COVID19~世界的詐欺の証拠

2020年12月21日

OffGuardianの記事です。著者はIain Davis。

COVID19 – Evidence Of Global Fraud


COVID 19とその後の政府の対応は、詐欺行為を行う国際的な陰謀の一部のように見える。SARS-CoV-2と呼ばれるウイルスが COVID 19と呼ばれる病気を引き起こすという証拠はないようだ。

時には自分の直感に従うことも必要だ。私は遺伝学の専門家ではない。しかし、スペインの医学雑誌D-Salud-Discoveryで公開されたいくつかの研究に、私の注意はひきつけられた。非常に有能な医師や科学者の彼らの諮問委員会が、その研究の信頼性をさらに増している。彼らの主張は驚くべきものである。

SARS-CoV-2を同定するためのRT-PCRテストで使用される遺伝子プライマーとプローブは、何ら特定のものを標的としていない。彼らの報告書の英語訳に概説されている検索技術に従い、WHOのプロトコルにリストされているヌクレオチド配列について、彼らの主張の正確性を裏付けることができる。皆さんも同じことができる。

D-Salud-Discoveryは、SARS-CoV-2を特定できる検査はないとしている。したがって、COVID 19が集団の健康に与える影響についての主張はすべて無根拠である。

COVID 19の公式な説明はすべて欺瞞だ。表面的には、どの部分にも科学的な根拠は存在しない。

これらの主張が正しければ、パンデミックの証拠はなく、単にパンデミックが起こったかのように錯覚しているだけだと言えるで。我々は、明らかな理由もなく、計り知れない損失を被ってきた。それは、世界経済と私たちの社会を自分たちの目的に合わせて変えようとする、不謹慎な独裁者の野望以外には無い。

これにより、この「寄生虫階級」は潜在的に数え切れないほどの犯罪を犯している。これらの犯罪は、法廷で調査し、起訴することができるし、そうすべきだ。

正確には何を特定しているのか?

世界保健機関(WHO)は、COVID-19(COronaVIrus Disease 2019)を分類し、2019年3月11日に世界的なCOVID 19パンデミックを宣言した。

WHO の臨床検査ガイドラインには次のように記載されている。

武漢の肺炎患者群の原因となった病因は、培養ウイルスからの次世代シークエンシング(NGS)または複数の肺炎患者から直接採取したサンプルから、新規のベタコロナウイルス(SARS-CoV や MERS-CoV と同じファミリー)であることが確認されている。

WHOの主張は、SARS-CoV-2ウイルスがCOVID-19という病気を引き起こすというものだ。彼らはまた、このウイルスは武漢の研究者によって明確に同定されたと主張している。

WHOの「新型コロナウイルス2019-nCov状況報告書1」では、彼らは次のように述べている。

中国当局は、2020年1月7日に分離された新型コロナウイルスを同定した……2020年1月12日、中国は各国が特定の診断キットを開発する際に使用するために、新型コロナウイルスの遺伝子配列を公開した。

WHOのこの2つの声明は、SARS-CoV-2ウイルスが分離され(研究のために精製されたことを意味する)、分離されたサンプルから遺伝子配列が同定されたことを明確に示唆している。このことから、診断キットが開発され、世界中の町や都市、コミュニティでウイルスを検査するためのキットが世界中に配布された。WHOと中国の研究者によると、これらの検査でCOVID 19の原因となるウイルスが見つかるという。

しかし、WHOは次のようにも述べているのだ。

配列情報から直接作業を行い、研究室で使用される一連の遺伝子増幅(PCR)測定法を開発した。

武漢の科学者たちは、いわゆるSARS-CoV-2ウイルスの単離精製サンプルがなかったため、「配列情報」から遺伝子増幅アッセイを開発した。彼らはまた、新たに発見されたウイルス(ウイルスRNAを含むとがったタンパク質の球)の電子顕微鏡画像を示した。

しかし、このようなタンパク質構造はユニークなものではない。内細胞小胞やエクソソームなど、他の丸い小胞と同じように見えるのだ。

ウイルス学者は、ウイルスは宿主細胞内でしか複製しないので、ウイルスを「分離」することは不可能だと主張している。彼らは、(生物である)細菌に関連しているので、コッホ原則は適用されないと付け加えている。その代わりに、ウイルス学者は、細胞の突然変異や分解を引き起こすウイルスの細胞病原性効果(CPE)を、細胞培養物の中で観察する。

中国の研究者が最初にSARS-CoV-2の全ゲノムの配列を決定したとき、彼らはVero E6とHuh7の細胞でCPEを観察した。Vero E6は不死化されたサル細胞株であり、Huh7は不死化された癌(腫瘍性)細胞である。つまり、これらの細胞はインビトロ(シャーレ培養)で何年も維持されていることを意味する。

SARS-CoV-2は人獣共通感染性のウイルスであり、動物から人間へと種のギャップを埋めることができるという考えが、SARS-CoV-2の公式発表の中心となっている。米国CDCの科学者たちが、この新型ウイルスを様々な細胞に「感染」させたところ、以下のような結果が得られた。

我々は、ヒト腺癌細胞(A549)[肺細胞]、ヒト肝臓細胞(HUH7.0)およびヒト胚性腎細胞(HEK-293T)を含むいくつかの一般的な霊長類およびヒト細胞株において、SARS-CoV-2の感染および複製能力を調べた。 HUH7.0および293T細胞は控えめなウイルス複製を示し、A549細胞(ヒト肺組織細胞)はSARS-CoV-2感染とは相容れなかった。

CDCは人間の細胞でCPEを観察していない。また、このウイルスが人間の病気を引き起こしたという証拠も見られなかった。また、このヒトウイルスはヒト細胞内で目立った複製を示さず、ヒトからヒトへの感染は不可能であることを示唆している。

この問題に注目して、ポーランドの科学者チームは、この配列決定された「ウイルス」をヒトの上皮(気道)細胞に導入した。彼らは、これらのHAE培養物の効果を5日間観察した。彼らは、CDCの科学者よりもはるかに大きな複製を観測したが、最終的にはこう述べた。

HAE培養の基底側からのウイルスの放出は観察されなかった

つまり、細胞壁膜を破ったと思われるウイルスの証拠は何も見られなかったということだ。このウイルスは人間には感染しないということだ。

SARS-CoV-2が、人間に感染するウイルスかどうかは不明である。物理的に存在しないかもしれない。予測遺伝子配列に基づく概念にすぎないのだろうか?

発見の旅

武漢疾病管理予防センターと上海公衆衛生臨床センターは、初のSARS-CoV-2の完全ゲノム(MN908947.1)を公開した。これは何度も更新されている。しかし、MN908947.1が、COVID 19とされる病原体(SARS-CoV-2)を記述した最初の遺伝子配列であった。

その後のすべての主張、検査、治療、統計、ワクチン開発、そして結果としての政策は、この一連の流れに基づいている。もしこの新しいウイルスの検査で、人間に病気を引き起こす可能性のあるものが何も検出されなければ、COVID 19の物語は何もない、ただの見せかけのようなものだ。

武漢の研究者たちは、サンプルから見つかった断片と以前に発見された他の遺伝子配列を照合することで、SARS-CoV-2の遺伝子配列を効果的につなぎ合わせたと述べています。収集された材料から彼らは、SARS コロナウイルス (SARS-CoV) と 87.1% の一致を発見した。彼らは、de novoアセンブリと標的化PCRを使用して、SARS-CoVと79.6%の配列一致を共有する29,891塩基対を発見した。

彼らは、これらの断片の正しい配列や順序についての事前知識がなかったため、de novoアセンブリを使用しなければならなかった。簡単に言えば、中国の研究者が1月7日にウイルスを分離したというWHOの声明は誤りである。

武漢のチームは、40回のRT-qPCR増幅を用いて、cDNA(サンプリングしたRNA断片から構築された相補DNA)の断片を、公表されているSARSコロナウイルスゲノム(SARS-CoV)と照合した。残念ながら、オリジナルのSARS-CoVゲノムがどれほど正確なものであるかは明らかではない。

2003年、香港の研究者チームは重症急性呼吸器症候群(SARS)患者50人を調査した。そのうち2人の患者からサンプルを採取し、サルの胎児肝細胞で培養した。

彼らは発見した遺伝物質の30個のクローンを作成した。他の既知のウイルスの証拠を見つけることはできなかったが、クローン化されたサンプルのうちの1つから、”起源不明 “の遺伝子配列を発見した。

これらの未知のRNAの配列を調べたところ、ウシコロナウイルスやマウス肝炎ウイルスと57%の一致が見られ、コロナウイルス科のウイルスであることが推測された。これらの配列は、新たに発見されたSARS-CoVウイルスを示唆していると考え、この新しいウイルスを検査するためのRT-PCRプライマーを設計した。研究者は述べている。

新しいウイルスを検出するためのプライマーは,臨床サンプル中のこのヒト肺炎関連コロナウイルスゲノムを RT-PCR で検出するために設計された.50人のSARS患者から得られた44個の鼻咽頭サンプルのうち、22個にヒト肺炎関連コロナウイルスRNAの証拠があった。

検査された患者の半数は 全員が同じ症状を持っており、この新しい疑惑のウイルスの陽性反応を示した。残りの半数が陰性だった理由は不明だが、疑問が持たれてはいない。

このウイルスは57%の配列が既知のコロナウイルスと一致していた残りの43%は “そこそこ “だった配列データが作成され、GenBank Accession No.AY274119として新しいゲノムとして記録された。

武漢の研究者はその後、AY274119と79.6%の配列一致を発見したため、これをSARS-CoVの新規株(2019-nCoV – 最終的にSARS-CoV-2と改名)と呼んだ。このプロセスのどの段階においても、誰も、いかなるウイルスの単離された精製サンプルを作成していなかった。彼らが持っていたのは、他のパーセンテージ配列の一致に対するパーセンテージ配列の一致だけであった。

COVID19~世界的詐欺の証拠、その2

未分類

Posted by ysugimura