プーチン「平和条約」の意味

いろいろ取り上げたい話題はあるんですが、もう少し解説がでてきてからにしましょう。例えば、BreitbartがGoogleの内部ビデオリークにより、その偏向ぶりを記事にしてますね。LEAKED VIDEO: Google Leadership’s Dismayed Reaction to Trump Electionです。検閲されないように、このビデオを皆さん保存しておきましょう。

で、非常に気になってるのが昨日プーチンが安倍に「無条件の平和条約締結」を提案したことです。実のところ、この意味がわからなかったんです。なぜこれに否定的な応答になるのかがです。

で、本日の奴隷日報を読んでも的を得ない書き方なんですよねぇ。

露大統領「年内に平和条約提案」、首相に、北方領土棚上げ

という見出しなんですが、当然プーチンは「北方領土棚上げ」などとは言ってません。「無条件の」と言っているわけです。そして、

日本応じぬ方針

なんだそうです。ここで疑問に思いませんか?プーチンは無条件に(北方領土はともかく)、平和条約を先に締結しようと言っているわけです。ところが、この奴隷日報も日本政府も「応じない、応じるべきではない」と言うわけですね。北方領土が解決しない限りは。

しかし、平和条約の中身は何でしょうかね?これを探しても、どこもその定義をするところが無いようなんですが、これも意図的なものでしょうね。想像するには当然「お互いに敵対行為はやめようね」ということでしょうね。

これのどこが嫌なんですか?なぜ、「お互い敵対行為をやめよう」の前に北方領土問題の解決なのでしょうか?

臭いせんか?ぷんぷん臭ってきますよね?

想像するに、プーチンとしては、北方領土を返して、そこに米軍基地が作られては困るわけです。これは厳然たる事実です。いつだったか、明確にそう言ったという報道もありましたね。ですから、彼としてはまず平和条約を締結して、その後に領土の交渉しましょうね、と言うわけです。彼の立場にしてみりゃ当然だし、そこに我が国として何のデメリットがあるというのでしょうか。何はともあれ平和条約を締結しましょうというわけですよ?何がおかしいんですか?

しかし、寄生虫政府や洗脳新聞としては、これでは困るわけです。先に北方領土を返せと言うわけです。そして当然ですよね?その後で米軍基地を作らせるという目論見があるわけです。どう考えても明らかです。

寄生虫政府と洗脳新聞は、とかく北方領土を故郷とする人達をクローズアップしたりするんですが、本心としては「そんなのどうでもいい」んですね。彼らが故郷に戻れずに、そのまま死のうが構わないんです。国民を騙すための、ただのエサに過ぎないわけです。

連中が狙っているのは、北方領土を返還させ、そこにアメリカ様の基地を作ることです。プーチンはそれを重々承知してます。だから返さないんです。だから先に平和条約を締結させようとするわけです。

しかしですね、ディープステートの奴隷である寄生虫政府と洗脳新聞の両者は、そんなことおくびにも出さないんですよ、「返還させたら米軍基地を作るつもりだ」なんてことは。で、返還してもらったら、米軍基地作り放題で、島民が帰っても沖縄同様危険と騒音に悩まされるというわけですよね、笑止です。もうシナリオは完全に見えてます。

この連中は、日本国民のことなど、どうでも良いのです。いい加減にわかってください。

そして、あくまでも「北方領土は日本固有の領土です」とか「故郷に帰れない」などという欺瞞に満ちた宣伝をいつまでもするわけです。

その上で読売の記事を読んでみると、はっきりしますね。

なぜ、平和条約に日本政府が困惑する理由があるんでしょうか?なぜ「くせ球」なのでしょう?なぜこれが「プーチンの揺さぶり」なんでしょう?全く訳がわかりません。「お互い敵対行為はせずに、平和で行こうね」のどこが嫌だというでしょう?

まぁ、奴隷日報に限らず、どこの報道も同じようなもののようですね。あくまでも、国民不在の寄生虫政府のやり方を何とか隠すための報道ばかりです。

北方領土変換後は米軍基地を作るということです。

ちらちらと検索してみると、毎度おなじみBLOGOSにも頭のおかしな人が書いていますね。

プーチン大統領の思いつき

正直申し上げて、メチャクチャな文章です、なぜこんなゴミみたいな文章を載せるのでしょう、BLOGOSは。面倒なのでそのデタラメぶりは解説しませんけど。

ともあれ、皆さん、こういった人間のクズ共に騙されないようにしてくださいね。