皮膚感覚ではウソとわかっているはず

2020年5月22日

地方に住む私は、月に一度は東京に出ることがあります。もちろんノートパソコン持って、移動中にも字幕づけしてたりします。

先日は四泊してきましたが、ホテルがめちゃくちゃ安いこと。おそらくふだんは1万近いであろうホテルも3150円で泊まれました。可哀想な位安いです。暇のある方はこの機会ですから、いろんなホテルを経験してみると良いと思います。

で、かなり時間があったので、貸し自転車で回ってみました。おおよそ日暮里、上野、銀座といったところです。電車で吉祥寺にも行きましたが。当然、開いてる店舗、閉めてる店舗と分かれ、開いてるところも人はまばら。デパートは閉鎖で、テナントはたまったもんではありませんね。

特にひどいと思ったのは浅草で、こんなに人がいない浅草は滅多に見れませんよ。まず中国人観光客が全然いない。ですから、字幕大王を見ていて「こんなもの全くの嘘っぱち」とわかってる方は、安いホテルに泊まってあげて、浅草観光しましょう。まぁ、仲見世などはぼ閉まってますけど、浅草寺は普通に見れます。もちろんスカイツリーは閉まってますけどね。

浅草行くと天ぷら食べるわけですが、今回は大黒屋さんにしました(ってグルメ紀行かよ)。

見た目ドギツそうですが、意外に淡白な味です。ですが、二度目は無いかな。はやりこれまでのところは、土手の伊勢屋さんですかね。ちなみにこんなものもありましたよ。これも浅草。

そして、馬鹿なものを見つけたので写真とりました。これは浅草寺近くの公園なんですが。。。

なぜにあっちは禁止で、こっちは可なのでしょう?以下も同じ。

意味わかりません。子供連れで遊びに来ていたお母さんに聞いてみましたが、わからないとのこと。

たぶん、上から「ジャングルジムは禁止」などというテキトーな命令が来て、自分で考えもしない、脳みそというものを持っていない奴隷の方々がテープ貼ってるんでしょうね。本当にご愁傷様です。

次は新富町の公園です。

ズームがなかったので、寄れませんでしたが、雨除けの屋根に「2メートル間隔を開けましょう」と書いてあるわけですが、子どもたちは構わず、マスクもせずに団子になってます。

次は井の頭公園ですね。モデルは全然知らない人です。

「公園の利用を自粛してください」なんだそうです。そして、既に湖ボートも休業中。これがどうコロナに関係するのか、全く理解不能です。

なんかこう、「とにかく自粛すれば乗り切れるんだ!」みたいな、精神論でしか無いわけですよ、仮に強力な致死性のコロナが存在するとしてもです。全く非科学的です。

で、写真がありませんが、東京の狭いスーパーなどに行ってみると、レジ待ちの列は一応間隔を開けるようになっているものの、売り場は普通にごったがえしてますよ。田舎と違って敷地狭いですからね。

さらに、上野でカットのみの床屋をとうとう見つけました。QBハウスも軒並み閉まってるし、困ってたわけなんですが、やっと髪を切りました。そこの兄ちゃんに「心配すんな、こんなもの嘘っぱち、インフルより致死率は低い、ワクチン会社の儲けのためだ。問題無いから安心しろ」と言ってやりました。さすがに「ウイルス自体がウソ」という説明は長くなるので、やめときましたが。

ともあれ、思ったことは、皮膚感覚では、これがバカバカしいことだと皆わかってるんじゃないですかね?兎にも角にも上がああ言ってるから一応従っておこうという感覚じゃないかと思うわけです。

テレビや新聞で報道される凶悪事件と同じなんですが、これこれの凶悪事件が起こった、気をつけましょうと言われるんですが、しかし身の回りにはそういった被害者はいないわけです。実感できないんですね。

こんなに感染力が強く、致死的なのに、みな普通にスーパーで買い物してるし、子供は気にせず遊んでるし、一体全体何が問題なんだと、心の奥底では思ってると思いますよ。

しかし、「政府・メディアがそう言うからそうなんだろう」と思ってるだけなわけです。これを洗脳というのは、たやすいのですが、何か根本的にこれを改革しないといけないような気がしますね。なぜなら、これはもう、戦前から行われてきた~もしかして、文明開化あたりから?~ことだからです。

 

未分類

Posted by ysugimura