「日本と子どもの未来を考える会」の不透明性

追加:この記事を書いた後に次のような発表がありました。

以下は元の記事です。


この会は非常に不透明ですので、皆さんに警告を発しておきます。以下は私の見聞きしたことからの判断ですので、別の見方もあるかもしれません。あくまでも私の印象です。

こういうことを書くとまた「お前は運動を分断するのか!」とか言われそうなんですが、これまでの経緯を知ってる者、現在の事実をみている者であれば、誰でも思う疑問点かと思います。あまりに不自然なのです。

このTwitterアカウントは誰のものなのか?

まず、https://twitter.com/nikomikai1というツイッターアカウントがあり、公式ブログhttps://ameblo.jp/kodomo-mirai-2020/というものがあるのですが、これを書いているのがいかなる人物なのか一切の紹介がありません。

事情で顔出し名前出しはできなくとも、例えば「二児の母親で、教師をしています」といった自己紹介位はかけるはずでしょう。それさえも一切無いのです。何者なのかわかりません。

しかし、サスケという「代表者」よりも決定権があるようなのです。これ自体が不可解です。サスケは単に表向きの「顔」として使われているだけであり、本来はこの方が実権を握っているようなのですが、どこの誰なのかさっぱりわかりません。不自然だと思いませんか?

おそらくは以下の声明も、何かしらの合議によるものというよりも、この方の一存で発せられているものと思われます。再度ですが、「当会」を名乗る者が誰なのかわかりません。

表に出ている人達は以前平塚側に参加していた人達

先日の2020/9/21の国会議事堂前のデモなのですが、「代表者」のサスケを含めて表に出ていた司会者・スタッフ、一部弁士は、すべて以前平塚に協力するか、都知事選やクラスターデモで演説していた人達なのです。

それがごそっと「日本と子どもの未来を考える会」に移動しているんですね。なぜでしょうか?この時期としては、平塚とサスケが仲違い(?)した時期あたりかと思われます。

サスケはともかく、他まで集団で移動した合理的説明が全く思いつかないのです。平塚の方は全くブレていませんから、何かしらの「意思」があったと考えざるをえません。

 

武士道の大きな露出割合

そして、与国夫妻の武士道が大きく露出していたこともまた特徴的です。実際のプログラムがこの通りだったか明確には覚えていませんが、渡されたものは以下でした。

なぜか与国夫妻が連続してトリを努めており、さらに武士道の登りも大きく目立っていたと思います。ちなみに与国秀行とは以下のような人物です。

 

 

平塚の言論を妨害するアンチの行動を是認するサスケ、アンチと仲良くするスタッフ

「代表者」であるサスケの行動に大きな問題のあることは、言論の破壊者サスケは排除されねばならないで説明した通りです。本人達が確かな証拠を残しているので、言い逃れはできません。

また、「マスクつけろ」と言って、渋谷クラスターデモにおける平塚の言論を妨害するアンチ達は、なぜか国会議事堂前デモでは、全くおとなしいのです。しかもスタッフと記念写真まで撮影しています。

左から、せいや(漢字不明)、粒あん、愛国会新妻(平塚アンチ)、サスケ

ちなみに粒あんは武士道のメンバーです。本人が動画で言ってます。

左から、愛国会新妻(平塚アンチ)、IZANAGI JUN、サスケ、YouTuber納豆キナーゼ(平塚アンチ)

誰か説明してくれませんか?

いくら推測を働かせても、何故こういう状況になっているのかわからないのです。明らかに不自然で論理的にも矛盾している点があり、私としては非常に不審を感じているというわけです。

どなたかすっきりと説明してくれる方はいませんかね?

未分類

Posted by ysugimura