Pixel 3aにGrapheneOSをインストールする

この記事は再度見直します。初心者がつまずきそうなところをチェックする予定です。

某所からいただいたGoogle製のAndroidスマフォ「Pixel 3a」に、GrapheneOSというものをインストールします。既にインストールしてもらっていたのですが、それを無視して再度インストールすることにします。

なんでこんなことをやっているかというと、Googleによる監視と検閲を逃れるためです。Google製のPixel 3aスマフォにGoogle純正のAndroidを入れていれば、何もしなくても必ず監視されることは間違いありません。

もちろん、「Google純正のAndroidに代えて監視の無いOSをインストールすればいい」というものではなく、Googleのサービスやアプリを使わないことが必要なのですが、とりあえずスマフォ自体を監視されることは避けられると思われます。

ちなみに、経験者によれば、このGrapheneOSは通常のAndroidとして動作するので、ほとんどのAndroidアプリをインストールできるし、普通に動くそうです。しかし、GoogleのOSを要求するアプリがごくたまにあり、それはうまく動かないそうなので注意。

※スマフォ自体の他に、巨大ITによる検閲と監視を逃れるための方策を仲間と共に検討中です。

GrapheneOSのサポート対象

https://grapheneos.org/releasesにサポートしている機種があるのですが、現在はすべてGoogle製のPixelですね。

用意するもの

ここではPixel 3aと、ごく普通のWindows10パソコンを用意します。あとは、それらを接続するUSBケーブルですね。Pixel 3aはTYPE-Cコネクタで、パソコン側はTYPE-Aなので、そのケーブルが必要です。

経験者によれば、スマフォ対スマフォでインストール可能というのですが、やり方はわかりません。

OEMアンロック

通常のAndroidが入っている場合は、OEMアンロックというのを行う必要があります。私の場合は、既にGrapheneOSが入っているので、既にアンロック済。

やり方は、https://grapheneos.org/install/webの「Enabling OEM unlocking」のところを見てください。それほど難しいものではありません。

こちらの記事に日本語の説明があります。この中の最後の「USBデバッグをONにする」は不要かと思います。

ウェブインストーラーページを表示し、PCとスマフォをつなぐ

上と同じ、https://grapheneos.org/install/webをパソコンで表示します。ただし、この時に使うブラウザはChromiumベースのブラウザでないといけません。ChromeはOKですが、Firefoxはだめです。

パソコンとスマフォをUSBケーブルで接続します。

スマフォのブートローダーインターフェースを表示する

スマフォの起動中にボリューム下ボタンを押し続けると、ブートローダーインターフェースが表示されます。

Lockedとの表示はブートローダーがロックされていることを示します。まずこれをアンロックします。

ブートローダーのアンロック

パソコン側画面の下の方の「Unlock Bootloader」をクリックすると、上の方に「Pixel 3a」という表示が出るので、それをクリックして「接続」します。「Pixel 3a」表示が出ない場合は何らかの状態がおかしいらしく、私は何度も遭遇しましたが、やってるうちに表示が出るようになりました。

「接続」すると、スマフォの方は以下の表示になります。「ブートローダをアンロックすると、カスタムOSをインストールできることになる。大丈夫かね?」と言った表示です。

ボリュームボタンの上下で表示を変更し、「Unlock the bootloader」が出てきたら、電源ボタンを押して確定します。

インストールイメージのダウンロード

PC側は「Bootloader unlocked」の表示になります。

スマフォは以下の状態になると思います。

次は「Download release」ボタンをクリックして、インストールするOSのイメージをダウンロードします。

これは少々時間かかります。

完全にダウンロードされると、「Downloaded」の表示になります。

OSイメージをインストールする

次に「Flash Release」をクリックします。これでスマフォにOSがインストールされることになります。

開始数十秒もすると、スマフォは以下の表示になります。このまま数分待ちます。

最終的には以下の表示ですね。

スマフォは以下の表示になると思います。ブートローダーがアンロックのままです。

ブートローダーをロックする

最後に元通りにブートローダーをロックします。「Lock Bootloader」をクリックすればいいです。

スマフォ側は「ロックするとカスタムOSがインストールできないよ」と言ってきます。

ボリュームボタンで「Lock the bootloader」を選択して、電源ボタンで確定します。

スマフォの起動

すると、最初のブートローダーロック状態に戻ります。後は、端末起動のためにSTARTすればよいです。そのまま電源ボタンを押すだけです。

しばらく待ってれば、GrapheneOSの初期設定画面になります。

GrapheneOSの初期設定

以下の表示になります。GrapheneOSの基本的な設定を行えば、普通のAndroid画面になります。

EMERGENCY CALLとは何するものかわかりません。まさか警察に電話?SIMが入ってないので別に構いませんが。。。

日本語にします。後から変更できますけどね。

日付と時刻を確認するだけ

Wifiに接続します。

SIMが入ってないので無視です。

たぶん、許しちゃいけないアプリもあるのかもしれませんが、とりあえずデフォルトのままにしておきました。

面倒なことになりたくないので、無視します。

後から設定できると思うので、とりあえずスキップです。

これはバックアップしたデータをリストアする場合に使います。何もしなくていいです。

これで初期設定は終了です。

全然アプリの無いAndroid画面が出てきました。

次回の記事では、アプリのインストール方法をやります。

未分類

Posted by ysugimura