イベルメクチンに騙されないように

イベルメクチンで新型コロナ感染症が治る!全くのウソです。こんなものに騙されるのは、何も勉強していない素人だけです。

そもそも、新型コロナ感染症が存在するという前提が間違いです。新型コロナウイルスの存在証明は無いと、世界中で何度も確認されているわけです。あらゆる国の当局に活動家が「存在証明を出せ、分離の証拠を出せ」と言っていますが、出てきたためしなどありません。

もちろん、ウイルスが確認できないのですから、コッホ原則に乗っ取り「そのウイルスが恐ろしい感染症を引き起こす」という証明なども一切ありません。

そして、PCR検査はインチキであることがわかってます。そもそも、インチキウイルス遺伝子配列の300分の1位を見ているのですが、ありえないほどの増幅回数で無理やり「検出」しているだけなのです。このあたりがまだ理解出来ていない方は、PCRがインチキのわけ、簡単まとめを見てください。

つまり、ウイルスも感染症も一切の証明が無く、PCR陽性もインチキです。

こういった前提をもとに、イベルメクチンが何かに効くとすれば、一体何に効いているというのでしょうか?「何かしらの症状が治る」のかもしれませんが、それが新型コロナ感染症の可能性は極めて低いでしょうね。再度ですが、そもそも、そんなものの証明は無いからです。

あるいは、もしイベルメクチン投与の前後でPCR検査が陽性から陰性になったとしても、これもそもそもPCR検査自体が一体何を検出しているのかわからないのです。何が「陽性から陰性」に変わったのか、わかりません。

逆に「イベルメクチンが効く」と言うのであれば、新型コロナウイルスの存在と、その致死性を信じていることになります。したがって、全く何の根拠も無い感染症対策とワクチンを信じるという可能性が出てくるのです。これはかえって危険なことです。

もちろん、かたくなに新コロ感染症を信じ、ワクチンを信じる人達に「訳のわからん危険なワクチンより、イベルメクチンで治るよ」とウソをつくのも一つの方便かもしれません。しかし、メディアに洗脳されてしまった人達はともかく、この騒ぎの本当の目的まで理解している者たちが、わざわざ感染症対策としてイベルメクチンを販売するというのは、完全に故意の詐欺行為です。

この騒動の本当の目的とは、感染症対策を口実にファシズム社会にし、人々の自由をとりあげ、人類を奴隷化することなのです。最近のオーストラリアでは、ますますこれがエスカレートしてきているようです。

つまり、イベルメクチンを販売するなどというのは、全く何も勉強していない阿呆か、あるいは勉強しているのであれば、わかっていながら人々を騙して向こう側の意図に加担しているということになるのです。それが論理的帰結です。

未分類

Posted by ysugimura