ジム・アコスタの災難

CNNのホワイトハウス担当記者のジム・アコスタです。トランプ相手に道化役をいかんなく発揮していますね。

トランプがCNNを偽ニュースと名指し(2017/1)

思えば、この人に注目したのは、まだ大統領就任前の記者会見でした。2017/1/11ですね。こんなのです。

–我々を攻撃するなら、質問させてください。ミスター大統領当選者。
そちら質問をどうぞ。
–我々のニュース組織を攻撃するのなら、チャンスをください。
お前じゃない。お前じゃない。
–我々のニュース組織を攻撃するのですから、質問のチャンスをください、サー。
お前らのニュース組織は最悪だ。そちらが質問しなさい。
静かに、静かに。
–ミスター大統領当選者。
–あなたがおっしゃるように。。。質問の機会をください。
彼女が質問しているんだ。無作法だぞ。
無礼だぞ。無礼だ。お前には質問させない。
–我々を攻撃しているんです、質問させてください。
お前には質問させない、お前らは偽ニュースだ。

トランプ最高です、今から思えば、これほどきっぱり明確にしていることが。「お前らには質問させない。偽ニュースだから」ですから。

で、この件は日本語Wikipediaにも記述がありますが、これです。Wikipedia:ジム・アコスタ。これ書いた人ウソついてますね。CNN側の報道を引いてこう書いてますけど、

 2017年1月11日、トランプタワーで行われたドナルド・トランプの大統領選挙後初の記者会見で、アコスタは大統領選中のロシアとの関係について質問しようとしたが、トランプはバズフィードとCNNを批判し質問への応答を無視した[3]。

やりとりを見ればわかりますが、トランプは、はなから「偽ニュースだから質問は受けない」と言っているのであって、「質問への応答を無視した」わけではありませんね。どうしてこういうウソを書くんですかね?

トランプがレポーターをもてあそぶ(2017/2)

次は大統領就任後です。またも、ジム・アコスタ君と対峙してます。

 –あなたが我々のネットワークを偽ニュースと攻撃したために、
「偽ニュース」から変えましたけどね。
「非常な偽ニュース」(Very Fake News)とね。
どうぞ。

出ました、有名な言葉、Very Fake Newsはここが発祥ですよ、みなさん。って誰も知らないか。。。

タンパのトランプ集会でのジム・アコスタ、サラ・サンダースに怒りをぶちまける(2018/7)

で、しばらく名前を聞かないと思ったら、またやりました。というか、やられました。フロリダのタンパで行われたトランプ支持集会をライブ中継中に、群衆から「CNNはひどい」という罵声を浴びたわけです。この模様が以下です。

さすがに怒ったジム・アコスタ君は、この怒りの矛先をサラ・サンダースに向けました。

しかし、あなたは言ってませんね、
「報道は人々の敵ではない」とは。
思うに、これは良いことかもしれません、
もしここで言っていただけるのであれば。
このプレスブリーフィングでですね。
この部屋に今集まっていますから。
毎日彼らの仕事をしています。
質問をしているんです、当局者に。
あなたが先に連れてきた人のような方にですね。
我々は人々の敵ではないと。
我々はそれに値すると思うんです。

しかし、サラはサラの方で、自分がいかにひどい状態に陥ってるかを主張してます。

私は最初の報道官なんです、米国史上、
シークレットサービスの保護が必要になった。
メディアは増加させ続けています、
大統領に対する言葉の攻撃と、この政権の全員にです。

独立メディアの報道

ジミー・ドアです。ジム・アコスタを本当に厳しく批判してます。

「CNNはひどい」と言っているのは、トランプだけではないと。実際にバーニー・サンダースの支持集会でも群衆が「CNNはひどい」と連呼している模様や、ニューヨークの普通のデモ隊が「ファックCNN」と連呼する模様などを取り上げてますね。

さらに、ジミー・ドアとしては、かなり辛辣な言葉で批判してると思います。そして、メディアがどうしようも無いから(コメディアンである)自分がこの番組をやってるのだと。これは以前にも言ってました。

そして、HighImpactFlixのブライアンです。明確にしてますね。メディアというものが人々の敵であり、これまでCNNがいかにして人々を騙してきたかを。まだ字幕が途中ですが。。。

以前から何度も何度もあちこちで言われていることなんですが、再度、CNNがいかにウソばかりついているかがわかります。