ロナルド・バーナード:元イルミナティ銀行家がエリートを暴露 Part 2

ロナルド・バーナード:元イルミナティ銀行家がエリートを暴露 Part 1の続きです。

全世界の中央銀行は民間団体BIS傘下

ロナルド、以前にピラミッドについてお話しされましたね?ピラミッドについてお話ししたとき。8500人ですか。そこでどのようなことが行われているのかお話しくださいますか?

良いですよ。8000人から8500人です。マネタリーシステムを作っています。金融マネタリーシステムです。我々の日々の生活で使われる、お金や銀行のことです。

彼らのメカニズムというのは完全なピラミッド構造です。ですから、トップの8000人から8500人がいて、その下の階層組織が1930年に作られました。これは、オランダから始まったんです、BISと呼ばれます。国際決済銀行です、本部はスイスにあります。これが銀行群と金融システムの本部です。トップの8000人から8500人は、バーゼル(スイス)からBISに命令を出します。そこから、システムの下の方に伝わっていき、実行されるのです。バーゼルは「バーゼル協定」で有名ですね(訳注:BIS加盟国が取決めた一連のポンド支援協定。最初の協定は 1961年3月)。

これが銀行にとっては都合悪かったので、バーゼル1、バーゼル2、バーゼル3と続きます。

この協定については、聞いたことや新聞で読んだことがあるかもしれません。BISに関するものです。さきほど、これが作られたのは1930年であり、それはオランダから始まったとお話ししました。

そして、既に1931年にはBISは世界的に知られるようになったのです。基本的には全世界にです、金融世界の本部としてですね。すべての中央銀行は、この「BISクラブ」のメンバーです。これらは民間の団体で、政府機関ではありませんね。彼らは、BISがよって立つところに完全に一致することを了解しています(?)。力の範囲、権威のレベル、操作と結果です。これらの文書を読んでみれば。。。彼らのよって立つところですね、彼らのウェブサイトにありますよ。

BISは不可侵な独立国家

彼らがどのように、これらすべてのルールを組み込んでいるかですね、世界的に知られているルールです。スイスからの独立をうたい、彼らの本部の土地は国から独立していると。不可侵もうたっています。それと、すべての世界的な法の上にあることもうたっています。

誰も彼らに手出しができないのです。完全に不可侵なのです。つまり、この地球上の誰からも、彼らは不可侵なのです。さらには、彼らは彼ら自身の警察隊を持っています。ですから、単にそこに行って、「このろくでなし!」などと、わめいたり何やらはできません。。。そこから逃れられませんからね。

簡単に言えば、完全に認識されているのです、不可侵状態です、いかなる法からも離れているのです。神聖なものなのです。

国際決済銀行(BIS)「本部協定」にはこう記述がある。
BISは神聖・不可侵を享受する。
BISは完全な不可侵である。
BISは絶対的な(マネタリー)のパワーを所有する。
BISは全世界のすべての法の上に位置づけられる。
BISは、いかなる人間にもコントロールされない。
BISは、それ自身の警察を所持する自由な国家である。

この組織は、第二次大戦とその前に設置されました。そこでは、敵と呼ばれるもの、ナチと彼らの同盟国が会合を持ったのです。そこで、ゴールドが取引されたんです、ユダヤ人や国や他の人々から盗み出したものです。BISは、仲間内のクラブです。そして、その本部はマネタリーシステムの維持と通貨量の確保に従事しています。

巻き上げる仕組み

ピラミッドの底辺ですが、そこにすべての価値があります。底辺とは「現実の生活」を意味します。人々が暮らしているところです。土地と自然です。そして、ピラミッドの底辺にある本当の価値が、巻き上げられてきたのです。彼らはこれを金融システムを使って行います。

BISの下には中央銀行がありますが、まずIMFですね。国際通貨基金ですね。新聞で読んだことがあるでしょう?それと世界銀行ですね、これら二つの組織が、必要なときに国を「支援」します。

本当にやってることというのは、これらの国々の負債を作ることなんです、彼らが決して返済できないような方法で。実際に計算してるんですよその量を、そうなるようにするための量ですね。これが、彼らの手綱になるんです、国や大陸に対する。例えば、アフリカのような資源に恵まれたところですね、非常に豊富です。

彼らの「仲間」のコネクションを使い。。。これは国際的なんですよ、国から巻き上げるんです。負債に対して資源や何やらで払うことを「許す」ことによってですね。その負債というのは決して解消されないんです。

つまり、彼らは労働で支払うと、奴隷労働と言えますよね?

そうです、唯一必要なこととしては、そういった国のトップを買収することです、あるいは子供を使って脅迫します。あるいは、違約金です、なんでもよいですが。買収するんです、そして囲い込みます。

さて、これがBISの最初の「層」です、世界銀行やIMFですね。次の層は中央銀行です。再度、これらすべては民間組織です、政府機関からは独立しています。その中でも、こんにちでは、ヨーロッパ中央銀行(ECB)がありますね。かつては、この層に国の銀行があったものですが、しかし、それらは、ヨーロッパ中央銀行のサイドオフィスとして表示されてきました。

このお話しの中でシティはどういった位置づけですか?

シティ・オブ・ロンドン(金融街)ですね。これもまた、自由な国です。

バチカン市のように?

そうです、バチカン市です、ワシントンDCにもそのような場所があります。世界には、そういった自由な国があるのです。バーゼルのBISと同じレベルです。バチカン市のバチカン銀行は、こういった自由な国の例ですね。シティ・オブ・ロンドンをとってみると、世界でも最も強大な金融コアと言えますね。

例えば、そこで金価格が決められます。彼らは毎日ゴールドの価格を操作しています。ですから、彼らは人々を一度に裕福にしたり空っぽにしたりできるんです。これが、ロンドン市を金融世界でのコアプレイヤーにしています。ここには、より大きな構想における非常に重要なメカニズムがあるんです、ピラミッドを語る際にはですね。バーゼルのBISの構造についてお話ししていますからね。

そしてIMF、世界銀行があり、そして中央銀行があります、米国のFRBや他のですね。そして、普通の銀行ですが、しかし、株式市場センターもありますね。さて、こういった誰からも不可侵の自由な国についてお話ししています。

これらは自由な国なのです、誰も何もできません、そこで働いている人達も含めて。彼らもまた不可侵なのです。

彼らはBISと同じレベルなのですか?

いいえ、BISは命令の実行を他に移譲します、ここは本部の中の本部です。BISから出た命令が、他の下の層に入ってきます。

わかりました。シティにもですね。

その通りです、彼らはトップの指示で動いているんです。さて、普通の銀行をとりあげてみます、今お話ししたものです。その下に、多国籍起業があり、その下に政府があります。

最終的に、その下に我々がいます。人々です。現実の生活がですね。彼らの使うメカニズムの一つとしては、我々が受け入れているものとしては、利子(利率)ですね。我々の社会では、お金が契約から作り出されます、負債をベースとするのです。

負債に基づく経済

さて、この紙をとってみましょう。銀行に行くとしますね~こういった原理はおなじみだと思いますが~ローンや貸付金を申請し、署名をします。この瞬間、彼らは一方に銀行の中に負債を作り出し、もう一方に残高を作り出すのです。

この残高で、あなたは何でも買えますね、車やら家やら。この瞬間から、あなたに負債ができます。彼らは、何も無いところからお金を作ります。それがお金の作り方です、世界中のです。負債をベースとしているのです。これは一部分にすぎません。これは負債に基づく経済です。

しかし、他の要素があります。「手数料」などと呼ばれることもあります。利子(利率)ですね。ですから、経済の学校ではこう教わります、誰かが懸命に働いた結果、それが貯蓄されたのだから、他の人に貸したお金のために何かを受け取るのは妥当なことということになります。これらすべては、真実ではありません。そうではなく、この平均年利5%というものは、負債の契約によって生じたものではないんです。つまり、彼らはどこか他の契約からこの利息をとっているんです。

それが、グローバルな不足高を起こすんです、そして、世界中での競争に導くんです。そして実際上、我々が社会、人々の中の経験するすべての悲惨な事柄を起こしているのです。

この5%という利率の流れが、ピラミッドの底からトップに連れさられるんです。計算してみましょう。10年で5倍(?)としますと、10年では50%、20年では100%です。不足高が増加するんです。これを「解消」するために、彼らは負債契約の上に負債契約を載せます、世界的にすべての層で。

人々、政府、企業などなどです。負債の上の負債の上の負債です。彼らが持ち去った5%の穴を埋めるための。彼らが、世界の本当の価値(資源)を吸い尽くしているんです。

吸血鬼の集団のようにね。それが真実なんです。20年で、本物の価値100%を盗むんです。これが、国家の負債の原因なんです。どこでもそうでしょう?

仕組みを知らねば変わらない

個人でも、負債が増え続けるんです。こういったレポートがあります。Oxfam Novibが世界的研究の後で示したことは、たった8人が、世界の半分の人々と同じものを所有しているということです(訳注:オランダの団体、貧困撲滅、フェアトレード、銀行業務など)。

なぜこんなことが?これは推論ではないんです。利率です。それが本物の実際の価値を取り上げ、それをトップにもたらすのです。このピラミッドの最後としては、ルールがあり、法律、軍隊、警察、会計、なんでもよいですが、それらがあります。向こう側に、こういったルール、法律、組織があり、それが底辺層(現実の生活)を、その状態にしておくのです。

7百万人がトップに登ってこれないようにですね。そうならないように、きつく閉ざされているんです。この仕組みを人々が知らない限りはですね。いかに騙されているか、いかに盗まれているかを。いかにして、本物の価値、彼らの価値が取り去られて、富者をより富ませることになっているかを。

人々がこれを見ない限り、気づかない限り、何も変わりません。そして、私は古い世界についてお話しします。地球上のすべての悲惨さというのは、ビジネスモデルだからです。シリアはビジネスモデルです。これは資源や他の利益についてのものです。これらすべては、一つの組織によって画策されているんです、ピラミッドのトップです、それが、彼らを通して移譲されているんです。

最初の方で「金の流れを追え」とおっしゃいました。最終的にはそれがすべてですからね。

ニュース記事は真実ではない

そうです、その通りです。ですから、この価値の搾取をみた場合。。。一つの記事を持ってきましたNOS(オランダニュースチャンネル)のものです。どなたでも検索できますよ。

検索してみてください。「ガソリン価格高騰によりインフレ」です。事実から離れており、このタイトルは既に間違いです。とても興味深い読み物ですね。2017/2/9の記事です。彼らの記述のほとんどは、真実の捻じ曲げです。

なぜなら、ガソリン価格が高騰しても、それは実際に、もっとコストがかかるということでは無いからです。違います。この意味は、我々の給料が下がったということです。燃料価格はインフレとは別問題であり、これに影響するものとしては、また、需要、供給、そして操作である。我々の通貨の価値が下がったのです、購買力が減ったのです、それがインフレの意味です。そして、非常に注目に値する点としては、ほんの小さな真実もありますね、NOSのものでさえ。

こう言っているからです。「1.6%のインフレ率に調整されたことで、オランダはヨーロッパのインフレスピードに再び一致した。」「これは年1.8%である。」。

平均して、あなたの給料は1.8%目減りしているんです。それが年々我々の購買力を削いでいるんです。これがまさにその理由なんです、過去においては、一人の人が良い仕事を持てば家族全員を養えたのに、(今では)二人がフルタイムで働いても生活収支が合わず、危機に陥るのです。なぜなら、オランダの120万人が負債に捕らわれており、もはや脱出不可能だからです。

これは夢物語ではないんですよ。そして重要な部分としては、「ヨーロッパ中央銀行は」。。。ピラミッドのトップの一つですね。。。

インフレとは盗み

「過去二年間努力してきた。低い利率というポリシーと、継続的なマネー供給を」「毎月800億ユーロを作り出した」。。。

契約を使って、負債契約に基づくものですね。。。「ユーロゾーンにおけるインフレを増加させるために」「望むレベルとしては、年約2%である」つまり、彼らは我々の労働の2%を毎年奪っているんです。そして、我々が給料をもらうために費やした時間をですね。彼らは、意識的に毎年2%を盗んでいるんです。そして、その一方で、価格が高騰していると言うんです、見え透いたウソですね。

我々のお金の価値が減ったのです。それが彼らのやっていることです。ですからインフレ率については、我々は「普通」だとみなしますが、インフレを別の面からみれば、それは盗みなんです。ですから、彼らは価値を様々な方法で盗むんです。

盗みの中心にいるのは銀行

さて、我々は彼らが用いる金融メカニズムについてお話ししています、価値を巻き上げるためのですね、金融マネタリーシステムを通じて。経済システムです。これを銀行を通して行います。銀行がこのプロセスのキーとなるのです。

BSN(市民サービス番号)についてお話ししましょう。ときどき言うんです、「サービス?市民サービス番号か?市民奴隷番号じゃないの?」。私は後者だと思いますね。もし人々が実感したならば、つまり我々が競争と欠乏のレースにいることをですね、金融システムを研究すべきなのです、これは富者に資するだけのものであり、貧者を悲惨に置くだけのものなのです。

利子です、覚えておいて欲しいことは利子です。経済学者の統計によれば、全人生の中で80%の人が利子を払います。10%の人が何らかの利子を受け取り、何らかの支払いをします。そして、他の10%は利子を受け取るだけなのです。ですから、既に問題がすぐにわかりますね。人類の多くの部分が、全人生の中でシステムに支払うのです。ほんの少しがシステムから受け取るのです。

国家の負債については、この30年のあいだ、我々はその利子として130億(ユーロ?)を支払っているんです。市民の税金からです。これらの130億の作り出されたお金が私設の銀行に流れるんです。

これは、再度言いますが、何も無いところから作り出されたものです、負債の契約をもって。この国はそれを喜んでやっているのです。政府は喜んでそれに協力し、私設銀行にその手数料を支払うのです。この毎年130億をとっておけば(平均して30年以上)、節約する必要なんか無いんですよ。

利息は腐敗の温床

この一見して無害な利率というものが、実際には腐敗の温床であり、すべての問題を引き起こすことを、人々がわかれば。。。さらには、カトリックがヨーロッパを未だに支配していますが、利率というのは違法であり、死をもって罰せられるべきものなんですよ。

利息をとるということは死に値するんです。聖書には、とても重要なこととして記述されていますよ。

未だに違法なんですよね。そうです、イスラムの銀行ですよ。不運なことに、今日では、様々な新しい計算モデルが確立し、それも利息の課金を形づくっています。しかし、純粋なイスラムの銀行では、利息を課すことを禁じていないんです。イスラムの銀行でのおかしなことは、人々の50%はイスラム教では全然無いんです。利息無しの銀行という原理の決定は、純粋に倫理的・モラル的なんです。

この人達は、それが引き起こすダメージがわかっているんです。その一方で、政治家は目を背けていますよね。私は知ってます、会計検査院がECB(ヨーロッパ中央銀行)のやっていることに、一切アクセスしていないことを。やってません。彼らは私的に所有された組織ですから、それなりの権威と防御があるんです。ですから、彼らは何も要求されないんです。

会計検査院の仕事

すると、我々の名前で会計検査院と政府がやっていることというのは何でしょうか?

こういった団体が政治システムにサービスしているんです。例えば、選挙があれば、党とその計画の予算を計算します。これを良いことにも使えますが、特定アジェンダの推進にも使えます。選挙のあいだ、彼らはそういう方法で物事を見積もります。いかにもうまくやっているかを見せる方法で。物事がうまく行くと、新しい仕事や。すべてがは、物事はいかに素晴らしいかを示すためです。選挙が終わるやいなや、再度、節約を聞かされるのです。しかし会計検査院は、銀行のデータにさえアクセスできませんよね。権限が無いんです。オフィシャルには、会社は毎年レポートを出していますが、そこでは、公にできない決定事項があるんです。

その通りですね。そうです。

しかし、BISについてはこれが真実です。他の仕組みもありますよ、たくさんあります。

欧州安定メカニズム

欧州安定メカニズム(ESM)がありますね。2012年だったと思いますが、下院はこれを作ることに100票入れたんです。ESMは、これもまた防御された組織です。従業員は保護されており、不可侵です。この組織は、やりたいことが何でもできます。そして、何も公にされません。自由な国の一種なのです。

欧州安定メカニズム(ESM)
ESMは欧州の銀行を危機に際してそれを救う。
ESMは政府の資金数十億ユーロを要求することができる。
EU参加国はESMに7日以内に支払わなければならない。
ESMは廃止することはできず、無条件である。
ESMは完全な法律上の不可侵を享受する。
ESM従業員は不可侵である。

この組織は、議員、大臣、政府から権力を与えられたのです。当初は国を救うためだと言い、すぐに、そうではなく銀行になったのです。

そして、このメカニズム、ESMは、7日以内だと確認しています、いかなる量のお金でも、100億だろうが、1000億だろうが、オランダが用意しなければならないのです、7日以内に。

ですから、もしESMが、例えば、ギリシャを救うことにした場合、お金が必要ですね?それをドイツの役割として、オランダ政府には100億要求します、これを7日以内に送らねばならないのです、ESMに。そして、彼らはプログラムを実行するのです、この場合、銀行を救います。

ですから、ギリシャを例にとった場合、ESMを通して多額のお金が流れますが、実際にギリシャに届くのは5%も無いんです。ギリシャを通して、ほとんどは直接ドイツ、フランス、オランダの銀行に行くんです。彼らはみなギリシャに賭けていますからね。そして、自身を買い取るわけです、ギリシャの不人気株を。

そうやって、このメカニズムを使って、彼ら自身を解放するんです。そのお金すべては我々から得たものです、税金とか国債とか、そういったものです。今お話ししているのは、そういったすべてのメカニズムです。そして、我々はどんどん貧しくなり、金持ちはより金持ちになるんです。

パンデミックはビジネスモデル

では、それを人々に知らせることを、あなたは仕事としたのですね?

そうです。ですから、いまオランダとベルギーで講義をしています。これは私のためだけではなく、仲間のためでもあります。我々は、ゆっくりですが、「どうやって」この部分を解決するかに近づいています。そうですね。楽しいですからね、いや、本当は楽しくないんですよ。

でも、この世界がどういう仕組みかがわかるんです。私が発見した世界です。それが未だにすべてをどうやって押しつぶしているかです。これらのプログラムとアジェンダによって、世界をより悪くしています。すべてのビジネスモデルです、ワクチン接種も含めた。突然パンデミックが起こりますよね。オランダ人は医者にいって注射します、病気にならないように。

それは少なくなってますよね。

そうですね、幸運なことに。下り坂ですね。パンデミックでない場合のことさえ思いだします。前大臣のKlinkは、後に。。。

皆がブタインフルエンザワクチンや鳥インフルエンザワクチンを受けた後で、その類ですね、とても恐ろしい。。。

H1N1インフルエンザか何かですか?

そうです、その後でも、余剰ワクチンがあったんです。これらは、高度な化学薬品廃棄手順に従わなければなりません。すべての命や自然にとって有害ですからね。しかし人々に注射するのは問題ないんです、もちろん。他の事は行われませんでした。生命への脅威だったからです(?)。

しかし、これは単なるビジネスモデルなんです。パンデミックの後の在庫、数ヶ月後の製薬会社の在庫を見れば、ピークの月があったんです、彼らは数十億余計に儲けました。このゲームでは多国籍企業もまた、キーとなる役割を演じます。

これを見つけることができますよ、私だけではなく、学術界の多くもこれを報告していますが、多国籍企業と銀行が、この世界での支配的なプレイヤーになったんです。この地球のね。今お話ししたようなメカニズムすべてを、彼らは使うのです。自由な国のね、ここがとても重要です。

サイコパスの夢

彼らに、不可侵の権利を与えてしまったのですから。これはサイコパスにとっては理想的な状況です。

父が子供に言うように、「何でもやっていいよ。後は面倒みるから」です。ある意味、そこに集約されます。何からも逃れられるんです。世界最大の悪党の夢ですね、それを作り上げたんです。それが我々を今の状態においているんです。

(ベルギーの)ブルッセルは、オランダで起こる80%の事柄を支配しています。あらゆる種類の選挙運動をしていますね、皆が賛成するように、この現在のシステムに賛成するようにです。

そして、我々が民主主義の中にいるかのような幻想を吹き込むわけですね?

民主主義という幻想

我々が民主主義に参加していると思わせているんです。しかし、本当の変化が起ころうとしています。しかし、過去の40年間を振り返ってみれば、何が実際に変わったというのでしょう?どんな政治的話題が本当に変化しましたか?選挙運動において。変化したかのような見せかけですね、中身は変わらないわけです。こういった党に自身を貢献するような人々は何も無いからです(?)。自身の原理に忠実であるような人々であり、変化を欲しているからです(?)。しかし、連立がされるやいなや、彼らは人々を裏切るんです。そしてより強い者につくんですね、例えばこの場合、王です(訳注:比喩的な意味での王なのか、本当の王なのか不明)。

そこに変化があるんです、多くの言葉は要りません。どのように大臣達が国を動かしているかを見れば、我々のほとんどにとって、物事が悪くしかいっていないことを見れば。。。一部の人には良いのですがね。

そして、これらの政治キャリアの人達を見て、彼らがどうなるかを見れば、結局OKだと思うわけです。大臣(minister)の文字としての意味は召使ですよ。しかし、誰に仕えているのでしょう?その仕えた期間のキャリアとその後を見てみれば。。。De Jager大臣ですが、彼はESM承認時の金融大臣でした。彼が郵便配達員として歩き回るのは見たことがありません。彼は、その世界でのトップですよ、今や。彼のポジションをうらやむわけでは無いですよ。しかし、これが語ることは何でしょうね。

これが語るんですよ。これは一つのケースだけでしょうか?こういったことが起こるんですよ。パターンがあるんです。小さなグループがあるとしますね、それを私は、政府の「あやつり人形」と呼びます。

ですから、彼らは、我々と強大なパワーのあいだにいる伝達役なんです。彼らは彼らの役割を果たします。彼らは彼ら自身の役割を売るわけです。そういうパターンを見ることができます。

銀行を排除する

そして、選挙運動のあいだの約束を見ることができます、選挙の後で実行されるといった。すべての選挙プログラムを見てください。誰がこう言っているでしょう?「我々は完全に経済を変更する必要がある、金融マネタリーシステムを変更する必要がある」などと。

つまり、これは銀行を排除する必要があるということです、もうわかっていることです。一つだけ見つけましたがね。しかし、今ステージにいる主なプレイヤーを見てみれば、民主主義フォーラムであっても、一つのオフィスでも作れさえすればラッキーと思っているんです。

政党は言うに及ばずです。何かしらの大きな変化が無ければなりません。これはレーダーにひっかかってきています。光の下に登場していないだけです。

市民イニシアチブを見てみれば、彼らには純粋なプログラムがあります、我々に本当に仕えてくれるような。それがすべてなんですけどね。

可能性がありますか?

あります。ですから、人々の運動はあるんです。市民運動からですね。選挙に参加する一つの党として、その名前のものが現れると思います。私の見方では、「Burger Beweging」です。そういったプログラムを見てみれば、彼らは140から150の政府オフィスを占めるべきですね。彼らは全く注目されていませんね。人々の望みを本当に代表するものです。そして、システムが実際に我々に仕えるのです。我々皆のためのシステムです。

しかし起こらないんです、なぜでしょう?現在のパワーがそれを許さないのです。何も根本的には変わらないように操作しているからです。メディアを使ってですね。主流派メディアでは、そのことに触れませんからね。

人々はそういった党があることさえ知りません。これが本当に深刻な問題です。地域的にしかないんです、あちらこちらに。ここに少し、あそこに少しと。ブレークスルーの手立てを持っていません。支持だけではだめです、お金も必要です。主流派メディアへのコネも必要ですね。