十分なビタミンDを摂ってますか?

ビタミンDと医療費に関する話題です。

NaturalNews記事

Are you getting enough vitamin D? Low levels linked to compromised immune function

生まれたその時から、育児相談では、米国人は信じ込むように訓練される、ワクチンこそが免疫であると。推奨されるすべてのワクチンを適切な時期に受けないと、子供とコミュニティを危険にさらすことなる。そう言われてきた。

健康的な免疫機能は、より簡単だと言ったら?医師への終わりの無い服従も毒性化学物質実験も必要無いと言ったら?もし、恐れるように教えられてきた病気が、ホリスティックに避けられ、対処できるとしたら?血流をめぐる適切なビタミンDレベルで始められると言ったら?

低レベルビタミンDは病気を促進する

子供や年寄り、妊娠女性を感染性の病気から守りたい場合、我々の聞くべき質問の一つはこうだ。我々の血流中に十分なビタミンDがあるか?

研究が示すには、低ビタミンDは免疫機能の弱体化をもたらす。ビタミンD欠乏の者は、いかなる感染のあいだにもT細胞応答が弱体化する。子供やコミュニテイを守ることがそんなに重要であれば、なぜ要求されるワクチンほどには、個人や集団のビタミンDレベルが重要視されないのか?

高いビタミンDレベルを持つ場合、より速く感染から治癒する。そして、感染を避けられる傾向があるのだ。ビタミンD、母乳、ビタミンC、コロイド銀、プロバイオティクス、亜鉛、アップルサイダービネガー、Elderberry(ニワトコの実)シロップ、適応促進薬(?)、生蜂蜜、オレガノ、他多くの薬草は素晴らしいツールである、人間の免疫を強め、感染を避け打ち勝つための。

ビタミンDはT細胞とマクロファージの反応を強めるだけではなく、心臓と骨の健康もサポートし、ガンからも守ってくれる。そしてまた、メンタルヘルスにも効果がある。気分を高め、認知機能を高めるのだ。低レベルビタミンDはまた、DNAレベルでの慢性的炎症にもつながりがある。DNA内のレセプタに影響するのだ。長期間での痛みの対処やメンタルヘルスにはビタミンDを考慮すべきである。

今日ビタミンDをとりましたか?

ベストな免疫維持に含まれるべきものは、高ビタミンDレベルである。人間の免疫システムは日光曝露によって活性化するため、サンブロック化学物質は健康への逆効果である。サンブロック化学物質はホルモンに関する健康に干渉するだけではなく、肌で処理されるビタミンDの量を制限する。したがって、サンブロック化学物質は病気を促進するのだ。ビタミンDの生成が難しくなるのは、緯度30度以上に住む者、インドアの仕事、あるいは、長い冬を耐えねばならない者である。こういったケースではビタミンDサプリが必要になってくる。

ほとんどの人は、一週間を通じて20分の日光浴で良い。もし毎日、日光を浴びることができないのであれば、クリーンなビタミンDサプリを選択しよう。

現在のビタミンDレベルに応じてだが、健康を維持するにはおそらく一日に1000から5000 IUが必要にあるだろう。慢性的に欠乏している者であれば、一日に10,000 IUが必要になるかもしれない。適切なビタミンD合成のためには、オメガ3の豊富な食べ物を選択しよう。あなたが確実に守られているかを知るには、血液中ビタミンD量テストを受けるとよい。

ワクチン科学は血清中の免疫反応を引き出すが(主にはアルミ補助剤が反応を集めるのだ)、これは各人の免疫システムが抗原に効果的に反応したり、一生の免疫力を達成することを保証しない。すべての病原菌に対する、より強い免疫力のためには、ビタミンDレベルの上昇を心がけること、T細胞の反応を効果的にし、微生物叢が適切な栄養同化を得ることだ。そうすれば、ナチュラルで一生の免疫を持つことになる、日々遭遇する未知の病原体に対してだ。

あなたの免疫システムをDNAレベルで活性化する方法を知っていれば、病気を恐れる必要はない。毒性のワクチンを受ける必要は無いの、もし自身の免疫防御を活用し、関与するのであれば。より勉強したい向きはVitaminD.Newsに来てほしい。

マイク・アダムスの言

ビタミンDについてはマイクも何度も何度も口を酸っぱくして言い続けています。私が最初に聞いたのは、トランプ就任直後の以下のビデオですかね。

 

日本と同様、というよりも日本よりはるかに医療費がかかっている米国では、GDPの二割が医療費に使われていると言いますね。GDPの二割ですよ、悪名高い防衛産業より儲かるわけです。医療業界は笑いが止まりません。

大統領への提案、医療費を下げるための提案として彼が言うのは、二つだけ、この二つだけで次の4年でガン罹患率を2/3にすると言います。それは「ビタミンDを配る」と「亜硝酸ナトリウムの禁止」です。

後者の危険性と、どこに入ってるかは調べて見てほしいのですが、前者については、一人一日1セント~5セントだと。

ビタミンDが米国人にとってなぜそんなに重要かと言えば、黒人の存在なんですね。黒人がインドアで働くと、肌によるビタミンD生成が低下するため、黒人はより悪性のガンにかかる傾向があるんだそうです。そしてこうです。

こんにちの黒人の子供は、ビタミンD不足からの、くる病を持つのです。
これは、一日1セントで避けることができます。
これが第一です、私は科学的研究を引用することもできますよ。
ビタミンDだけで、ガンの4/5は回避が可能であることの。
結腸がん、乳がん、前立腺がん、
ビタミンDサプリメントは、一日一人あたり5セントです。
それが、二型糖尿病のヘルスケアを避け、
心臓疾患を避け、
強い骨を作りますから、高齢者の骨折を避け、
免疫システムも強化するのです。
ビタミンDは免疫機能を活性化するんです。ですから、インフルエンザの防御にも有効です。
他の感染症にも。結核もそうですね。
結核への答えは、基本的にビタミンDなんです。
医者は誰も言わないんですよ。なぜかって?
彼らはビタミンDを処方できないんです。
もし、米国の誰もがビタミンDを摂取したとすると、
毎年数千億ドルの売上が、特に医療システムやがん産業から失われるでしょう。
ですから、もし私が米国人の行うべきことを一つあげるとしたら、ビタミンDです、米国を再び健康的にするための(Make America Healthy Again)。
ビタミンDです。
数千の会社がビタミンDを作っています。
非常に安く、安全で、溶解性があります。
安全性のマージンは非常に大きいです。摂取しすぎというのはあまりありません。

ビタミンDについては、マイクは何度も何度も口を酸っぱくして言ってますね。

https://jimakudaio.com/#sorting;lang=ja;cls=29

新聞・テレビは製薬企業の犬です

新聞・テレビでは良く健康情報等もやってますが、こういった基本的なことは一切やりません。「健康になりますよ」と言って、別のものに気を散らさせるものにすぎないんです。

その一方でワクチンを打て打てとキャンペーンをやってますね。米国と同じで、連中が製薬企業の犬だからです。日本国民にもっと病気になってもらい、もっと医療費をつぎ込み、製薬企業様に喜んでいただくというのが彼らの使命なのです。NHKでさえそうなんですから、何をか言わんやですね。

その一方で、医療費が増大して年寄りにまわす金が無いだとか、巨額の特別会計の闇には触れずに消費税推進してみたりし、国民奴隷からより巻き上げるお手伝いをするのが新聞・テレビという洗脳装置の役割です。

いや私もそんなまさかとは思ってたんですが、詳細に見ていくと、どうもそのようにしか思えませんよ。

例えば、風疹ビジネス花盛りで書いたようなこととか。トランプ一般教書演説のウソ報道で書いたようなことですね。連中の騙しの手口は非常に巧妙です。あるいは、大麻合法 カナダの試みですかね。いくらでもあります。

メディア関係者からの反論お待ちしておりますね。