テクノクラシーの戦略ミス

これはもはや戦争ですね。人類が勝つのか、あるいは、完全に洗脳され操られた奴隷達の誘導で、すべてが乗っ取られてしまうのかです。

もちろん、不換紙幣制度に代表されるように、これは何百年にもわたって行われてきており、徐々に洗脳されてきたんですが、しかし、逆に言えば、パトリック・ウッドの言うように今が最大のチャンスでもあるわけです。

連中があまりに急速に社会を変容させようとしているため、非常な軋轢を生じているんですね。普通に考えれば、風邪程度(の病気)で何を大騒ぎしてるんだというのは誰にでもわかることです。しかし多くの人はメディアの洗脳に右往左往している状態です。

ここで、連中の戦略ミスを積極的に突く必要があります。

マスクは服従のシンボル

パトリック・ウッドが言うには、連中の一つの戦略ミスだそうです、マスクを服従のシンボルとして全員につけさせることが。

私の意見としては、これをパノプティコン(円形刑務所)として行うということです。簡単に言えば、日本の昔の隣組とかで相互監視させるってことです。

以下は非常にわかりやすいです(「リモート論」については少々疑問ですが)。

「自粛警察」にならないために(コロナがもたらす「全世界相互監視社会化」と、「距離」の可能性)

以下は参考までに。

「隣組」と「常会」ニッポン相互監視社会

少数が全員の服従状態をチェックして回るわけにはいかないので、相互監視社会化をすることです。同調圧力によって全員を服従させます。これ日本だけではなくて世界中でそうなんですね。人間が社会的動物であることを利用した素晴らしい戦略です。

ともあれ、マスクを着けることは、連中の目論見にまんまとはまることです。服従させ相互監視させると。これを破るには、マスクを着けないことです。とても簡単です。

で、もし周囲の目が怖い人は、パトリック・ウッドが言うにはエクスキューズを一つ入れれば終わりだと。そこが連中の戦略ミスというわけです。

適当にこんな感じで作ればいいと思いますね。これはあくまでドラフト。

電車に乗るときは、何かしら腕章みたいなものをでっち上げりゃいいんじゃないですかね。具体的には考えてませんが。

新コロという具体的な病気症状が無い

 
たまに見ている、ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~でこんな記事がありました。

内容は読んで欲しいのですが、たしかに、連中は以下のようなトリックを使いました。

これがために、特に「これ」といった症状がなく、人々がその固定したイメージを持てないわけです。ですから、こんなアホなバイト工作員もでてきてます。

で、ミナミさんのアシュタールの言いたいこととしては、おそらく「病は気から」なのに、具体的なイメージが無いので、その特定の症状にはなれないということですね。

このことを言う専門家がいないのは、連中も良くわかってるんでしょう。つまり、「なぜてんでバラバラな症状なんだ?」ということです。これは病気の定義から大きくはずれているんです。

病気というのは、何らかの原因があり、それによって特定の症状が出るというのが定義のはずなんですが、これが無いのです。ありえません。そこが連中の弱点であり、この点をもっと突くべきなんでしょうね。

 

未分類

Posted by ysugimura