ジェイク・モーフォ二オス:闇から引きずりだし、光の下へ#5 ボーイズタウンUSA

ジェイク・モーフォ二オス:闇から引きずりだし、光の下へ#4 悪魔の花嫁の続きです。

ボーイズタウン

1917年のことです、若いアイルランド人司祭、ファザー・エドワード・F・フラナガンが、ネブラスカ州オマハで、ホームレス援助をしていました。

しかし彼はくじけました、見るからに終わりの無い流れにです。若者が大人になるに際し、絶望的な状況においておかれることです。彼は解決を決断しました、障害のある子どもと共に働き、彼らをより良い人生に舵を切らせることです。ですから、その年の12月に、寄宿舎を借りるために、90ドルを借金しました。

その名前を、ファーザー・フラナガンの男の子の家としました。人種や宗教に関わらず、すべての男の子を受け入れました。数ヶ月で100人の男の子が住むようになりました。1921年に、彼の試みを拡大するため、ファザー・フラナガンはオマハ郊外に農場を購入し、ボーイズホームをそこに移しました。

このホームは、ボーイズタウンの村として知られるようになりました。1930年代までには、経営されていたのは、学校、寄宿舎、管理ビル、他の施設です。この小さな村に住む数百の男の子の世話のためです。男の子達は、そこで自身の政府を開始しました。市長や議会、委員です。1936年、このコミュニティは法的に構成された村であると認められました、ネブラスカ州にです。

ボーイズタウンのニュースは国際的な称賛を浴びました。1938年のアカデミー賞受賞映画、「ボーイズタウン」によってです。

数年後、第二次大戦後に、ハリー・トルーマン大統領はファザー・フラナガンに勧めました、世界中を旅して、戦争孤児を訪ね、そして、政府リーダー達に避難した子どもたちのケアの仕方を教えることです。

悪夢

ファザー・フラナガンは1948年に亡くなりました。しかし仕事は続行されました。モンセニョール・ロバート・P・ハップのもとで、二つの大きな変化がもたらされました。1970年代のことです。一つは、ボーイズタウンが寄宿舎形態から、児童擁護タイプの設定によって、私的な家に住まわせるようになったことです。

この変更によって、ボーイズタウンには若い女性へのサービスも提供できるようになりました。二つ目の変更は、大きな拡大です。ボーイズタウン国立研究病院を作りました。国家的に認識される、子供のための治療施設です。聴覚、発話能力疾患のためのです。ボーイズタウンは拡大を続けました。今では米国中に12の支部です。その始まりからの、ファザー・フラナガンの単純な夢、世界を子供にとってより良い場所にすることが、数百万の人々の人生に影響しました。素晴らしい仕事が無数の子供に成されたのです。

不幸なことに、ボーズタウンの多くの子供が、ファザー・フラナガンの夢のポジティブな側面を経験することがなかったのです。代わりに、彼らに与えられたものは、悪夢でした。地上の生き地獄です。そこにあふれるのは、子供のセックス奴隷のエピソード、レイプ、巨大な搾取、ほとんど理解しがたいほどのものです。

このシリーズで既に見てきたように、ネブラスカ州オマハでは、共和党の期待の星であるローレンス・キング・ジュニア、フランクリン連邦クレジットユニオンの長が、ペドファイルネットワークを運営していました。ワシントンのエリートに子供の奴隷を提供するものです。その犠牲者のほとんどが、ボーイズタウンから密売されたものです。

ジョン・デ・キャンプ

前ネブラスカ州選出上院議員である、ジョン・デ・キャンプと、ペドファイルリングを数年間調査してきた弁護士が、ボーイズタウンコネクションについて広範囲の本を書いています。1993年のことです、キャンプはボーイズタウンについての新たな本に取り組んでいました。

BBCは、出版前のコピーを入手しました。彼らは調査チームを米国に送りました、ほとんど無制限の予算でです。キャンプの主張を調べるためです。彼らは九ヶ月をファクトチェック、インタビューに費やしました、このスキャンダルに関連するものです。BBCは調査を完了し、キャンプの正当性を確信しました。

彼らは1時間のドキュメンタリーを作りました。「Conspiracy of Silence」です。このドキュメンタリーは大々的に宣伝され、すべてのテレビガイドで放映日が報じられました。ディスカバリーチャンネルで放映されるとされました。BBCはドキュメンタリーを放映するために50万ドルを支払いました。1994/5/3のです。

このドキュメンタリーは、宗教リーダーやワシントンの政治家のネットワークを暴くはずでした。連中が子供をワシントンに飛ばしたのです、乱交のために。そしてまた、子供が奴隷としてオークションされることも報じていました、外国人にです。ラスベガスにおいてです。それとカナダのトロントでもです。これは、下着だけで立たされ、カードの上に識別番号を書いたものを、首からぶら下げた状態でです。

しかし、放映日直前に、米国議員の匿名グループが脅迫したのです、ケーブルテレビ業界を厳重に取り締まると。規制法によってです。もしドキュメンタリーが公衆に見せられればと。

ドキュメンタリー

この脅迫のすぐ後に、秘密組織がドキュメンタリーの権利を購入しました。そして、すべてのわかっているドキュメンタリーのコピーが破壊されました。幸運なことに、誰かが不完全なバージョンのドキュメンタリーにアクセスでき、ビデオをリークし、それを匿名で送ったのです、デ・キャンプ上院議員にです。

デ・キャンプはそれを退役FBIのテッド・ガンダーソンに見せました。そして今日、この禁じられたドキュメンタリーのリークされたバージョンが見れるのです。ビデオの質は高くありませんが、ドキュメンタリーの素材は非常に重要です。こちらは短い抜粋です。

ここでは、デキャンプ上院議員による説明があります、ボーイズタウンコネクションについての。

アナウンサー:ジョン・デ・キャンプは最も勲章を受けたベトナム退役軍人の一人です。前共和党州選出上院議員ですが、彼は今は弁護士で、ローレンス・キングの力と戦っています。

デ・キャンプ:陰謀の網です。それが(?)で始まりました。ネブラスカのボーイズタウンです。米国でも最も尊敬される組織ですね。そして、蜘蛛の網のように散らばりました、ワシントンから、議事堂にのぼり、ホワイトハウスにもです。巻き込んでるんです、最も尊敬されパワフルで米国の裕福なビジネスマンをです。

この全体の網の中心には、子供が使われるんです、セックスのため、ドラッグ取引、ドラッグ配送、それが政治家を傷つけるわけです。ビジネスマンを傷つけ、最悪なのは、政府のキーとなる組織の腐敗です。こういったことが決して起こらないようにする責任を持つところですよ。

風呂の水と一緒に赤ん坊を流すな

よく知られた慣用句がありますね、「風呂の水と一緒に赤ん坊を流すな」です。その意味としては、間違いを避けるということです、何かしら悪いものを排除する過程で、良いものも排除してしまうという間違いです。不可欠なものを拒否してはならないんです、そうでないものを排除する過程で。

ボーイズタウンです、これはその歴史において大きな善を行ってきました。他の組織等もあります、善を達成してきたところです、貧困な子供に対してです。しかし、邪悪、陰謀的男が、これらの組織に侵入し、中から腐敗させたのです。しかし、ボーイズタウンやカソリック教会自体が、完全に腐敗していると宣言するのではないんです。我々は赤ん坊を風呂水と共に流してはならないのです。ボーイズタウン全体を非難するのではなく、問題の根っこを見つけるのです。

そうすれば組織は善をし続けることができます。身体にガンのサインがあったからといって、すぐに患者を安楽死はさせません。ガンを除去しようとするのです。身体の他にちらばらないように。これがジョン・デ・キャンプのボーイズタウンに対する態度でした。

ボーイズタウンは、私にとっては、最初に聞いたものです、尊敬される組織としてです。信じないかもしれませんが、私自身もしばらくいたんです、若い頃。このように汚染された組織では、そうした方がよいですね。何の良識も得られないとすれば、何かせねば。少なくともクリーニングを。

ジョン・デ・キャンプは非難を行いました、ボーイズタウンの汚染について。一時は共和党の黒人委員会リーダーだった、ラリー(ローレンス)・キングをです。

ラリー・キングは最も早く台頭した黒人スターです、共和党全体の中でです。1980年代にわたってですね。彼はまた、この国でも最も邪悪な人間の一人です。子供密売者として、盗人として、彼の400万ドルの盗みが記録されてます。

そしてまた、次々に政治家を加担させ、腐敗させていったことです。

ポール・バナシ

裁判所でデキャンプ上院議員が代表を務めた者の中に、ポール・バナシという若い男がいました。このシリーズでは、バナシの話の詳細エピソードも作ります。が、このビデオの目的としては、簡単にバナシの話をまとめておきましょう。

8歳頃から、バナシは広範囲のペドファイル行為に巻き込まれました。力のある者によるものです。12歳の頃、バナシは頻繁にセックスをしました、アラン・ベアという億万長者です。ローレンス・キングに近い仲間です。

これらの行為のいくつかは、ツインタワー内のベアの部屋で行われました。それとまた、キングのペントハウスの一つでもです。彼はここをペドファイルパーティのために使っていました。バナシは、ペドファイルリーダーによって子供性奴隷として使われました。

彼は、少なくとも200から300の旅をさせられました、エリートのためのセックスパーティに参加させるためです。カリフォルニアへの多くの旅においては、若いポール・バナシは、ボヘミアン・グローブのケージに入れられていました。

彼は見せられたのです、仲間の子供奴隷が男に男色され、頭を撃ち抜かれるのを。この模様はスナッフ映画として撮影されました。誰あろう、ハンター・S・トンプソンです。(ジャーナリスト・作家、2005年に自殺)バナシは子供の死体への男色を強制されました、彼自身が殺されるのを避けた後に。

ホワイトハウス

彼はまた、ワシントンでのおびただしい数のパーティーに参加しました。これはホモのコールボーイのグループの中でです。これは、ワシントン・タイムズのショッキングな暴露がされています。これが証明しています、彼が事実としてホワイトハウスに入ったことを。

バナシは複雑なダイアグラムを描きました、ホワイトハウス内の内部の部屋のです。セキュリティの理由から公衆がアクセスできないものです。シークレットサービスが確認しました、彼のダイアグラムは正確であると。

アラン・ベアによってバナシに課せられた仕事の中には、「ごみあさり」がありました。バナシはボーイズタウンの村に行き、ペドファイル組織のために若い男の子をリクルートするのです。キングのパーティーについて気を引いたのです。

ナレーション:キングはボーイズタウンを使いました、彼のビジネスのための若い男の子のソースとしてだけではなく、彼らを買ったのです、セックスとドラッグの乱交のために。

ポール・バナシはキングの虐待の犠牲者です。彼はまた、キングによって送られ、無数のボーイズタウンの若者を得ていました(?)。

バナシ:ドライブするんです、ホームへと(?)「ごみあさり」です、子供を拾うんです。この種の信頼は。。。しばらくは友人になるんです。。。パーティーに誘い始め、子供は10歳以上です。。。

1986年に、キングがボーイズタウンを略奪したことが、スタッフによって報告されました。最高責任者のファザー・ヴァル・ピザにです。続く証言が証明しました、彼は自身の調査を行いましたが、キングの犠牲者は話を拒否しました。

カソリック教会

これはカソリック教会の長きに渡る行為でした。主教や司祭が、教会の名声と評判を維持するために、信奉者の信仰を維持するために、聖職者によるペドフィリアの非難を内部で扱ったのです。警察に行くのではなく。これは十分に立証されていることです、ペドファイルの司祭を他の教会区に異動させるのです。

これは問題を永続させるだけでした。デ・キャンプ議員は断言します、オマハのカソリック大司教区。。。ボーイズタウンはその一部ですが、それが加担していたのです、ボーイズタウンの子供の虐待にです。

なぜなら、主教は多くのレポートを受け取っていたのです、ペドファイル行為のです。しかし警察には行きませんでした。

事実、司祭の一人はこう言っています、彼が個人的に主教に男の子の性的虐待を報告したと、このタウンのです。それは、モンセニョール・ロバート・P・ハップに対してでした。このスキャンダルのさなかでのボーイズタウン責任者です。

証拠に基づき、デ・キャンプが信じることは、ボーイズタウンが本質的に農場として使われたことです、ペドファイルのボスであるキングやベアによって。彼らは、提供のために子供を得ることができたのです、国家的ペドファイルネットワークのために。デ・キャンプが心配したのは、この行為に戦う試みの欠如でした、地域の大司教区による試みです。彼はローマに飛び、ラッツィンガー枢機卿に会いました。後にベネディクト教皇となった男です。そして、辞職した人間です、絶え間無い性的虐待の暴露のさなかにです。

デ・キャンプは、ラッツィンガーに何の実質的な行動も強いることもできなかったと言います。オマハの状況についてです。

ある程度まで、無為と隠蔽によって、カソリック階層の特定のメンバーによってですが、ペドファイル密売ネットワークは継続することができたのです、妨害されずに。

ナレーション:ですから、ラリー・キングは、彼のペドフィリアパーティーに子供の犠牲者の供給を続けれました。

しかし、1988年に、ボーイズタウンの若者への定常的なキングの関わりが、ネブラスカ州の里親レビュー委員会の注意を惹いたのです。

証言者:里親レビュー委員会に与えられた情報は。。。電話による報告にせよ、個人報告にせよ、あるいは、我々がレビューしたレポートにせよ、ラリー・キングの名前が常にあったのです。若者が非難対象としていたのです。少なくとも30cmの高さの情報を、当局に渡しました。しかし、何も起こりませんでした。

ボーイズタウンについてはまだあります。これは、沈黙したドキュメンタリーの陰謀の中に隠蔽されました。もし、フルバージョンをご覧になりたければyoutube.com/prepare333で見れるようにしましょう(ジェイクのチャンネル)。

次のエピソードでは、ネブラスカ州オマハから、イタリア、ローマのバチカンに飛びましょう。ローマ・カソリック教会の本部です。そ

して、何人かの官僚の役割についてより深く検証しましょう、教会の階層における。連中が、悪魔的ペドファイルネットワークの継続に尽力したのです。つながりを検証しましょう、ペドファイルの司祭、バチカン銀行、メーソンのP2秘密ソサエティ、それにイタリアのマフィアです。次もご覧ください。我々はこのミッションを続けます、邪悪な犯罪者行為を暗闇から引きずり出し、光に晒すのです。