ドイツのドロステンPCR検査は、10の大きな欠陥で無効

現在世界中で用いられている新型コロナウイルスPCR検査というのは、もともとドイツのシャリテー病院(欧州有数の病院)のドロステン教授によって開発されたもので(キャリー・マリスはPCR自体の発明者)、その論文がEurosurveillanceに掲載されています。この論文に10の致命的欠陥があることを指摘するのが以下の論文です。Eurosurveillance編集委員会につきつけられ、ドロステン論文を撤回するよう求めるものです。

なおこの論文の共著者として大橋眞教授が名を連ねています。以下では当然ですが、概要のみの訳です。専門誌に掲載された論文を否定する論文など素人が読んでもわからないですから。


CORMAN-DROSTEN REVIEW REPORT

この広範レビューレポートは、2020年11月27日にその投稿ポータルを通じて正式にEurosurveillance編集委員会に提出された。このレビューレポートに含まれるのは、主要著者および共著者全員が署名した撤回要請書である。

これは、主及び共著者によるものであり、Peter Borger博士が記述したものである。これが広範囲レビューレポートに同封され、Eurosurveillanceのオンライン提出ポータルを通じて提出された。提出日は2020年11月27日である。

レポート

これは、SARS-CoV-2を検出するためのRTPCR検査の外部査読により、分子レベルおよび方法論レベルでの10の主要な科学的欠陥が明らかになった。

Pieter Borger(1), Bobby Rajesh Malhotra(2) , Michael Yeadon(3) , Clare Craig(4), Kevin McKernan(5) , Klaus Steger(6) , Paul McSheehy(7) , Lidiya Angelova(8), Fabio Franchi(9), Thomas Binder(10), Henrik Ullrich(11) , Makoto Ohashi(12), Stefano Scoglio(13), Marjolein Doesburg-van Kleffens(14), Dorothea Gilbert(15), Rainer Klement(16), Ruth Schruefer(17), Berber W. Pieksma(18), Jan Bonte(19), Bruno H. Dalle Carbonare(20), Kevin P. Corbett(21), Ulrike Kämmerer(22)

概要

“Detection of 2019 novel coronavirus (2019-nCoV) by real-time RT-PCR” (Eurosurveillance 25(8) 2020)において、その著者は、2019-nCoV (現在は SARS-CoV-2 として知られている) の検出と診断の診断ワークフローと RT-qPCR プロトコルを提示しており、これが検証されていると主張している。

この論文が世界中の社会に与える影響を考慮して、独立研究者グループは、前述の論文をポイントごとにレビューし、1)提示されたテストデザインのすべてのコンポーネントをクロスチェックし、2)RT-qPCRプロトコルの推奨事項を、良好な実験室での実践に沿って評価し、3)この分野をカバーする関連する科学文献に照らしてパラメータを検討した。

2019-nCoVの検出と診断のための発表されたRT-qPCRプロトコルとそのマニュスクリプトは、不十分なプライマーデザイン、問題のある不十分なRT-qPCRプロトコル、正確な検査検証の欠如を含む多くの技術的および科学的エラーを伴っている。提示された検査やマニュスクリプト自体が、科学的に許容される論文としての要件を満たしていない。さらに、著者の重大な利益相反についても言及されていない。最後に、投稿から論文が受理されるまでのタイムスケールが非常に短い(24時間)ということは、ここでは系統的な査読プロセスが行われていないか、あるいは質が低いという問題があったことを示している。 我々は、いくつかの科学的な不備、誤り、欠陥を示す説得力のある証拠を提供している。

ここに提示した科学的および方法論的な欠陥を考慮すると、Eurosurveillanceの編集委員会には、この論文を撤回する以外の選択肢はないと確信する。

レビュー・レポート簡潔版

本論文では、Corman-Drosten論文の多くの重大な欠陥を示し、その重大性として、SARS-CoV-2に起因する感染症とCOVID-19関連感染症の世界的な誤診につながっていることを示す。我々が直面するのは、多くの人々の生活の破壊、教育へのアクセス制限であり、世界中の政府によって課されたこれらの制限は、人々の基本的な権利と個人の自由に対する直接的な攻撃であり、その結果、世界規模で経済全体の巻き添え被害をもたらしている。

Corman-Drosten論文には10の致命的な問題があり、以下のセクションでその概要を説明し、より詳細に説明する。

第一の大きな問題は、新たなコロナウイルスSARS-CoV-2(2019-nCoVと命名された出版物では、2019-nCoVと命名され、2020年2月にウイルス専門家の国際コンソーシアムによってSARS-CoV-2と命名された)が、中国の研究室から提供されたin silico(理論)配列に基づいていることである[1]が、その理由は、当時、感染性(「生きている」)または不活化されたSARS-CoV-2の対照物質も、ウイルスの単離されたゲノムRNAも著者らに利用可能ではなかったためである。現在までのところ、著者らによって単離されたSARS-CoV-2ウイルスまたはその全長RNAに基づく検証は行われていない。以下はCormanらによる。

“我々は、利用可能なウイルス材料を持たずに、公衆衛生検査室の設定で使用するための堅牢な診断方法を開発し、展開することを目的とした。” [1]

これらの目的は、実際のウイルス物質が利用可能でなければ達成できない(例えば、感染性ウイルス量を決定するため)。いずれにしても、最大の精度を持つプロトコルのみが、このような大規模なシナリオの結果を得るための必須かつ主要な目標となり得る。重要なウイルス量の決定は必須の情報であり、これらの実験を実行し、重要なデータを提供することは、クリスチャン・ドロステンのグループの責任である。

にもかかわらず、これらのin silico配列を用いて、前述のウイルスを同定するためのRT-PCR試験法を開発した。このモデルは、この新規ウイルスが2003年のSARS-CoVと非常によく似ているという前提に基づいている。

このことは、Corman-Drosten論文の共著者の一人である[2]との個人的な電子メールでのやりとりからわかっている。このSARS-CoV-2をモデル化する方法は、Corman-Drosten論文に以下のように記述されている。

“利用可能なウイルス分離株や患者の原検体がない場合に設計された、2019-nCoVスクリーニングと特異的確認のための診断ワークフローの確立と検証。設計と検証は、2003年のSARS-CoVとの密接な遺伝的関連性によって可能になり、合成核酸技術の使用によって支援された。”

逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)は、予め知られている希少なRNA断片を迅速に検出するための重要な生体分子技術である。最初のステップでは、サンプル中に存在するRNA分子を逆転写してcDNAを得る。次に、このcDNAを特定のプライマー対と耐熱性DNAポリメラーゼ酵素を用いたポリメラーゼ連鎖反応で増幅する。この技術は高感度であり、その検出限界は理論的には1分子のcDNAである。PCRの特異性は、生体分子の設計誤差に大きく影響される。

(以下、難しいので略)

未分類

Posted by ysugimura