する(スマフォ内部のドライブ領域のパーティションに関するものらしい)
  • リカバリイメージでスマフォを起動して、LineageOSを投入する

必要なファイルのダウンロード

上記の手順で三つのファイルを使うので、これをあらかじめダウンロードしておく。リカバリイメージとLineageOSについては、ここから現時点の最新をダウンロードした。

copy-partitionsについては、現時点ではここにあるが、説明本文中を確認すること。

結局、以下の三つになる。

リカバリイメージの投入

まず、スマフォは以下の状態になっている。

この状態で、「fastboot flash boot *-recovery-lake.img」を投入する。*部分はバージョンによって異なる。

C:\Users\admin\Desktop>fastboot flash boot lineage-18.1-20210921-recovery-lake.img
(bootloader) is-logical:boot_b: not found
Sending ‘boot_b’ (23069 KB) OKAY [ 0.513s]
Writing ‘boot_b’ OKAY [ 0.692s]
Finished. Total time: 1.399s

C:\Users\admin\Desktop>

スマフォをリカバリモードにする

スマフォをリカバリモードにする。ボリュームボタンで「RECOVERY MODE」をメニュー選択し、電源ボタンを押す。

起動途中に恐ろしげな表示になるが、気にしない。

リカバリモードになった。これ以降は、パソコン側からの指示と、スマフォのリカバリモードのメニュータップで操作するので、ボリュームボタンと電源ボタンは触らない。

 

copy-partitionsを投入する

スマフォ上で「Apply Update」をタップし、次に「Apply from ADB」をタップする。以下のような表示になる。

この状態で「adb sideload copy-partitions-20210323_1922.zip」を投入する。スマフォ上では、「Signature verification failed、Install anyway?」と表示されるが、Yesで良い。

最終的に、スマフォは以下の表示になる。

フォーマット

スマフォ左上の「←」をタップして、トップメニューに戻る。リカバリモード画面の「Factory Reset」をタップし、「Format data/factory reset」をタップし、さらに「Format data」をタップする。これはほとんど即座に終了する。左上の「←」をタップしてメインメニューに戻る。

LineageOSの投入

「Apply Update」をタップし、「Apply from ADB」をタップする。PC側では、「adb sideload lineage-*-lake-signed.zip」を投入する。*部分はバージョンによって異なる。この処理には少々時間がかかる。

C:\Users\admin\Desktop>adb sideload lineage-18.1-20210921-nightly-lake-signed.zip
Total xfer: 1.00x

C:\Users\admin\Desktop>

最終的にスマフォは以下の表示になる。

左上の「←」でメインメニューに戻り「Reboot system now」をタップする。先程も出た恐ろしげな表示の後に、LineageOSの起動画面が表示されるはず。

未分類

Posted by ysugimura