WHOファクトシート「電磁界と公衆衛生:携帯電話」の矛盾

Electromagnetic fields and public health: mobile phones

「病気の真の原因」で、このWHOのファクトシートがやり玉にあげられてますが、大笑いしたので見てやってください。赤字部分だけ読めばOK。それ以外読むとこないので。

つまり、WHO傘下のIARCは、「ケータイ電波は発がん性の可能性ありで、グループ2Bの発がん性物質だ」と言ってるのに、WHOは「ケータイ電波の影響は加熱だけ、表層だけで脳にはいかない」と言うのです。しかも、2016年までに「正式なリスク評価をする」としているのに、発表されたのかされてないのか、とにかくこのファクトシートには反映してません。

※2014年10月8日との日付ですが、それ以降更新されていません。


電磁波と公衆衛生:携帯電話

2014年10月8日

重要な事実

  • 携帯電話利用はどこにでもあり、全世界で69億契約と推定される。
  • 携帯電話の発生する電磁波は、国際がん研究機関(訳注:IARC)により、ヒトに対して発がん性の可能性があると分類されている(原文:The electromagnetic fields produced by mobile phones are classified by the International Agency for Research on Cancer as possibly carcinogenic to humans)
  • 携帯電話使用による長期的な影響の可能性をより完全に評価するための研究が進行中である。
  • WHOは、2016年までに、高周波磁場への曝露による健康への影響について研究されたすべてについて、正式なリスク評価を実施する予定である(訳注:このファクトシートは、2014年のまま更新されていない)

携帯電話は、今や現代の電気通信に不可欠な存在となっている。多くの国で人口の半数以上が携帯電話を使用しており、その市場は急速に拡大している。2014年には、全世界で69億の契約数があると推定されている。世界の一部では、携帯電話が最も信頼できる、あるいは唯一の電話となっている。

携帯電話の利用者が多さを考えると、公衆衛生への潜在的な影響を調査、理解、モニターすることが重要である。

携帯電話は、基地局と呼ばれる固定アンテナのネットワークを通じて電波を送信することで通信を行う。電波は電磁場であり、X線やガンマ線のような電離放射線とは異なり、人体内で化学結合を切断したり電離を起こしたりすることはない。

被ばく量

携帯電話は、450~2700MHzの周波数で動作し、ピーク出力は0.1~2ワットの範囲にある低出力の高周波送信機である。携帯電話の電源が入っているときだけ電力を発信し、携帯電話からの距離が離れると電力(したがってユーザーが受ける高周波の被ばく量)は急速に減少する。携帯電話を体から30~40cm離して使用している人(例えば、メールやインターネット、ハンズフリー機器使用時)は、携帯電話を頭に当てている人よりも高周波電界への曝露がはるかに少なくなる。

通話時に携帯電話を頭や体から離す「ハンズフリー」機器の使用に加え、通話の回数や時間を制限することでも、被ばく量を減らすことができる。また、電波の届きやすい場所で携帯電話を使用することで、携帯電話の送信電力を抑えることができ、被ばく量を減らすことができる。高周波磁場への曝露を低減するための市販の機器の使用は、有効と示されていない。

携帯電話は、高周波信号が特定の電気医療機器やナビゲーションシステムに干渉する可能性があるため、病院や飛行機内では禁止されていることが多い。

健康への影響はないか?

携帯電話が潜在的な健康リスクをもたらすかどうかを評価するために、過去20年間に多くの研究が行われた。現在までのところ、携帯電話の使用が原因となる健康への悪影響は立証されていない(原文:A large number of studies have been performed over the last two decades to assess whether mobile phones pose a potential health risk. To date, no adverse health effects have been established as being caused by mobile phone use.)

短期的な影響

組織加熱は、高周波エネルギーと人体との相互作用の主要メカニズムである。携帯電話で使用されている周波数では、エネルギーのほとんどが皮膚やその他の表層組織に吸収されるため、脳やその他の臓器の温度上昇はごくわずかだ(原文:Tissue heating is the principal mechanism of interaction between radiofrequency energy and the human body. At the frequencies used by mobile phones, most of the energy is absorbed by the skin and other superficial tissues, resulting in negligible temperature rise in the brain or any other organs of the body)

多くの研究が、ボランティアの脳の電気活動、認知機能、睡眠、心拍数、血圧に対する高周波磁場の影響を調査している。現在までのところ、組織の加熱を引き起こすレベル以下の高周波磁場への曝露による健康への悪影響について、一貫した証拠を示唆する研究はない。さらに、電磁界への曝露と自己申告の症状、すなわち「電磁波過敏症」との因果関係を裏付ける研究結果は得られていない。

長期的影響

高周波への曝露による長期的なリスクの可能性を検討する疫学的研究では、ほとんどが脳腫瘍と携帯電話の使用との関連性を調べている。しかし、多くのがんは、腫瘍の原因となった相互作用から何年も経たないと発見できないため、また、携帯電話が広く使われるようになったのは1990年代初頭であるため、現在の疫学研究では、より短期間に明らかになったがんしか評価することができない。しかし、動物実験の結果は一貫して、高周波磁場への長期暴露による発がんリスクの増加はないことを示している。

成人における多くの健康評価項目を調べる症例対照研究や前向きコホート研究など、いくつかの大規模な多国間疫学研究が完了または進行中である。国際がん研究機関(IARC)がコーディネートした、成人を対象としたこれまでで最大のレトロスペクティブケースコントロール研究「インターフォン」は、成人の携帯電話の使用と頭頸部がんとの間に関連性があるかどうかを明らかにするために計画されたものである。

参加13カ国から集められたデータの国際的なプール分析では、10年以上の携帯電話の使用による神経膠腫や髄膜腫のリスクの増加は認められなかった。携帯電話の累積使用時間が最高10%であると回答した人については、神経膠腫のリスクが増加することが示唆されたが、使用期間が長いほどリスクが増加するという一貫した傾向は認められなかった。研究者らは、偏りや誤差がこれらの結論の強さを制限し、因果関係の解釈を妨げていると結論付けている。

IARCは、おおよそこれらのデータに基づき、高周波電磁界をヒトに対して発がん性の可能性がある(グループ2B)と分類した。この分類は、因果関係が信頼できると考えられるが、偶然、偏り、交絡が妥当な信頼度で除外できない場合に使用されるものである(原文:Based largely on these data, IARC has classified radiofrequency electromagnetic fields as possibly carcinogenic to humans (Group 2B), a category used when a causal association is considered credible, but when chance, bias or confounding cannot be ruled out with reasonable confidence)

脳腫瘍のリスク増加は確立されていないが、携帯電話の使用が増加していること、15年以上の長期にわたる携帯電話の使用に関するデータがないことから、携帯電話の使用と脳腫瘍のリスクについてさらなる研究を行う必要がある。特に、近年、若年層での携帯電話利用が盛んであり、そのため、生涯にわたって携帯電話にさらされる可能性があることから、WHOは、このグループに関するさらなる研究を推進している。現在、子どもや青少年における健康への影響の可能性を調査するいくつかの研究が進行中である。

被ばく線量の目安

携帯電話使用者の高周波被ばく限度は、比吸収率(SAR)-身体の単位質量当たりの高周波エネルギー吸収率-で示される。現在、2つの国際機関1, 2が、作業者及び医療診断・治療中の患者を除く一般人のための曝露ガイドラインを策定している。これらのガイドラインは、入手可能な科学的証拠の詳細な評価に基づく。

WHOの対応

国民や政府の懸念を受けて、WHOは1996年に国際電磁界(EMF)プロジェクトを設立し、電磁界による健康への悪影響の可能性に関する科学的根拠を評価している。WHOは、2016年までに、高周波磁場への曝露による健康への影響について研究されたすべてのものについて、正式なリスク評価を実施する予定である。さらに、前述のように、WHOの専門機関である国際がん研究機関(IARC)は、2011年5月に携帯電話からのような高周波磁場の発がん性の可能性を審査している。

また、WHOは、研究課題を通じて、知識のギャップを埋めるために、高周波磁場と健康に関する研究の優先順位を特定し、推進している。

WHO は、携帯電話の健康への潜在的な有害リスクに関する理解度を高めるため、広報資料を作成し、科学者、政府、産業界、一般市民の間の対話を促進している。

 

未分類

Posted by ysugimura