ファイザーのデータは、「安全で効果的」のマントラと矛盾

CHD Says Pfizer and FDA Dropped Data Bombshell on COVID Vaccine Consumers 

 


 

CHDが発表、ファイザーとFDAがCOVIDワクチン消費者にデータ爆弾を投下した。
臨床試験データは「安全で効果的」という政府・業界のマントラと矛盾している。

2022年03月03日 15:54 ET|情報提供元:CHD

ワシントンDC 2022年3月3日 (GLOBE NEWSWIRE) — 米国食品医薬品局(FDA)の生物製剤評価研究センター(CBER)は、火曜日に公開した55000ページに及ぶ一連の文書において、ファイザーがFDAに提出したデータを初めて一般公開することを認めた。これは、ファイザーがその臨床試験からCOVID-19ワクチンのライセンスの根拠としたものだ。米国連邦地裁判事Mark T. Pittman連邦地裁判事が1月6日、FDAの75年間のデータ非公開を却下する決定に従うものだ。FDAは「リソースが限られている」から非公開が必要と主張したのである。

この文書に含まれる38ページの報告書には、付録として「特記すべき有害事象リスト」があり、ワクチン接種後の1,291種類の有害事象が列挙されている。このリストに含まれるのは、急性腎障害、急性弛緩性脊髄炎、抗精子抗体陽性、脳幹塞栓症、脳幹血栓症、心停止、心不全、心室血栓症、心原性ショック、中枢神経系血管炎、新生児死亡、が含まれる。深部静脈血栓症、脳幹脳炎、出血性脳炎、前頭葉てんかん、口から泡を吹く、てんかん性精神病、顔面神経麻痺、胎児仮死症候群、消化管アミロイドーシス、全般性強直間代発作、橋本病脳症。肝血管血栓症、帯状疱疹再活性化、免疫介在性肝炎、間質性肺疾患、頸静脈塞栓症、若年性ミオクロニーてんかん、肝障害、低出生体重、小児の多系統炎症症候群、心筋炎、新生児けいれん、膵炎、肺炎、死産、頻脈、側頭葉てんかん、精巣自己免疫、血栓性脳梗塞、1型糖尿病、新生児静脈血栓症、椎骨動脈血栓症など、ワクチン接種後の病状1,246例がある。

「これは爆弾だ」とChildren’s Health Defense (CHD) の代表兼法律顧問のMary Holland氏は言う。「少なくとも、FDAとファイザーがなぜこのデータを75年間も隠蔽しようとしたのか、今ならわかる。これらの知見は、ファイザー社のCOVIDワクチンに即座に終止符を打つべきものだ。深刻な害を及ぼす可能性は非常に明確だが、ワクチンで障害を受けた人が損害賠償のためにファイザーを訴えることは禁止されているのだ。」

米国政府は、2022年4月30日までに配布される5歳以下の小児を対象としたファイザー社製ワクチンを既に5000万回分購入しているが、FDAはこの年齢層に対する緊急使用許可(EUA)をまだ与えていない。健康な子供へのCOVIDによる重傷または死亡のリスクは実質的にゼロであり、今のところ、このワクチンは幼児に使用しても効果がない。

The Guardianによれば、「ファイザーは、昨年、そのCovid-19ワクチンで約370億ドル(270億ポンド)を売上げ、史上最も儲かる製品の一つとなっており、2022年も、Covid-19錠剤Paxlovidによる大きな後押しで、またも当たり年を予測している。」とのことである。バイデン大統領は、ファイザーのデータが公開されたのと同じ火曜日、一般教書演説でPaxlovidを宣伝した。「Test to Treatの取り組みを開始するので、人々は薬局で検査を受け、陽性であればその場で抗ウイルス薬を無料で受け取ることができる」とバイデン大統領は演説の中で述べた。

2020年12月中旬から2022年2月18日までに、米国政府のデータベース「ワクチン有害事象報告システム(VAERS)」には、COVID接種後の死亡者24,402人を含む1,134,984件の有害事象の報告が寄せられている。さらに、米国における心筋炎および心膜炎の症例は4,021件で、ファイザー関連が2,475件、Moderna関連が1,364件、J&J社のCOVIDワクチンで171件発生している。この中には、12歳から17歳の小児における心筋炎および心膜炎の報告が643件含まれる。

Holland氏は、「この極めて危険な製品に乳幼児をさらすことは犯罪行為である」と述べる。「VAERSのデータは、ワクチンが何百万人もの人々に与えている破滅的な健康への影響を示しているが、ファイザーと他のワクチンメーカーは、彼らのワクチンによる怪我や死亡に対して責任を問われる恐れもなく、何十億ドルもの金を巻き上げているのだ」

FDAが製薬業界の利益を支えるためにこれらのデータを抑制しようとするのは、この国の公衆衛生システムにおける新たな現象ではない。製薬会社の腐敗と、製薬業界と政府の規制機関との緊密な関係については、「The Real Anthony Fauci: Bill Gates, Big Pharma and the Global War on Democracy and Public Health」を読んでほしい、CHD議長兼主任弁護士ロバート・F・ケネディJr.によるものだ。

###

Children’s Health Defenseは、501(c)(3)の非営利団体である。その使命は、有害な暴露を排除し、責任者に責任を取らせ、将来の被害を防止するための保護措置を確立するために積極的に活動することにより、小児の健康伝染病を終わらせることである。詳細は、ChildrensHealthDefense.orgをご覧いただきたい。

未分類

Posted by ysugimura