国民主権党崩壊中

国民主権党が内部から崩壊しつつあります。もちろん、この記事は「ざまあみろ!貢献してきた人間をさんざんコケにしやがって!」という気持ちで書いてますよ、当然です。

私自身の平塚への支持とアンチ化、主権党の問題点

私は平塚正幸が都知事選に出た以降、彼を支持し、YouTubeから削除されてしまう平塚の動画の「保存勝手連」をやってましたし、短い時間ではありますが、渋谷デモでチラシ配りや演説などもやってました。しかし、こちらから言わせれば「何の理由もなく」排除され、どうやらアンチとみなされているようなのです。まぁ、実際にその後完全にアンチになりましたが。

現在は字幕大王の活動を行いつつ、ニコミ会の相談役もやっていますが、ニコミ会メンバーのきぃ、なお、MC Cats’ Matterなども、もともとは主権党ボランティアやデモ出演者として参加してきた人間です。が、もはや主権党への参加や手伝いはありません。

同じような話は、本当にあちこちから聞くわけです。平塚という人物は、悪に対して平気で突進していく勇気を持ち、その姿に皆が喝采しながらも、その一方で寄付者であっても簡単に馬鹿にするような人間です。これまで何人もの貢献してきた人間が離れていったのです。これは厳然たる事実であって、議論の余地は全くありません。

そして、今また、ある事件をきっかけに、ぞろぞろと集団で主権党を出ていっているのです。この事件については、ややこしいので解説しません。私自身も面倒なのでちゃんと見てもいません。この件に関わっているのは、前橋、サットン、塚口の三者です。

ただ一つ言えることは、この崩壊の根本的な原因というのは、二つであると私は見ています。

  • 平塚には統率力など一切無いこと。「皆をまとめる」と言った能力はありません。組織の長としては極めて不適切な人間です。
  • 表立って活動している人達は平塚と同様にエゴの塊であること。活動自体はもちろん素晴らしいのですが、しかしその一方で、活動の目的追求以上に自らのエゴの満足が第一であること。しかも平塚ゆずりの独善主義であり、平塚ゆずりの「何の根拠も無い陰謀論」を言いふらして平然としています。

国民主権党連続離党

さて、どんな風に辞めていっているか見ていきましょう。

他にもあるかもしれません。知っている方は御連絡ください。

ころねさんの件

最後に、党員ではないが、ながらくボランティアであった、ころねさんです。彼女が私のことも書いていますよ。

 

 

彼女が言うのは、前橋の機嫌を損ねると排除されるということです。私自身も前橋の機嫌を損ねたらしく、無言のうちにチャットルーム排除されましたし、Twitterで現在2.6万フォロワーを持ち、主権党渋谷デモでも演説した「あの方」も排除されたと言っていました(本人から面と向かって直接聞きました)。もちろん、私も「あの方」も一体誰がそんな判断をしたのか、当時はわかっていませんでした。平塚自身の判断なのかもしれないと。

この件については、平塚へのリスペクトはもう終わりだという記事の「私自身が経験した国民主権党の陰湿ぶり」に書きました。これが昨年の11/28のことですね。

この記事を読んだころねさんが連絡をくれたのが、12/9のことです。私の記事を読んで、唯一連絡をくれたのが彼女(会ったことないので、おそらくです)だったのです。そこで初めて、私を排除したのは、前橋であり、前橋の独断であったことがわかったのです。

前橋ゆりという人物

ころねさんも上に書いていることなので、これは暴露しても良いかと思いますが、前橋は「自分の個人的なチャットルーム」を作っておいて、それを「国民主権党のルーム」と偽って参加者を募り、その一方で前橋の機嫌をちょっとでも損ねると(もちろん前橋に対して何かを言ったわけでもないのに)、何の説明もせずにそこから排除しているのです。

ころねさんが書いているように、「これからも私が嫌だと思ったら退出させます」なんだそうです。しかし、前橋からの私に対するチャットルームへの誘いは以下の文面なのですよ。これは昨年9/29のことですね。

どこに彼女の「個人的なルーム」などと書いてあるんでしょう?これを見れば、「主権党としての」ルームと考えるのが当然です。もちろん、党としてのルームだろうが、個人的なルームだろうが、何の説明もなくいきなり排除するなどとは常識を欠いていることはもちろんです。こちらとしては、何が気に入らないのか、誰に排除されたのかもわからないのです。

前橋は、最近のサットンとのトラブルにおける弁解動画では、殊勝な態度で「説明をつくし」ているかのようなフリをしていますが、彼女の本質は全くそうではありません。皆さん騙されないようにしてくださいね。ここを読むような人はもうわかってるとは思いますけどね。

もちろん、こんなことは、私や「あの方」や、ころねさんだけではなく、主権党のボランティアとして、かつて彼女のまわりにいた人達からも聞いていることです。否定しようの無い事実なんです。

また、佐々木みちこが主権党をやめたとき、「前橋に嫌がらせされた」と平塚に訴えていたことがありました。その当時私は完全に「佐々木の妄想だろう」と思っていたのですが、今思えば完全に本当のことだったでしょうね。姑息な前橋ならやりかねません。

前橋・サットンのトラブル

さて、今回の連続離党劇の発端となったのは、前橋とサットン(既に離党)の間のトラブルです。もちろん、サットンという人物も私から見れば問題だらけのエゴの塊なんですが、それは置いときましょう。

結局、平塚はこのトラブルを調停するどころか、前橋の味方をし、サットンが離党宣言すると、彼女をTwitter上でブロックまでしているのです(ちなみに、私も平塚にブロックされています)。

サットンは、完全な平塚脳、平塚信者であり、過去には多額の寄付をしているとも聞いています。そんな彼女まで簡単に切ってしまうのが平塚という人物なのです。そりゃ、皆さん連続離党するのもわかりますね、傍から見ていても。

まだ国民主権党に残っている皆さんへ

これでもまだわかりませんか?

以前に主権党のボランティアをしていた者、主権党のデモの出演者だった者が、主権党を出ていき、二度と戻って来ないのは、「引き抜かれた」わけではなく、同じようなことがあったからです。私自身もそうです。

この体質は、平塚と前橋がいる限り変わらないでしょう。つまり、いつまで経っても変わらないということです。なおかつ、同じことを何度繰り返しても変わらないのです。

平塚と主権党については、まだ書きたいことが山程あるのですが、稿を改めましょう。