F.W.エングダール「元ピークオイル信者の告白」

Confessions of an “ex” Peak Oil Believer

By F William Engdahl, September 14, 2007


良い知らせとしては、世界が石油をすぐに使い果たすというパニックシナリオは間違っていることだ。悪い知らせとしては、石油の価格が上昇し続けることだ。ピークオイルは我々の問題ではない。政治なのだ。巨大石油企業は石油価格高騰を維持したい。ディック・チェイニーとその仲間が、喜んでその手助けをする。

個人的なことだが、1970年代の第一次オイルショック以来、石油に関する問題を研究してきた。2003年、ピークオイル説と呼ばれるものに興味を持った。イラクへの軍事行動ですべてを危険にさらすというワシントンの不可解な決断を説明できるように思えたからだ。

元BP社の地質学者コリン・キャンベルやテキサスの銀行家マット・シモンズを中心とするピークオイル論者が主張するには、世界は新たな危機に直面しており、安価な石油の終焉、あるいは絶対的なピークオイルが、おそらく2012年までに、あるいは2007年までに訪れるだろうと言った。石油は最後の一滴になったと言われた。彼らは、自らの正しさの証明として、ガソリンや石油の価格高騰、北海やアラスカなどの油田の生産量減少を指摘した。

キャンベルによれば、1960年代後半の北海以来、北海サイズの新しい油田が発見されていないことが証拠だという。国際エネルギー機関(IEA)やスウェーデン政府を説得できたと報道されている。だからといって、それが正しいということにはならない。

知的な化石?

ピークオイル派は、アメリカやイギリスの地質学者による従来の西洋の地質学の教科書に基づき理論を展開する。この教科書では、石油は「化石燃料」であり、恐竜の化石や藻類の生物学的残骸であり、それゆえ供給が有限であるとする。生物起源は、ピークオイル理論の中心であり、石油が何百万年も前に地質学的に閉じ込められた世界の特定の場所でのみ見つかる理由を説明するために用いられる。つまり、恐竜の死骸が圧縮され、何千万年もかけて化石化し、地表から4〜6千フィート下にある地下貯留層に閉じ込められたということになる。まれに、メキシコ湾や北海、ギニア湾のような沖合の浅い海域の岩盤に、大量の生物物質が閉じ込められていることもあるらしい。地質学とは、このような地層のポケット(リザーバーと呼ばれる)が、ある堆積盆の中のどこにあるのかを突き止めることでしかないはずである。

石油生成に関する全く別の理論が、1950年代初頭からロシアで存在しているが、ほぼ西側では知られないものだ。それは、従来のアメリカの生物学的起源説は非科学的な不条理であり、証明不可能とする。彼らが指摘するのは、西洋の地質学者が過去100年にわたり、石油は有限であると繰り返し予測してきたにもかかわらず、実際にはもっとたくさん発見されている事実である。

石油とガスの起源に関するこうした別の説明は、理論上存在しただけではない。ロシアと旧ソ連が世界最大の石油・天然ガス生産国として台頭してきたのは、この理論を実際に適用したことによる。このことは、地政学的にとてつもなく大きな影響を及ぼしている。

必要性:発明の母

1950年代、ソ連は「鉄のカーテン」と呼ばれる西側からの孤立に直面していた。冷戦の真っ只中である。ロシアは石油をほとんど持っていない。国産の石油を確保することは、国防上の最重要課題だった。

ロシア科学アカデミー地球物理学研究所とウクライナ科学アカデミー地質科学研究所の科学者たちは、1940年代後半から、「石油はどこから来るのか」という根本的な研究に着手した。

1956年、ウラジーミル・ポルフィリエフ教授がその結論を発表した。「原油や石油ガスは、地表付近で発生した生物由来の物質とは本質的に関係がなく、大深度から噴出した原始的な物質である」。ソ連の地質学者たちは、西側の正統派地質学をひっくり返したのである。彼らは、自らの石油起源説を、西洋の生物起源説と区別して、「非生物(a-biotic)」説と呼んだ。

もし、彼らが正しければ、地球上の石油供給は、地球形成時に地中深くに存在した炭化水素成分の量によってのみ制限されることになる。そして、石油供給は、超深井戸を掘り、地中深くまで探査する技術に依存することになる。また、古い油田を復活させて生産し続けられることもわかった。いわゆる自己増殖型油田である。そして、石油は地球の奥深くで、ダイヤモンドができるような超高温・超高圧の条件下で生成されると主張した。「石油は、『冷たい』噴火のプロセスを経て高圧で地殻に運ばれた深部起源の原始的物質である」とポルフィリエフ氏は述べる。彼の研究チームは、石油が動植物の化石の生物学的残留物であるという考えは、供給が限られているという神話を永続させるために作られたデマであると否定する。

従来の地質学を覆す

このように、ロシア及びウクライナでは、石油発見に対する科学的アプローチが根本的に異なるため、これまで西側の地質学的探査理論では石油の存在に適さないとされていた地域でも、ソ連は巨大なガスと石油の発見を実現することができたのだ。ソ連邦崩壊後の1990年代初頭、ロシアとウクライナの間にあるドニエプル・ドネツ盆地という、45年以上も地質学的に不毛とされてきた地域で、新しい石油理論を用いて石油・ガスの掘削が行われたのである。

ロシアとウクライナの石油物理学者と化学者は、石油の深部起源に関する彼らのa-biotic(非生物)理論に従い、ドニエプル-ドネツ盆地の結晶質基盤のテクトニック履歴と地質構造を詳細に分析することから開始した。この地域の地殻変動と深部構造の解析の後、物理学的、地球化学的調査を行った。

合計61本の井戸が掘削され、そのうち37本が商業生産に成功し、探鉱の成功率はほぼ60%という驚異的なものであった。発見された油田の規模は、アラスカのノース・スロープに匹敵するものだった。 一方、アメリカのワイルドキャット掘削は、成功率10%と言われている。10本の井戸のうち9本は 「ドライホール 」であるのが普通だ。

そのロシアの地球物理学が、石油やガスを発見した経験は、冷戦時代のソ連の通常の国家安全保障のベールに固く包まれ、化石の起源、つまり石油の厳しい物理的限界を教え続けた西側の地球物理学者にはほとんど知られることなく、終わってしまった。2003年のイラク戦争後、ペンタゴンの一部の戦略家は、ロシアの地球物理学者たちが戦略的に重要なことを掴んでいるかもしれないと、徐々に思い始めた。

もしロシアに科学的なノウハウがあり、西側の地質学がなければ、ロシアは地政学的に重要な戦略的切り札を持っていることになる。西ヨーロッパ、中国、その他のユーラシア大陸とのパイプラインと港湾を遮断するために、ロシアを取り囲む軍事基地と弾道ミサイルのシールドのネットワークである「鉄の壁」の建設に着手することは驚くべきことではなかった。ハルフォード・マッキンダーの最悪の悪夢、経済成長のための石油の必要性と必要性から生まれたユーラシアの主要国の相互利益の協調的収束が出現したのである。皮肉なことに、アメリカがイラクとイランの石油資源をあからさまに奪ったことで、ユーラシアの伝統的な敵である中国とロシアがより緊密に協力するようになり、西ヨーロッパでは自分たちの選択肢も狭まっているという認識が広まった。

ピークの王

ピークオイル説は、シェル石油に勤務していたテキサスの地質学者、故マリオン・キング・ハバートが1956年に発表した論文に基づく。ハバート氏は、油田はベルカーブ状に生産され、ピークを迎えると必然的に衰退していくと主張した。彼は、アメリカの石油生産は1970年にピークを迎えると予測した。彼は、謙虚な人物で、自分が発明した生産曲線を「ハバート曲線」、そのピークを「ハバートのピーク」と名付けた。1970年頃からアメリカの石油生産量が減少し始めると、ハバートはある種の名声を得た。

ただ、問題として、ピークに達したのは、アメリカの油田の資源が枯渇したからではないことだ。シェル、モービル、テキサコ、そしてサウジアラムコのパートナーたちが、関税のかからない安い中東産の石油を、カリフォルニアやテキサスの国内生産者が太刀打ちできないほど安い価格で米国市場に流し、油田を閉めざるを得なかったからである。

ベトナムの成功

1960年代、アメリカの多国籍企業が、サウジアラビア、クウェート、イランなど、安価で豊富な石油を産出し、容易にアクセスできる大油田の支配に躍起になっている間、ロシアは代替理論のテストに奔走していた。ロシアは、不毛の地といわれるシベリアの油田を掘り始めた。そこで彼らは、深部「a-biotic」地質学的推定に基づいて、11の主要油田と1つの巨大油田を開発した。その結果、アラスカのノース・スロープに匹敵する規模の「黒い金塊」を発見したのである。

そして、1980年代にベトナムに渡り、自分たちの新しい地質理論が有効であることを示すために、掘削費用を融資することを申し出た。ペトロソフ社は、ベトナムのホワイトタイガー油田で、地下1万7千メートルの玄武岩を掘り、日量6千バレルの石油を採掘して、エネルギー不足のベトナム経済に供給した。ソ連では、生物学的な訓練を受けたロシアの地質学者が知識を深め、1980年代半ばには世界最大の石油産出国になった。西側諸国では、その理由を理解している者はほとんどいなかったし、聞こうともしなかった。

ケニー博士は、ロシアで教鞭をとり、ドニエプル・ドネツ盆地を開発したウラジーレン・クラユシキンに師事した数少ない西側の地球物理学者の1人である。ケニーは、最近私にこう言った、「(サウジアラビアの)ガワール油田がこれまでに生産した石油量を作るだけでも、変換効率100%と仮定して、深さ、幅、高さが19マイルの立方体の大きさの恐竜の化石の残骸が必要だ」。要するに、馬鹿げているのだ。

西洋の地質学者は、化石が起源であることを科学的に証明しようとはしない。ただ、聖なる真理として主張しているに過ぎない。ロシア人は大量の科学論文を発表しているが、そのほとんどがロシア語である。欧米の有力な学術誌は、このような革命的な見解を掲載することに全く関心を示さない。結局のところ、キャリアや学問的職業全体が危機にさらされるのだ。

扉を閉じる

2003年、ロシアのユコスオイル社のミハイル・ホドルコフスキーが逮捕されたのは、彼がディック・チェイニーと個人的に会談し、ユコス社の圧倒的な株式をエクソンモービル社に売却する直前だった。もし、エクソンがこの株式を取得していたら、世界最大の地質学者と深海掘削の生物学的技術に精通したエンジニアを掌握することができたろう。

2003年以来、ロシアの科学的知識の共有は著しく減少している。1990年代初頭、米国や他の石油物理学者と知識を共有しようという申し出があったが、関係した米国の地球物理学者によれば、冷たく拒絶された。

では、なぜリスクの高いイラク戦争に踏み切ったのだろうか。この一世紀、米国と同盟関係にある西側の巨大石油企業は、サウジアラビアやクウェート、ナイジェリアを支配することによって、世界の石油をコントロールしてきた。今日、多くの巨大油田が減少しているため、彼らはイラクとイランの国営油田を、安価で容易な石油の最大の残存基地とみなしているのである。中国やインドが石油を大量に消費する今、アメリカは一刻も早く中東の埋蔵量を直接、軍事的に支配することが地政学的に必須となった。副大統領のディック・チェイニーは、世界最大の石油物理サービス会社であるハリバートン社から転職してきた。米国の石油支配に対する唯一の潜在的脅威は、たまたまロシア国内にあり、現在国家が支配しているロシアの巨大エネルギー企業にあるのだ。ふむふむ。

ケニーによれば、ロシアの地球物理学者は、1960年代に欧米の地質学者がウェゲナーを「発見」するよりも30年も前に、ドイツの優れた科学者アルフレッド・ウェゲナーの理論を使っていたという。ウェゲナーは1915年に『大陸と海洋の起源』を発表し、2億年以上前に統一された大陸(パンゲア)があり、それが大陸移動によって現在の大陸に分離したことを示唆した。

1960年代まで、ホワイトハウスの科学顧問であったフランク・プレス博士のような米国の科学者とされる人たちは、ウェゲナーを「狂人」と呼んだ。1960年代末の地質学者たちは、ウェゲナーが北海の膨大な石油資源の発見を可能にする唯一の解釈を提示したため、その言葉を否定せざるを得なくなったのである。おそらく数十年後には、欧米の地質学者も化石起源神話を見直し、ロシア人が1950年代から知っていたことを理解するようになるだろう。いずれにせよ、モスクワは巨大なエネルギーの切り札を握っているのである。

未分類

Posted by ysugimura