COVID19~世界的詐欺の証拠、その2

COVID19~世界的詐欺の証拠の続きです。

何も分離していない

科学者たちは、ウイルスが分離されたと言い続けているが、誰も信じていないので、非常に困っている。というのも、まだ誰もSARS-CoV-2ウイルスの精製サンプルを提供していないからである。ゲノムは完成しており、これから発見されるというのは、特に説得力があるものではない。

調査ジャーナリストのTorsten EngelbrechtとKonstantin Demeterは、SARS-CoV-2ウイルスの画像を持っていると言った科学者たちに、それが分離精製されたウイルスの画像であることを確認するように頼んだ。誰も確認できなかった。

訳注参考:既に翻訳済みのCOVID19のPCR検査は科学的に無意味である

オーストラリアのドハーティ研究所の科学者は、SARS-CoV-2ウイルスを分離したと発表した。確認のために聞かれた科学者によれば、

診断検査で使用できる短い(RNA)配列を持っている。

これは、オーストラリア政府が次のように述べている理由を説明しています。

COVID-19検査の信頼性は、限られたエビデンスベースのために不確実である…利用可能なCOVID-19検査の精度と臨床的有用性を評価するために利用可能なエビデンスは限られている。

英国では7月に懸念する学者グループが 英国のボリス・ジョンソン首相に手紙を書いた。その中で彼らは彼に要求した。

COVID19ウイルスが分離されたことを証明する独立専門家のレビューを受けた科学的証拠を作成すること

これまでのところ、回答は得られていないという。

同様に、英国の研究者Andrew Johnson氏は、Public Health England (PHE)に情報自由法要求を行った。彼は、SARS-COV-2ウイルスの分離に関する記録の提供をPHEに求めた。これに対して彼らは回答した。

PHEは、ご要望を満たすような方法で情報を保有していないことを確認しました。

カナダの研究者クリスティン・マッシー氏も同様の情報自由法要求を行い、カナダ政府に同様の要求をした。これに対してカナダ政府は回答した。

徹底した捜索を行いましたが、お客様のご要望にお応えできる記録が見つかりませんでした。

訳注参考:翻訳済みのカナダには新コロが分離されたという記録はないらしいを参照のこと

米国では、疾病管理センター(CDC)のRT-PCR診断委員会は宣言する。

2019-nCoVの定量化されたウイルス分離株は現在利用可能では無い……..ウイルスRNAの検出は、感染性ウイルスの存在を示すものではないかもしれないし、2019-nCoVが臨床症状の原因菌であることを示すものでもない。

2020年7月13日の最終更新において、CDCはCOVID-19の病気を持っていると言われている患者から純粋なウイルスサンプルをまだ入手していない。CDCは、SARS-CoV-2が存在するかどうか、あるいはCOVID19の原因となるかどうかは、必ずしも検査ではわからないことを公然と認めている。

我々は、そんなことは関係ないと言われている。私たちは無知で、ウイルス学を理解していないだけだと。したがって、他の何かである可能性があるとわかっているものの写真や遺伝子配列(他の何かである可能性がある)を、このウイルスとそれが引き起こすとされている病気が本物であるという決定的な証拠として受け入れなければならないのだ。

何も検査していない

WHO、そしてCOVID 19の公式ストーリーを推進するすべての政府、シンクタンク、政策運営委員会、政府の科学顧問、超国家的機関などは、SARS-CoV-2がCOVID 19の原因であると主張している。

ウイルスとされているもののサンプルを誰も作成したことは無いのだが、SARS-CoV-2のゲノムは公表されており、パブリックドメインになっている。

SARS-CoV-2ゲノムの主要な遺伝子配列は、特定の機能を持っていると言われている。これらは「ウイルス」の存在を確認するために科学者が検査する標的タンパク質である。これらには以下が含まれる。

  • RNA-ポリメラーゼ(Rd-Rp)遺伝子 – これは、SARS-CoV-2 RNA が COVID 19 疾患上皮細胞の細胞質内で複製することを可能にする。
  • S 遺伝子(Orf2) – この糖タンパク質は、SARS-CoV-2 ウイルスの表面にスパイクを形成し、これが細胞上の ACE2 レセプターへの SARS-CoV-2 の結合を促進し、ウイルスタンパク質のシェル(キャプシド)内の RNA が感染した細胞内に通過することを可能にする。
  • E遺伝子(Orf1ab) – ウイルスの組み立てに使用される小膜タンパク質
  • N遺伝子(Orf9a) – キャプシド形成時にRNAを結合する核カプセル化遺伝子

WHOは、SARS-CoV-2の検査に使用されるRT-PCRプライマーとプローブの公開記録を維持している。プライマーは、合成された cDNA のアンチセンス鎖およびセンス鎖に結合(アニーリング)する特定のヌクレオチド配列である(それぞれフォワードプライマーおよびリバースプライマーと呼ばれる)。

cDNA鎖は加熱されると分離し、冷却されると再形成される。冷却に先立ち、プローブと呼ばれるヌクレオチド配列を導入して、疑われるウイルスゲノムの特定の標的領域にアニーリングする。増幅の際にプライマー間の領域が伸長するのだが、プライマーがプローブに当たると、プローブは崩壊して蛍光や色素を放出し、研究者がこれを読み取ることができる。

これらのマーカーの同定は、科学者がサンプル中のSARS-CoV-2の存在を証明すると主張するものである。

公開されている他の何かは、基本的なローカルアラインメント検索ツール(BLAST)である。これは、誰でも公開されているヌクレオチド配列を、GenBankと呼ばれる米国国立衛生研究所(NIH)の遺伝子データベースに保存されているすべてのものと比較することができる。したがって、主張されたSARS-CoV-2プライマー、プローブ、標的遺伝子配列をBLASTすることができる。

WHOのフォワード、リバースプライマー、プローブプロトコルは、SARS-CoV-2ウイルスゲノムの疑惑のために、RdRp、Orf1、N、E遺伝子のプロファイルに基づいている。誰でも、我々の発見したものをBLASTで調べられる。

フォワードプライマーとして使用される重要なRdRPのヌクレオチド配列は、 – ATGAGCTTAGTCCTGTTGである。ヌクレオチドBLASTを実行した場合、100%一致した配列の同一性を持つ完全なSARS-CoV-2分離物として記録される。同様に逆E遺伝子プライマー配列 – ATATTGCAGCAGTACGCACACA – また、SARS-CoV-2を識別するOrf1ab配列の存在を明らかにする。

しかし、BLASTでは微生物ゲノムやヒトゲノムのヌクレオチド配列を検索することも可能である。RdRp SARS-CoV-2の配列を検索すると、ヒト染色体と100%の配列同一性が一致する99個の塩基配列が得られる。Orf1ab(E遺伝子)は、ヒト染色体と100%の配列同一性が一致して90を返す。

これらの配列について同様に微生物検索を行うと、SARS-CoV-2 E遺伝子と100%一致する92個の微生物が見つかり、重要なSARS-CoV-2 RdRp遺伝子と100%の配列同一性を持つ100個の微生物が見つかった。

WHOのプロトコルに記録されているSARS-CoV-2のいわゆるユニークな遺伝子マーカーを調べてみると、ヒトゲノムの様々な断片と完全に、あるいは高い割合で一致していることがわかる。このことは、SARS-CoV-2を同定するとされる遺伝子配列がユニークなものではないことを示唆している。微生物配列からヒト染色体の断片まで、何でもあり得る。

ロイターのヘルス・フィードバック・プロジェクトのような、いわゆるファクト・チェッカーは、SARS-CoV-2ゲノムに特異性がないことに気づいた人たちの主張をすぐに否定している。

「この主張はすべてのテストが陽性であるべきだということを示唆している」(そうではないのだが)という藁にもすがるような論拠を用いた彼らの論破の試みは次のようなものである。

プライマーは、ウイルスに固有の特定のヌクレオチド配列に結合するように設計されている。順方向プライマーは特定の染色体に結合することがあるが、逆方向プライマーは同じ染色体に結合しないので、その染色体はSARS-CoV-2ウイルスには存在しない。また、順方向プライマーと逆方向プライマーは増幅される配列を包んでいるため、プライマー間のcDMA配列はウイルスに固有のものである。

これは、事実確認者自身以外の誰も作っていない議論を推進することによって、これらの知見の重要性を意図的に誤表示しているように思われる。BLAST検索では、これらの標的配列はSARS-CoV-2に特有のものではないことが示されている。また、すべての標的が陽性とみなされる結果を得るために発見される必要はない。

モロッコの研究者が、モロッコのSARS-CoV-2の疑惑症例の疫学を調査した。9%が3つの遺伝子に陽性、18%が2つの遺伝子に陽性、73%がたった1つの遺伝子に陽性であった。先ほど説明したように、多くは何も陽性ではなかったかもしれない。

これは完全にWHOの検査ガイドラインに沿ったものだ。彼らは次のように述べている。

最適な診断は、SARS-CoV-2の少なくとも2つのゲノムには依存しない標的を持つNAAT [核酸増幅検査]であるが、感染が広範囲に広がっている地域では、単純な単一標的アルゴリズムを使用することができる…… 1つ以上の陰性結果は、必ずしもSARS-CoV-2感染を除外するものではない。

資金力のあるファクトチェッカの偽りの議論にかかわらず、もしフォワードプライマーとリバースプライマーがジャンクを識別するならば、おそらく一方が染色体の断片であり、他方が微生物配列であるならば、それらの間にある増幅された領域もジャンクであると思われる。

RT-PCRではRNAだけが検出されるという議論はいかがなものかと思う。自然転写(DNA鎖の分離)は遺伝子発現中に起こる。誰も、SARS-CoV-2のゲノムに染色体全体や微生物が配列決定されているとは言っていない。我々が知っている限りでは、そうであるかもしれないが。彼らが言っているのは、このウイルスの検査に使われているとされるマーカーは、目的に合っていないということである。

RT-PCR検査では、ゲノム全体を配列決定することはない。存在すると言われている配列の存在を示すために、特定のプローブ蛍光のインシデントを探すのだ。これらの配列は、MN908947.1およびその後の更新によって定義されている。これらのプライマーやプローブは、ノンコーディング、時には “ジャンク “と呼ばれるDNA(cDNA)から抽出されたRNAとの一致以外の何物でもないことを明らかにする可能性がある。

例えば、SARS-CoV-2 S遺伝子は、SARS-CoV-2ウイルスゲノムに対して高度に特異的であることが意図されている。標的配列は-TTGGCAAAAAATTTCAGAGACTCACTTTCである。微生物BLAST検索を行うと、100%の同一性配列一致を有する97の微生物一致が返される。上位100位以内で最も低い同一性率の一致は95%です。ヒトゲノムBLASTでも、86個のヒト染色体断片と100%の配列一致が見つかる。

SARS-CoV-2のゲノムとされるものをどこを見ても、WHOの検査プロトコルには、それが何であるかを明確に特定するものは何も無い。ゲノム全体が偽物である可能性もある。検査はSARS-CoV-2の存在を証明するものではない。明らかになるのは、特定できない遺伝物質のスープだけだ。

もしそうであれば、ウイルスの分離体や精製サンプルがないので、実行可能な検査がなければ、SARS-CoV-2が存在するという証拠は無い。したがって、COVID 19という病気が存在するという証拠もない。

このことから、COVID 19の症例数、入院患者数、死亡率についての主張には科学的根拠がないことが推測される。この致命的なウイルスと闘うために取られたすべての措置は、おそらく何の根拠もないのだ。

(続く)

未分類

Posted by ysugimura