某大学教授の手紙

某大学教授の大学に対するメッセージです。原文英語


メッセージをありがとうございました。私の立場を説明するために長文の返信が必要なことをお詫びします。また、この問題の複雑さを多くの人に理解してもらうために、私の同僚の研究者にもCC:を送りました。この説明に目を通していただき、私の提案について考えていただければ幸いです。

尊敬する同僚の皆様

先月23日、福岡の若い女性看護師(26歳)が自身のソファで亡くなっているのが発見されました。玄関付近には、お弁当が用意されていました。しかし、彼女はソファの上で死後硬直し、口から泡を吹き、鼻血を出し、胃の中の食べ物が辺りに転がっていました。

彼女は、私たちに代わって実験的な遺伝子治療を受けた二日後に亡くなったのです。彼女の死の原因の一つは、実験的な治療であったかもしれません(最近では、ワクチン接種後に死ぬ人はいないようですが)。しかし、もっと深い理由があるのです。

彼女は恐怖の祭壇で死亡したのです。2020年3月以降、毎日私たちの生活から離れようとせず、テレビやスマートメディアプラットフォーム、職場でのアナウンスを通じて私たちに恐怖を煽る神々の生贄の子羊なのです。

感染者数、クラスター数、死者数、手洗いやマスクの着用、他人との安全な距離の取り方などを聞かない日はほとんどありません。

スタッフが陽性反応を示した場合、我々は慌ててアルコールを散布し、さらに検査のための連絡先を作ります。それも、メーカーや薬事規制機関が「感染症を検出するものではない」と明言している検査薬を使ってです。

私がマスクをしているか否かをチェックするために、私の教室の前を通らなければならなかった二人のスタッフには申し訳なく思っています。まるで戦争のような状況で、反体制派を常に監視しなければならないようです。これが高等教育機関の中で起こったのは皮肉なことです。

私は、マスクをすることに反対しているわけではありません。私は彼らにこうも書いたのです、数年前にインフルエンザにかかったときもマスクをしていたと。また、2011年3月の核爆発で放射性物質を含んだ粉塵が飛来した際には、3人の幼い子供たちに屋外でマスクを着用させたことを覚えています。放射性物質の粒子を体内に取り込むことによる悪影響を心配してのことでした。私自身が安全を確認するまでの3カ月間、強制的に着用させました。私は、マスクをすることを選んだ人たちに共感し、理解しています。

しかし、私たちが今直面している状況は、致命的な病原体のせいではなく、誤った情報のせいなのです。不完全な情報が日夜執拗に流されると、それは「プロパガンダ」という名に相応しいものになります。

学者としての私の仕事は、情報を批判的に評価することです。誤った情報による悪影響から社会を守る第一の防御手段を提供するのが学者であり、そのために学問の自由がすべての民主主義社会で尊重されているのです。しかし、学問の自由には、ある状況を多面的に評価するという責任が伴います。

私はこの責任を果たしており、日々それを続けています。私たちがこのような恐怖状態を維持しなければならないような、生命を脅かす状況に直面しているという証拠はありません。

最初は、カーブが平らになるまでの2週間は恐怖を感じたようです。その後は3ヶ月間だけと思われていました。気づかないうちに、今や恐怖心は我々の新たな日常となり、お祭りの季節のたびに更新されています。

私は日本に住んでいることを非常に幸運だと思っていますが、他の先進国では、医療の自由を含む個人の自由が厳しく制限されている状況です。日本国憲法が、自由に対する不当な脅威から社会を守ってくれていることに、深く感謝しています。

このような意見を持つのは私だけではありません。皆さんは、このような意見を風変わりで適格性のないものとして否定するかもしれません。世界中の何千人もの科学者がこの誤情報と戦っています。この誤情報の結果として、我々の人生でかつてない規模の人体実験が行われているのです。

ノーベル賞を受賞したスタンフォード大学のマイケル・レビット氏や、ノーベル賞を受賞したフランスのウイルス学者、リュック・モンタニエ氏などです。スタンフォード大学のマーティン・クルドルフ教授、ジェイ・バッタカリヤ教授、ジョン・イオアニディス教授、オックスフォード大学のカール・ヘネガン教授、トム・ジェファーソン教授、スネトラ・グプタ教授、ドイツのスチャリット・バクディ教授、カリン・モーリング教授など、世界の名門大学の教授たちが参加しています。

日本の科学界の穏やかな巨人たちも、不完全な分析に基づいて結論を急ぐことの危険性や、十分に検証されていない医療介入の危険性について警告しています。

ノーベル賞を受賞した本庶佑氏のような免疫学の専門家や、宮坂昌幸氏のようなウイルス学の専門家から、なぜこのような声が聞こえてこないのか、不思議でなりません。

別の見方を提供する一流の科学者の声が、なぜ突然、反科学になってしまったのか。なぜソーシャルメディアは、これらの著名な科学者の声を検閲しているのか。完全に通常の生活に対する恐怖や歪んだのメッセージを黙って受け入れるのではなく、これらの疑問を投げかけねばならないのです。

カリン・モーリングは、ウイルス学への貢献により、ドイツ国家の最高栄誉である「ベルリン功労勲章」を受賞しました。しかし、2020年以降に採用された恐怖に基づくアプローチを批判したがため、今では彼女は追放されています。スチャラット・バクティのh指数(科学研究貢献度)は84、ジョン・アヤニタスのh指数は214。カール・ヘネガンとトム・ジェファーソンは、エビデンスベース医療運動のリーダーです。なぜ彼らが突然、反科学になったのでしょうか?

地球上のほとんどの人々に深刻な結果をもたらす恐怖キャンペーンに参加することは、私の良心が許しません。恐怖キャンペーンのルールに従わない場合、命や生活が脅かされない限り、どんな罰も受ける覚悟です。結局のところ、ガリレオでさえ「太陽は地球を回っている」と言わざるを得なかったのです。

私が恐怖に反対するのは、この恐怖を維持するためのコストが、我々の旧生活様式の維持よりも、はるかに大きいからです。日本では、若い女性や学校の生徒の自殺者数が、新生活様式では驚異的に多くなっています。お年寄りを救うと言いながら、若い人たちを殺していることになぜ気づかないのでしょうか?

大学で働く私たちのほとんどは安定した給料を得ていますが、中小規模の商業施設の多くは深刻な被害を受けています。ピンチを感じ無いからといって、我々はいつまでこの共同体のハラキリに目をつぶっていられるのでしょうか。経済は印刷されたお金で動いているのであって、商業活動で動いているわけではないとでも考えているのでしょうか?

日本の親友である米国は、50州のうち22州でマスク着用義務を課していません。それなのに、日本の片隅にある小さな大学で、憲法違反の義務化が行われているのはなぜなのでしょう?

Exhibit 1 米国50州のうち22州は、2021年4月10日時点でマスクの義務化が行われていない。source: Twitter feed of K Birb

この理由は、紫外線の波長(100〜400ナノメートル)よりも小さい、60〜140ナノメートルの長さのウイルスが、布製のマスクによって奇跡的に閉じ込められるからなのですか?

それとも、マスクが効いているという経験的な証拠が見つかったからでしょうか?

Exhibit 2 2020年2月から2021年1月までの東京でのPCR検査の陽性率。縦の2本のカラーバーは、東京で緊急事態宣言が出された日に対応する。出典:厚生労働省のデータをもとに筆者がプロットした。

小学生を含め、日本人でマスクをしていない人はほとんどいません。誠実さは日本人の特徴であり、日本の夏の暑い時期に屋外であっても、ほとんどの人が衛生対策を宗教的に守っています。では、なぜこの曲線が平坦にならないのでしょう。

もしマスクが本当に効くのであれば、なぜマスクを義務化しているアメリカの州の陽性反応率は、マスクを義務化していない州と変わらないのでしょう?

 

Exhibit 3 マスク着用義務に基づいて米国の3つの州に分類した場合のPCR陽性率。 source: Twitter feed of K Birb

その答えとしては、私たちが何をしようとしまいと、PCR検査は恐怖を煽るゲームを続けるということのようです。私がマスクをしなくても、他の人がマスクをしていても、何の違いもないようです。しかし、ホリデーシーズンになると、まるでホリデーが近づいていることをウイルスが知っているかのように、PCR検査の陽性率が急上昇するようなのです。

それでもなお、マスクで呼吸する人だけでなく、自由に呼吸する人も危険だと主張するならば、解決策は一つしかありません。危険な教授である私に、自宅で仕事をさせ、自宅で授業をさせるのです。それが、私の呼吸から自由に流れ出るウイルスが、細菌のいないキャンパスを汚さないための唯一の方法なのです。

良心的拒否権は、国際的な人権の枠組みの中でよく知られた原則であることに留意してください。人々は、そのような法的メカニズムが、感情的に人間を医学実験に参加させるような都合の良い環境を提供していると信じる理由がある場合、法律や規制に異議を唱える権利があります。

以上の点を考慮して、大学職員が良心の呵責を回避しつつ、他の人々の健康上の懸念にも同様に配慮できるような方法についても検討してみましょう。一つは、このキャンパスで行っているように、リモートワークの機会を積極的に提供することです。もう一つは、リンク先のビデオのように、スピーカーの周りに囲いを設けることでしょう。

  1. https://youtu.be/uzEpFI_td4M
  2. https://youtu.be/Xb_JjiaWDAU

しかし、おそらく最も重要な救命措置は、通常生活の関係者である我々全員が、このディストピアの悪夢をもたらした状況について、自由で公正な公開討論と科学的討論を行うことでしょう。

心から感謝いたします。

未分類

Posted by ysugimura