ビル・ゲイツと世界のエリートは子供にワクチンを打たない

2019年2月1日

ビル・ゲイツといえば、昔はコンピュータの天才で、今じゃワクチン推進人口削減の悪役。。。ではないんですよ。

若い人は全く全然知識が無いかもしれませんが、この人物というのは生まれながらの邪悪であって、何もマイクロソフト引退した後で悪人になったわけではございません。

彼は別にコンピュータの天才などでは全然ありません。たしかに最初のBASICは自分で作ったものなんですが、それ以降独占を確立するまでというのは、ほぼすべて盗んだか、騙して二束三文で買い取ったものです。特に有名なのは、最初のIBM製のコンピュータに載せたMSDOS(PC-DOS)ですね。このあたりの話はPirates of Silicon Valley(バトル・オブ・シリコン・バレー)という映画で語られてますので暇な方は見てください。スティーブ・ジョブズも出てきますよ。

しかし、個人的に特におすすめしたいのは、「マイクロソフト帝国 裁かれる闇」という本です。ビル・クリントン政権時代の話ですが、この人物の悪辣なやり口がこれでもかというくらいに暴露されてます。売り言葉としてはこうですね。

コンピューター界の表舞台に登場したゲイツは、その後、市場制覇のためにはありとあらゆる手段を講じてきたという。裏切りと詐術。略奪的なマーケティング戦略。法律や契約を盾に取り、取引相手をどこまでも追い詰める商法。

独占はやがて、恐怖をもたらすに違いない。”帝国”の内幕と、その商法を反トラスト法違反として問題視するアメリカ司法当局との法廷闘争を精緻に描き出した本書の意義は、だからこそ大きい。

テレビの映像では涼やかに見えるゲイツの素顔は、絶えず苛立ち、思い通りに事が運ばなければ部下や取材に訪れた記者たちを罵倒することがしばしばだという。

はい、もともとこういう人物なわけです。この時代の話はもはやどうでも良くなっちゃってますが、今やってることも全く同じなんですよ。邪悪な人間というのは人生を通じて全く変わらないものなのですね。

もちろん、現代のコンピュータ業界もマトモな人間は一人もいません。エリック・シュミット、スーザン・ウォシッキー、ジェフ・ベゾス、マーク・ザッカーバーグ、ジャック・ドーシー、素晴らしい人間のクズの見本のような方々ばかりですね。このクズ連中を放逐しないことには、人類の未来は開けませんよ。

以下は、NewsTargetの記事です。Bill Gates and the World’s Elite DO NOT VACCINATE their own children… and for good reason


新生児に対する完全に最悪の医療的決断といえば、医師や看護師に新生児の免疫システムを深刻に傷つけさせることだろう。既知の神経毒、異種タンパク質、水銀のような発がん物質、ホルムアルデヒド、猿腎臓細胞、豚ウイルス、堕胎ヒト遺伝子組換細胞によってだ。だから、ビル・ゲイツ、つまり悪名高く、邪悪な人口削減マニアでマイクロソフトの権力者は、彼自身の子供の成長期にワクチンを拒否したのだ。一方で彼は世界中に毒性の一突きを推進している、特に第三世界の国々にだ。

これは真実である。1990年代に個人医だったシアトルの医師が言ったことだ。「私は、子どもたちが大人になってから彼がワクチンを打たせたかは知らないが、しかしこれは言える、彼は単刀直入にワクチンを拒否したのだ、子供のときには」。これがわかったのは、この言葉がゲイツの医師の「医療シンポジウムにおける会話」でのこぼれ話にあったからだ。これが参加した医師たちの間でちょっとした騒動になった。彼らはゲイツの医師をけなしたものだ、医師と患者の信頼関係を傷つけるものだといって(もっともこれは「グレーゾーン」だ。なぜなら、彼は他の医師に個人的に話したからだ)。しかしもはや遅い、覆水盆に返らず。今や世界中が知ってるぞ、エリート達の究極の偽善を。連中は、過激にそして宗教的にワクチンを医療の聖杯のように推進するが、一方で同じ毒物を自身の子供の血液や筋肉組織から遠ざけているのだ。知ってるからさ、副作用の高リスクと有害事象をね、いかなる可能な利益よりはるかに大きなものだ。

ビル・ゲイツの三人の子供、ジェニファー、ローブ、ローリーはワクチンを受けたことがなく、今や健康的なヤングアダルトだ。

ゲイツの子供は、1996年から2002年の間に生まれた。彼らは一度も水銀やホルムアルデヒドの入った注射を「免疫」という形で筋肉組織に入れたことが無い。その父親が、ワクチン産業の最もドグマ的なキャンペーナーであり、サクラであるにも関わらずだ。ちょっと待って、こう思うだろう?彼はその富をコンピュータ・ソフトウェアから作ったと。もう一度考えてみよう。化学薬品と人口削減計画には大きな利益があるんだ。そして、邪悪なビルは、その金を生む牛に毎日乗ってるのさ。

TruthWikiによればこうだ「ゲイツは広く批判されている、独占とワクチン推進狂信者としてだ。彼は、多くの慈善活動に従事している。例えば、多くの化学研究プログラムに多額を提供している、ビル&メリンダ財団を通じてだ。ゲイツは、さらにその先にも行く、大規模不妊化だ。彼の言うところの世界人口問題に取り組むためだ」。

集団免疫理論はいつも大きなインチキだ。世界のエリート達はそんなことは知っている。最もワクチンを受けた子どもたちが、実際には互いに危険なのである。なぜなら、彼らは注射されたばかりのウイルスを発するからだ、この毒性の一突きを受けた最初の数週間の間は。一つの研究によれば、カリフォルニアの最富裕の家族は、子供にワクチンを打たないそうだ。

事実として、カリフォルニアの16,000名の幼稚園年齢の子どもが何のワクチンも受けていない。なぜなら、彼らの白人エリートの親たちが自身を除外しているからだ、宗教、個人的信仰、そして医師承認による免除によってだ。わかった?エリートは知ってるのさ、免疫化には本質的に何かしら間違ったことがあるとね。しかし、連中はそれを言わないし、主流派ニュースも決して報道することはない。

最富裕の米国民は自身の子供が、実験的ワクチンで自閉症になる危険を犯したくない。ここには、ポリオ、マラリア、MMR、そしてCDCが「高く推奨する」毎年のインフルワクチンが含まれる。

ビル・ゲイツの元医師、医療セミナーの閉ざされたドアの向こうでうっかり喋った人だが、彼によれば、ゲイツは言ったという。彼の子供にはワクチンは必要ないと。しかし、全世界の人間には他のことが教えられたのではなかったか?CDCは我々全員に言ったはずではないか、すべての赤ん坊は弱く、弱体化した免疫システムしか持たないから、7歳になるまでに50のワクチンを受けるべきだと。でなければ、遅かれ早かれ感染性病気で死ぬことになりかねないと。そういう話じゃなかった?

こちらは、ビル・ゲイツによるワクチンへのさらなる意見だ。これは、彼自身の医師によるものだ。「彼らは美しい子供です。本当に賢く活発で。そして、彼は宣言しました、彼らはそのまま大丈夫だから、何の注射も要らないのです」と。

今や、ビル・ゲイツと彼の腐敗基金が推進しているぞ、未テストのマラリアワクチンを無垢なアフリカ人にね。ケニヤ、ガーナ、マラウィでだ。批評家は叫び声を上げてる、これらすべてが人口削減計画の一部であると。そして破傷風を含むワクチンの中に発見されたのだ、若い女の子を不妊にさせるものだ。この化学物質はワクチンの機能には全く無関係なものだ。

ビル・ゲイツの「ミッション」というのは、大量ワクチン接種によって第三世界の人々を病気から守るというものだが、これは真逆なのだよ、彼自身の子供に対する個人的な行動とは。そして、都合よくも、健康期間とワクチン産業との彼の深い金銭的つながりに関係するものなのだ。

このワクチン安全性にまつわる腐敗の疫病については、vaccines.newsを見てくれ。そして、なぜ世界のエリートが正確にその理由をよりよく知っているかをだ。連中の子供を実験的で、未テストで致死的な神経毒と遺伝子組み換えバクテリア株から引き離してるかをだ。