ジュディ・マイコヴィッツ

この話は聞いたことがなかったんですが、本当だとすると。。。とてつもないことです。世界中の全員がワクチン止めることになるでしょうね。もちろん、大儲けしている製薬企業としては、何が何でも黙らせたいというのは良くわかります。

このサイトで、基本的に、文章ではなくわざわざ動画に字幕をつけてるのは、こういうことなんです。「この人は、少なくともウソはついていないだろう。間違ってはいるかもしれないけど」と判断するためのためです。これを話しぶりから判断したいということがありますね。ウソつきというのは、わかるものです。

おおよそ我々の世界観というのは、教育か、あるいはマスメディアによって形成されており、それからはみ出すものは「トンデモ」とか「陰謀論」とか言われてしまうものですが、しかし、いったん「教育やマスメディアがトンデモなウソをついている」という認識ができたとき、それ以降何を信じるべきかということです。自身ですべてを確認するわけにもいきません。

であれば、そういった主張している人が信頼に足るものであるかを、自分の目で判断しなければならないんです。これが論理的帰結というものであり、当然ですね。

これまでの自身の経験から判断するに、あらゆる権威はウソをついています。自らの利益に資するようなウソをつくものなんです。日本の場合でも政治家は言うに及ばず、警察・裁判所・大企業・医者一切合切がとんでも無いウソ付き連中だということは私は理解してます。この点を議論するつもりなどありません。「そうでは無い」などと主張する方は、真実というものを知らない人であり、見ようとしない者であり、いわゆるSheeple(羊のように従順な人)でしかありません。

そしてこういった愚鈍なSheepleであればあるほど、権力者には気に入られ、以下同文というわけです。

相変わらず前振りが長いんですが、このジュディ・マイコヴィッツの話は大変なことですね、もし本当だとすれば。そして、どうにもこの人がウソをついているとは思えないのです。刑務所にもぶち込まれたということですし、ウソをついて何か利益があるとも思えません。ですから、本当だと判断する他はありません。


ちなみに、日本語では「ジュディ・ミコヴィッツ」で検索した方が引っかかります。こういう記事を書いてる人は、おそらく文書しか読まないのでMikovitsの発音を勝手に「ミコヴィッツ」にしてしまうのでしょうけれども、本人は明らかに「マイコヴィッツ」と発音してます。

ちなみにですが、トランプ・ロシア疑惑捜査を行ってるディープステート元FBI長官のRobert Muellerなんですが、正式な発音がわかりません。人によってモラーと発音してる人もいるし、ミュラーと発音してる人もいますね。本人のしゃべってるところを見たことが無いので、本当はどちらなのか。

さて、ジュディ・ミコヴィッツで検索してみると、おおよそこういうことのようです。慢性疲労症候群という病気があり、この原因がXMRV(異種指向性マウス白血病ウイルス関連ウイルス)であることをマイコヴィッツが発見したと。しかし、その研究が捏造あるいは間違いだという騒動ですね。

しかし、これが本当だとすれば、なぜネズミのウイルスが人体にいるんだという話なんですが、マイコヴィッツの話によれば、別の研究者が発表したところによると、その原因はワクチンの製造過程にあったということです。つまり、ワクチンの製造過程でネズミの脳を使ったからだと。

本当のところは全くわかりませんがね。マイコヴィッツが言うように、人間の組織とネズミの組織を一緒にすれば何が起こるかは、そりゃわからないというのは想像はできますね。

マイコヴィッツが言及しているスザンヌ・ハンフリーズも、同じようなことは指摘していました。ワクチンの製造過程でサルが使われていることは。マイク・アダムスは何度も彼女にインタビューしてますが、これはおそらく最初のものです。

ワクチンを作るには、ワクチン化したい病原体、バクテリア、ウイルスを、どこかで栽培する必要があります。
何年にも渡り、猿の腎臓や睾丸が用いられてきました。
ご承知の通り、猿は我々と遺伝的に関連性がありますね。
猿の中のウイルスは猿を病気にすることはないのですが、
我々の身体に入れると、病気を引き起こすし、ガンも起こします。
これは腎臓移植した人々において見ることができるのですが、
猿ウイルス、40sv40ウイルスがポリオウイルスになったことが1999年までに起こった可能性があるのです。
現在もその可能性がありますね、古いやり方が種培養で行われているとすると(?)。
このようにウイルスが発生したことがわかっています。
さて、我々は病原菌を動物の細胞で培養しているわけですが、
鶏、牛、猿が現在も使われているのです。
以前と同じ種類の猿ではなく、実際にはチンパンジーさえ使っていますね。
以前は御法度でしたが。
細胞での栽培はベースとなる開始点です。
ですから、こういった動物に潜伏でき、無害なものであれば、ワクチン培養の可能性があるわけです。
欠点としては、特別なテストをしなければ発見できないということです。
言い換えれば、それが可能なことを知るためには、それを発見するためのテストを開発しなければなりません。
実際に、動物培養が行われるすべてのワクチンにおいて、
想定していないウイルスが存在する可能性があります。
人間にとっては、あらゆる種類の予期せぬことを引き起こすような。
新しいウイルスに突然変異することも含まれます。
掛け合わせの種もあります。
アドノ(?)ウイルスがsv40ウイルスと掛け合わされた例もあります。
こういうもののDNAや、病原体が我々のDNAに入り込み、それを変化させてしまうこともあるのです。
私の意見としては、これらのワクチンは我々を遺伝子組み換えしてしまうということです。

まぁ、要するに製薬会社などというものはトンデモな代物だということです。そして、スザンヌ・ハンフリーズその他が良く言ってますが、医者というものはそれに完全洗脳されており、ワクチンは安全で効果的だ宗教に染まっており、何も考えたことの無い愚か者でしか無いということです。

それこそが医者に儲けをもたらすのです。現在の極めて原始的な社会システムは、そういう仕組みです。100年後か200年後かわかりませんが、そこでは現代社会のことを「魔女狩りが行われた中世と、ほとんど変わりが無い」と評されることでしょうね。