無症状感染は無いことが証明された

Post-lockdown SARS-CoV-2 nucleic acid screening in nearly ten million residents of Wuhan, China

ロックダウン後の中国武漢誌の1000万人近くの住民を対象としたSARS-COV-2核酸スクリーニング

概要

武漢では、2020年1月23日から4月8日までのあいだ、厳格なCOVID-19規制措置が実施された。規制解除後の感染有病率を推定することは、規制解除後のパンデミック制御に役立つ可能性がある。ここでは、武漢での5月14日から6月1日までの間に実施された市全体のSARS-CoV-2核酸スクリーニングプログラムについて述べる。6 歳以上の都市住民全員が対象となり、9,899,828 人(92.9%)が参加した。新たな症候性症例はなく、無症状症例が300例(検出率0.303/10,000、95%信頼区間0.270~0.339/10,000)確認された。無症状症例の近い接触者1,174人のうち、検査陽性者はいなかった。以前に回復したCOVID-19患者34,424人のうち107人が再検査で陽性となった(再陽性率0.31%、95%CI 0.423-0.574%)。そのため、武漢における SARS-CoV-2 感染の有病率は、ロックダウン終了後 5~8 週間で非常に低かった。

イントロ

(省略)

結果

武漢市の6歳以上の対象者は10,652,513人(総人口の94.1%)であった。核酸スクリーニングは19日間(2020年5月14日~6月1日)で完了し、対象者10,652,513人のうち、合計9899,828人を検査した(参加率92.9%)。9,899,828人のうち、COVID-19の既往診断のない人は9,865,404人、COVID-19の回復患者は34,424人だった。

COVID-19の既往歴のない参加者9,865,404人を対象としたスクリーニングでは、新たにCOVID-19が確認された症例はなく、検出率0.303(95%CI 0.270-0.339)/10,000で300例の無症状陽性例が確認された。無症状症例の年齢層別Ct値の中央値を補足表1に示した。300例の無症状陽性例のうち、2例は1家族からのもので、別の2例は別の家族からのものであった。これら2家族にはCOVID-19の既往確認患者はいなかった。無症状陽性者の親密な接触者1174人を追跡したところ、全員がCOVID-19陰性であった。スクリーニングに参加したCOVID-19の既往歴のある患者は34,424人であった。COVID-19の既往歴のある34,424人のうち、107人が再検査で陽性となり、再陽性率は0.310%(95%CI 0.423-0.574%)であった。

ウイルス培養は、すべての無症状陽性例および再発陽性例で陰性であり、本研究で検出された陽性例には「生きたウイルス」は存在しないことが示された。

すべての無症状陽性例、再発例およびその近縁者は、核酸検査の結果が陰性となるまで少なくとも 2 週間隔離された。検出された陽性例およびその近親者は、隔離期間中に症状を呈したり、新たにCOVID-19が確認された者はいなかった。このスクリーニングプログラムでは、採取された検体の76.7%と23.3%に対して、それぞれ単独検査と混合検査が実施された。無症候性陽性率はそれぞれ0.321(95%CI 0.282-0.364)/10,000および0.243(95%CI 0.183-0.315)/10,000であった。

10歳から89歳までの無症状陽性者300人の内訳は、男性132人(0.256/10,000)、女性168人(0.355/10,000)であった。無症状陽性率は17歳以下の小児または青年期が最も低く(0.124/10,000),60歳以上の高齢者が最も高かった(0.442/10,000)(表1).女性の無症状陽性率(0.355/10,000)は男性(0.256/10,000)よりも高かった。

表1 無症状陽性者の特徴

無症状陽性者は、主に国内在住・無職(24.3%)、退職した高齢者(21.3%)、公共サービス従事者(11.7%)であった(図1)。

都市部の無症候性陽性率は平均0.456/10,000で、宏山市の0.317/10,000から武昌市の0.807/10,000までであった。郊外地区の無症状陽性率は0.132/10,000で、新州市の0.047/10,000から江安市の0.237/10,000までと低かった(図2)。

(略)

ディスカッション

武漢市のSARS-CoV-2感染症の市中核酸スクリーニングでは、1,000万人近くを募集し、COVID-19で新たに確認された症例はなかった。無症状陽性者の検出率は非常に低く、無症状陽性者から追跡された近親者への感染は認められなかった。居住区の96.4%で無症状陽性者はいなかった。

これまでの研究では,SARS-CoV-2ウイルスに感染した無症状者は感染性があり(3),その後に症状が出る可能性があることが示されている(4). 無症状者は症状のある患者と比較して,一般的にウイルス量が少なく,ウイルスの脱落期間が短いため,SARS-CoV-25の感染リスクが低下すると考えられる.本研究では,無症状陽性者の検体を用いてウイルス培養を行ったが,生菌性のSARS-CoV-2ウイルスは検出されなかった.無症状陽性者の近親者はすべて陰性であり,本研究で検出された無症状陽性者は感染の可能性が低いことが示唆された。

武漢での回復したCOVID-19患者の再感染率は低かった。ウィルス培養とコンタクトトレーシングの結果、回復したCOVID-19患者の再感染者が感染しているという証拠は見られなかった。韓国で行われた研究では、回復したCOVID-19患者285人のうち790人の接触者を監視した結果、COVID-19患者は確認されていない(6)。中国のCOVID-19回復患者の公式サーベイランスでも、再感染者の感染性についての証拠はないことが明らかになった(7)。COVID-198,9,10の感染力の強さを考えると、確認症例数とコミュニティでの感染リスクが関連していると考えられる。武漢の異なる地区における無症状陽性率は、既確認症例の有病率と相関していることがわかった。これは、感染症の時間的・空間的進化(特にロングテール特性)と一致している(11)。

既存の実験室でのウイルス培養と遺伝学的研究(9,10)により、SARS-CoV-2ウイルスの病原性は時間の経過とともに弱くなっている可能性があり、新たに感染した人は初期の感染者に比べて無症状でウイルス負荷が低い可能性が高いことが示された。武漢市の監禁期間中にCOVID-19の全症例を集中的に隔離・治療したことで、住民がコミュニティ内で感染するリスクは大幅に低下した。感染しやすい住民が低量のウイルスにさらされた場合、住民自身の免疫力の結果、無症状になる傾向がある。今回の研究では、血清学的抗体検査の結果、無症状陽性例の少なくとも63%がSARS-CoV-2ウイルスに感染していることが判明した。とはいえ、武漢では無症状陽性例が存在し、住民の感受性も高いため、一喜一憂するのは時期尚早である。武漢では、マスク着用、安全な社会的距離を保つなど、COVID-19流行の予防と制御のための公衆衛生対策を継続する必要がある。特に、免疫力が弱まっている脆弱な人々、あるいは共存する人々、あるいはその両方を適切に遮蔽し続けるべきである。

(略)


関連動画

未分類

Posted by ysugimura