翡翠のウソ記事を斬る!

2020年8月7日

※2020/8/6 あいこちゃん先生から反論が出てきてます。最後に追加します。

読者のNTさんから情報をいただきまして、カウフマンや大橋教授を批判する翡翠という人物がおられるということで、この人の真っ赤なウソを叩き斬ることにしました。

ちなみにNTさんから「5Gはやらないのか」というご意見もあったのですが、「5Gは危険、ただの監視装置、以上!」という立場なので、これ以上何かお伝えする必要があるのかと思う次第です。何かあれば付け加えますが。ちなみに、5Gと新コロの関係については、一般的には無いと思います。おそらく武漢の一部、NY市の一部にはあったかもしれませんが、一般的ではありません。

さて、この翡翠という人物ですが、全くのウソ・デタラメをばらまく人物であることは、他の記事からもまるわかりになります。例えば「ホメオパシーはウソ」とおっしゃるわけですが、それを言うなら、「アロパシーは全くのウソ、デタラメ」とまず最初に言わねばなりません。現代社会において最も大きな医学の虚構としてはアロパシーであることが誰の目に明らかなんですが、それは言わないんですね。

「いやいや違うんだ」というのであれば、ガンで死んだうちの父返してくださいね。いやうちの父より小林麻央ちゃんでしょうか、皆が喜ぶという意味ですと。彼女の方を返してもらいたいもんです。

ホメオパシーなどよりも、数億倍犯罪的なのがアロパシーというインチキ「医学」なんですが、この点どうお考えなんでしょうかね?結局のところ、論理的・常識的な思考能力が全く欠落しています。それがゆえにこの人物の記事は枝葉末節は正しいかもしれません(私にはわかりません)が、結局のところはウソ・デタラメとなってしまっています。ともあれこの記事です。

新型コロナウイルスは存在しない?こんな記事を信じるな!理系院卒の怒り #3

カウフマン・大橋・あいこ批判は正しいと仮定しましょう

正直なところ、知識の無い私には、遺伝子配列についてこの人物の主張するところが正しいのかは一切わかりません。このあたりは、仮にすべて正しいとしましょう。もちろん、論文の内容を見ても私にはわかりませんので判断できません。

このあたりは、おそらくあいこちゃんさんの目に止まれば反論が出てくることと思います。

ちなみに、カウフマンが無職となっている理由ですが、多くのビデオの一つの中でちらっと彼自身が話しているだけなので、この人物は事情を知らないかもしれません。彼は「マスクを拒否」したがために首になったわけです。その理由としては、

  • そもそも新コロなど存在しない
  • マスクは身体に悪い
  • 精神科の仕事なので、患者に対してマスクをつけて応対したくない
  • リモートでの仕事を提案したが拒否された

ということでした。つまり、彼が本物であることはこのエピソードからもわかることです。たとえ首になる危険を犯しても信ずるところを貫くわけで、金になびいてウソばかりついている連中とは違うということですね。

そういった人柄ですから、彼が何らかの間違いを犯していたとしても、それは故意ではありえないだろうという信頼感はありますね。日頃から金や地位のために製薬会社にシッポをふっている連中とは違うということです。基本的に見るべきところは「金の流れ」です。ここが基本になります。それに加えて単なる名声欲等出てくるわけですが、何を見るにしても基本は「金の流れ」です。

それでも翡翠のウソは明らか

さて、この人物による「遺伝子は完全に得られている」という主張を受け入れることとしても、それでもはやり、この人物がウソをついてることは明らかです。以下見ていきましょう。

なぜ病気の原因となったウイルスの遺伝子配列であると言えるのか?

一つのウイルスか何かの遺伝子配列が完全に得られたと仮定しても、なぜそれが病気を起こしたウイルスと言えるのか不明です。コロナウイルス属などというのは、おそらく、無数にあるのですから、当該病気のウイルスだとなぜ断定できるんでしょう?

これが病気の原因ウイルスだとすれば、感染実験をしなければなりませんが、そのようなことは行われていません。といいますか、コッホ原則を満たした論文が無いので、この遺伝子を持つウイルスが病気を起こしている証明など、どこにも無いのです。

ところが、この事実を無視して、このウソつきはこう言ってますよ。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の遺伝子は確かに存在します!

こんなこと世界中の誰にも言えないんです。遺伝子は存在するかもしれませんが、それがいわゆる新型コロナかどうかはわかりません。

もう一度いいますよ、仮に何らかのウイルスの遺伝子配列が完全に取得できたとしても、「単に遺伝子配列が取得できた」だけです。それが本当にCOVID-19の原因かどうかはわからないのです。誰も証明していません。

なぜこんなことを断言してしまうのでしょうか?論理性がまるで欠落しているか、故意にウソをついています。しかし、ここに至るまでの詳細説明から考えても、こんな基本的な論理性が無いとは思えません。したがって、この人物は故意にウソをついています。

PCR検査についてのウソ

次に、この人物はこんなウソもついていますね。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の遺伝子配列が確かであれば、当然、その配列情報を元にしたPCR検査(正確にはRT-PCR検査)は正しいことになります。

これも誰にも言えません。ここでも論理性というものが欠如していますね。その理由の一つは、

PCRは遺伝子全体の完全一致をするものではない。

という事実があります。得られた遺伝子のごく一部が、被験者に存在するかどうか見るに過ぎません。実際に、CDCのPCR検出マニュアルにもアデノウイルスにも反応するかもしれないと書いてありますよ。知らないんでしょうかね?

※当然ですが、「完全な遺伝子が取得できている」というのがCDCの立場でしょうけれども、それでもこういった注意書きを書いているわけです。

しかし、再度ですが、このウソつきはこう書いてますよ、

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の遺伝子配列が確かであれば、当然、その配列情報を元にしたPCR検査(正確にはRT-PCR検査)は正しいことになります。

いかにも素人を騙し、「PCRは確実に新コロ患者を調べるための手段」であるかのような、製薬会社や検査機器会社に都合のよい記述は平気のようです。

それまでの説明が微に入り細に入り詳細であるのに対して、ここではいきなりデタラメ大雑把なウソになってしまっているので、この人物の素性が何であり、何の目的で行っているのかが推測しやすくなってますね。

PCRは完全一致など決してしない

PCRが遺伝子の一部しか見ていないことは先に書いた通りなんですが、仮に遺伝子全体の完全一致をしていた場合、どうなるでしょう?

「新コロウイルスは変異している」と言われますよね?しかし完全一致計測しかしていなかったら、変異したウイルスは新コロと認識されないことになってしまいます。つまり、この人物の主張。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の遺伝子は確かに存在します!

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の遺伝子配列が確かであれば、当然、その配列情報を元にしたPCR検査(正確にはRT-PCR検査)は正しいことになります。

を合わせて、ごく普通の人が解釈してみると、新コロの変異はありえないことになるんです。したがって、「変異した」ウイルスは新コロとは認識されていないことになりますから、「変異が存在すると言われている事実」とは矛盾しています。

PCRで見ているのが、一部だろうが全体だろうが、いずれにしても連中の論理は破綻しています。一体どちらなのでしょうか?

追加2020/8/7:もちろん、実際にはPCRは遺伝子のごく一部しか検出していません。ですから、その一部が地球上あらゆる遺伝子の中でユニークであると証明できなければなりませんが、この証明は、未だにできていないウイルス分離などよりはるかに難しいものでしょうね。

不自然に詳細な揚げ足取り

そのほか、特にカウフマンに関して、いやに詳細な揚げ足取りをやってますね。つまり、武漢市場の写真の取り違えとか、論文引用の省略に関してです。主題は「遺伝子配列は完全に取得できるのだ」なのに、嫌に不自然にカウフマンのあら捜しをしているわけです。

こんなことに時間を使ったということ自体に何かしら非常に不自然なものを感じますね。普通なら私も気にしない点なのですが、この人物のウソつきぶりを考慮すると、懸命に時間を使ってあら捜しをしたということが見てとれるわけです。

逆にこの程度しか無いという点が明確にわかったので、その点は良かったのですが。

2008年に登場した解析手法について

さて、この部分については、私は一切判断できないんですが、これも奇妙な点なんですね。カウフマン、大橋教授、あいこちゃんは、この新たな手法のことを知らずに「ツギハギ遺伝子」だと言っているとの主張なんですが、本当にそうなんでしょうか?

2008年に登場したのであれば、そして、中国論文にはどんな手法を使っているのか記述があるはずですから、彼らがそのことを知らないとは思えないのです。彼らの判断としては「新しかろうが何だろうが、やってることは同じ」という判断なのかもしれません。このあたりは想像するしか無いのですが。。。

この人物は全くのウソつきです

再度まとめですが、「ウイルスの完全な遺伝子が取得できている」との仮定に立ったとしても、それが病気の原因であり、それをPCRが検出しているとは全く言えません。この点について、この人物は明らかにウソをついています。

これだけの知識があるにもか関わらず、この点を知らないはずはありませんから、明らかにウソつきであると言えるのです。

仮に、彼の言うようにカウフマンが何らかの印象操作をしていると仮定しても、この人物のウソには全くかないませんね。それが私としての判定でした。皆様はどうでしょうか?

あいこちゃん先生からの反論

2020/8/6、あいこちゃん先生から反論出てきてます。

以下のスレッドですね。

あいこちゃん先生の反論の要旨としては以下です。

  • 抗生物質等をつかっても症状改善が見られなかったから新型コロナという論理だが、抗生物質等の効かない肺炎など山程ある。
  • Nature579の論文解釈への反論も全くのウソ
  • 自然の摂理を無視した机上の空論
  • ゲノム解析を全く理解していない
  • PCR検査陽性とは?–>偽陽性の可能あり。常在ウイルスや細菌遺伝子の一部の可能性、ヒト遺伝子の可能性があるが明確にはわからない。検査機の読む(検査機に設定される)ゲノム配列がブラックボックスであり、それがこの騒動の本質と思う。

 

未分類

Posted by ysugimura